EREWHON

エレホン

ブランドのはじまり

2014年、デザイナーに有働幸司を迎え設立。

エレホンについて

エレホン(EREWHON)は、日本のメンズカジュアルウェアブランド。ファクトタム(FACTOTUM)のデザイナーでもある、有働幸司が、デザインを手掛ける。

有働幸司は、熊本県出身。1971年生まれ。1989年に東京モード学園に入学。1992年、ビームス(BEAMS)に入社し、退社後はロンドンに単身留学。留学中にヨーロッパ一周を実施した。1998年に帰国した後、国内ブランドの立ち上げに参加。2004年、独立しファクトタム(FACTOTUM)を設立。現在は、モード学園デザイン学科、ビジネス学科、スタイリスト学科の特別講師を務める。

ブランド名は、イギリスの作家サミュエル・バトラー(1835〜1902年)のユートピア説「エレホン」の描く、「理想郷(エレホン)を求める男は旅へ」からインスパイア。英語で「どこでもない(Nowhere)」の造語でもある。自分らしさを知っている、かっこいい男性のための洋服を制作する。

ターゲットは30代から40代の男性。レザー、ミリタリー、トラッドを柱に、ブラック、グレー、その他シーズンカラーを取り入れたワードローブを提案する。

[ 続きを読む ]

Data - エレホンの関連データ

用語: スタイリスト ミリタリー ワードローブ モード トラッド ブランド: ビームス ファクトタム

ブランド・デザイナー紹介