DIRK BIKKEMBERGS

ダーク ビッケンバーグ

ブランドのはじまり

1996年より自身の名を冠したブランド「ダーク ショーンベルガー」を設立。

ダーク ビッケンバーグについて

ダーク ビッケンバーグ(Dirk Bikkembergs)。1962年、ドイツのケルン生まれ。両親はドイツ人とベルギー人で軍隊に勤める。81年、アントワープ王立美術アカデミー卒業。卒業コレクションで当時史上最高の成績(97点)を出す。「アントワープの6」の1人。82年よりフリーのデザイナーとして活躍。数々のベルギー系ファッション企業で働く。

84年より、ジャンポール・ゴルチエに師事。85年にもっとも有望な新人としてゴールドスピンドル賞を受賞。 1年後にメンズのシューズコレクション「DB」で会社を設立。86年、ロンドンで靴のコレクションを発表。ここでファッション業界での地位を確立する。

87年にニット中心のメンズラインを発表。88年には「アントワープ6」の中で最も早くフルラインでパリ・メンズコレクション「ダーク ビッケンバーグ メン」をパリで発表し、高い評価を受ける。93年にはパリ・レディースコレクション「ダーク ビッケンバーグ ウィメン」を発表。

98年、カジュアルライン「ビッケンバーグ」を発表。 1998A/Wよりメンズの発表の場をミラノに移す。2000年には「レッド・レーベル・ビッケンバーグ・ジーンズコレクション」などいくつものブランドを展開する。また2000年にはモエ・エ・シャンドン社から「世紀のエスプリ賞」を受賞した。

2009年、ミラノにダーク ビッケンバーグの旗艦店をオープン。

現在はメンズをミラノ、レディースをパリで発表。

2011年末にパオラ・トスカーノ(Paola Toscano)をクリエイティブディレクターに迎えて、休止していたウィメンズコレクションを2012-13A/Wシーズンより復活させた。トスカーノは1967年生まれ。イタリアのインスティテュート・マランゴーニを卒業後、ファッション業界に入り、1990年代半ばのロンドンで自身のブランド「Yu London」を設立した。このブランドでは、ダンスやシアターの世界からインスパイアされたウェアをデザインしていた。イタリアに戻った後、アンナ モリナーリのメインラインを手がけ、その後プラダでレザーやファー、ライフスタイルグッズのデザインに携わった。2005年、マシュー ウィリアムソンがクリエイティブディレクターを務めていた時代のエミリオ・プッチのヘッドデザイナーとして活躍した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.bikkembergs.com/

ブランド・デザイナー紹介