THE RERACS

ザ・リラクス

ブランドのはじまり

2010年、倉橋直実がザ・リラクス(THE RERACS)をスタート。

ザ・リラクスについて

ザ・リラクス(THE RERACS)は、日本のファッションブランド。メンズ及びウィメンズウェアを展開。

デザインはベーシック。ピーコート、トレンチコート、テーラードジャケットなど、定番的なウェアに現代のエッセンスを加え、ワンシーズンにワンアイテムをスクラップ&ビルドしていくことで、現代的なウェアに焼きなおしていく。時代に合う着る人を美しくするシルエット、そのシルエットを表現する上質な素材に重きを置く。素材へのこだわりが強く、”始まりはテキスタイルから”。という。集めてきた1万以上あるスワッチ(素材見本)から、300、100、50、30と絞り込む作業を4回くらい繰り返して選んでいく。

イカリのマークを入れたピンバッチがブランドのアイコンで、水牛専門のボタンの職人が作っている。

ザ・リラクスは、決して奇抜なデザインをすることなく、クオリティと実用性に裏付けされたものづくりを続け、"MADE IN JAPAN"の新しいトラディショナルウェアを提案し、それを残し続けていっている。

ザ・リラクスの沿革・歴史

2010年、倉橋直実がザ・リラクス(THE RERACS)をスタート。
2013年、公式Webサイトにショッピングページを開設。
2014年、デヴィッド・ボウイの写真展「TIME」に合わせて、ザ・リラクスとコラボレーションした限定Tシャツを制作。写真展で展示中の作品をグラフィックプリントした。
2017年6月、”試着のみ”を行う新しいスタイルのショップ「ザ・リラクス フィッティング ハウス(THE RERACS FITTING HOUSE)」を東京・神宮前にオープン。

ザ・リラクスのデザイナープロフィール

デザイナーは、倉橋直実(Naomi Kurahashi)。1981年、静岡県生まれ。大学卒業後、セレクトショップで販売職として働く。在籍中にパターンメイキングとテキスタイルを学び、2010年3月にザ・リラクス(THE RERACS)としてのブランド活動をスタート。高校の時にラフ シモンズヴェロニク ブランキーノのアントワープ系のクリエーションに衝撃を受けたの始まりで、ブランド設立に繋がっている。

倉橋直行(Naoyuki Kurahashi)。アパレル企業で新規ブランドの立ち上げ、マーケティングを経験。コレクションブランド及びSPAブランドでマーチャンダイジングとバイヤーを経験。2011年秋冬シーズンよりザ・リラクスのディレクションを担当。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://thereracs.net/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ザ・リラクス取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介