menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ヨアナ バラシー

YOANA BARASCHIヨアナ バラシー

ブランドのはじまり

ルーマニアのブカレスト出身で、アメリカに拠点を置くデザイナー、ヨアナ・バラシ― (Yoana Baraschi) が、2002年にコレクションをスタート。

ヨアナ バラシーについて

ヨアナ バラシー(YOANA BARASCHI)は、アメリカのウィメンズファッションブランド。

デザイナーのヨアナ・バラシ―(YOANA BARASCHI)は2002年に自身初のコレクションを自身のアパートで発表。現在はニューヨーク、ロスアンゼルス、アトランタでコレクションを発表し、世界的に展開。ハリウッドスター、シエナ・ミラー、テイラー・スウィフト、ハル・ベリーなどに愛用されている。 

教育者の母と彫刻家の父を持つ彼女は、幼少期から両親の影響を受け、芸術的感性を養う。ヨアナのファッションアイコンであった彼女の母の「スタイリッシュとエレガントこそが女性にとっての最高の表現」という考えは、ヨアナに多大な影響を与えた。その後、ヨアナは、ブカレストで彫刻学の学士号を取得。

1970年代後半の両親の死後、ルーマニアを去り、パリへ移動。そこで初めて、刺繍デザイナーとしてデザインの仕事をすることになる。また、パリで生活していた4年の間は、ミュグレーなどのファッションブランドでも働いていた。

1980年代、ヨアナはニューヨークへ。テキスタイルデザイナーとして様々なスタジオで働き、かつWWDでイラストレーターとしての仕事を始めた。その後、彼女はマリオ・ヴァレンティーノ(Mario Valentino)で、シューズデザイナーとしての仕事に注力。このころ、イタリアを広く旅行でまわることになったヨアナは、イタリアの伝統的な職人の技に出会い、大きく影響を受けることになる。

手織り機によるテキスタイルや、ビンテージの刺繍への情熱は、彼女を何度もインドへ向かわせた。自然と、インドは第2の故郷というべき存在になる。彼女の伝統的な職人技術に対する愛や、強い色への感覚などは、ここで形成された。

1999年、ヨアナのデザイナーとしてのキャリアに転機が訪れ、ベッツィ ジョンソン(BETSEY JOHNSON)でクリエイティブ・ディレクターとして働き始めた。ここではビジネス的な成功を収めることとなる。

2002年、ヨアナは自身のアパートでコレクションを発表。始めのオーダーは高級百貨店チェーンの「サックス・フィフス・アベニュー(Saks Fifth Avenue)」からもらい、インターメッツォ トレードショウに参加。

今では、ニューヨーク、ロサンゼルス、ダラス、アトランタなどでコレクションを展開し、600以上の取り扱いがある。

続きを表示

公式サイト

http://yoanabaraschi.com

Shop - ヨアナ バラシーの取り扱いショップ・店舗

Shop Search - ヨアナ バラシーの取り扱いショップ・店舗

ヨアナ バラシー取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

本屋が運営するホテル「ランプライトブックスホテル名古屋」24時間灯りの消えない本屋とカフェ併設
2月20日(火)オープン
本屋が運営するホテル「ランプライトブックスホテル名古屋」24時間灯りの消えない本屋とカフェ併設
菅田将暉が初のライブツアー、東京・名古屋・大阪のクラブクアトロで開催
2月20日(火)開催
菅田将暉が初のライブツアー、東京・名古屋・大阪のクラブクアトロで開催
ナイジェル・ケーボン×タイメックス「Camper」ベースで”ベトナム戦争”に着想を得たウォッチ
2月下旬発売
ナイジェル・ケーボン×タイメックス「Camper」ベースで”ベトナム戦争”に着想を得たウォッチ
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る