ATSURO TAYAMA

アツロウ タヤマ

ブランドのはじまり

1982年、田山淳朗が「エム・ティーカンパニー」を設立。自身の名を冠したブランド「アツロウ タヤマ(ATSURO TAYAMA)」は91年、パリコレクションでデビュー。

アツロウ タヤマについて

アツロウ タヤマ(アツロウ タヤマ)は日本のファッションブランド。

田山淳朗(Atsuro Tayama)は1955年、熊本県に生まれる。75年、文化服装学院を卒業。この年、第44回ハイファッション・ピエール カルダン賞を受賞。75年、ヨウジヤマモト率いるワイズ(Y's)に入社し、78年から82年まで、フランスでyohji Europe s.a.r.lを設立しディレクターを務める。

82年、「ワイズ」を退社後、「エム・ティーカンパニー」を設立し、自らの名前を冠したレディースブランドのコレクションライン「A.T.」を発表。「A.T.」という名称は当時流行った映画「E.T.」に絡めてたものと言われている。

コレクションは、一貫して着心地のよさを追求していた。素材の扱いもうまく、毛布をフロックに加工、レーヨンをシルクのように見せる等、さまざまな工夫を施す。美と破壊の融合のなかでエレガンスを表現していところが特徴。

86年、第10回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。 89年、「A.T. FRANCE S.a.」を設立。90年から95年までキャシャレルのレディースのチーフデザイナーを務める。 このときキャシャレルは田山淳朗のマーケティング能力で脅威的に売り上げを伸ばした。

91年、アツロウ タヤマでパリ コレクションに参加。国内では、90年代前半より2005年まで、ワールド傘下にあるブランド「オゾック」「インディヴィ」「ボイコット」「ボイスメール」「クード シャンス」のクリエイティブディレクターを務める。

1997年には第40回日本ファッション・エディターズ・クラブ賞のデザイナー賞を受賞した。

2001年、バッグ専門ブランドの「トランス オン トランス(TRANS on TRANS)」のクリエイティブ・ディレクター、「ファイブ(FIVE)」のデザインを手がけた。

2006年より09年までアクアスキュータムのセカンドライン「UK Label」のディレクターを担当。

2009年、そごう・西武より「エディション by アツロウ タヤマ(LIMITED EDITION by ATSURO TAYAMA)」を発表。2010年より、イトーヨーカドー「ギャローリア(GALLORIA)」のディレクションを担当。

30年にわたって一線で活躍。活動範囲も自身のプレタポルテコレクション、「キャシャレル」のようなブランドからボイコット(BOYCOTT)のような一般のブランドまで幅広い。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

アツロウ タヤマ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介