Vera Wang

ヴェラ ウォン

ヴェラ ウォンについて

ヴェラ ウォン(Vera Wang)、ニューヨーク生まれ。ニューヨーク郊外のサラ・ローレンス・カレッジ、パリのソルボンヌ大学を経て、23歳で米VOGUE誌史上最年少のファッションエディター兼スタイリストに就任。ヴォーグでは約16年間キャリアを積んだ。

ヴォーグの後、ラルフ ローレンのアクセサリー部門のデザインディレクターを担当。

1990年、結婚したことを機に、自身のブライダルサロンを、ニューヨーク、カーライフホテル内にオープンさせる。このときの経験など、さまざまな観点から、ブライダル関連のイベントに関する助言的な、逸話などをまとめた本「Vera Wang on Weddings 」(2001)を発表した。

ブライダル関連の本を発表するように、ウエディングドレスが有名なブランドで、2004年にブリトニー・スピアーズとKevin Federlineyとの結婚で、ヴェラ ウォンのウェディングドレスを着用したことが大きく話題になった。

ニューヨークにて、コレクションの発表も行っている。一般のコレクションは実用性とエレガンスを兼ね備えたイメージ。

2005年、CFDA(米ファッション協議会)よりファッションデザイナーズ・オブ・アメリカを受賞。

2006年4月、女優のキーラ・ナイトレイがアカデミー賞で着用したヴェラ ウォンのドレスをオークションにかけ、東アフリカの救援活動に寄付して話題となる。

2007年、より多くの女性達にむけて、アメリカの有名百貨店「コールズ社(Kohl's)」とタッグを組み、「シンプリー・ヴェラ・ヴェラ・ウォン(Simply Vera Vera Wang)」ラインを発表(アメリカ国内のみ販売)。これをきっかけに、一人のデザイナーとしてだけではなく、スタイルオーソリティーへと認知されるようになった。

2011年春、米のブライダル大手「デイヴィッズ ブライダル(Davi's Bridal)」とコラボし「ホワイト・バイ・ヴェラ・ウォン(WHITE by Vera Wang)」を発表。待望のウエディングドレスのコレクションが誕生した。同年冬には「ゼールコーポレーション(Zale Corporation)」と提携して「ヴェラ・ウォン・ラブ(Vera Wang LOVE)」を発表。これはダイヤモンド中心のジュエリーコレクションで、エンゲージリングや結婚指輪、ソリテールジュエリーを展開している。

また、米小売業「メンズ・ウェアハウス(Men's Wearhouse)」からはレンタル用のタキシードコレクション「ブラック・バイ・ヴェラ・ウォン(BLACK by Vera Wang)」が限定で登場し、2012年春に展開される予定。

2012年7月、東京に日本初のブライダル旗艦店をオープン。

ウォンは現在、夫と二人の娘とともにニューヨーク在住。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.verawang.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ヴェラ ウォン取り扱い店舗

Data - ヴェラ ウォンの関連データ

用語: スタイリスト CFDA タキシード ヨーク ブランド: カーライフ ラルフ ローレン

ブランド・デザイナー紹介