menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ホイットニー・ヒューストン』“伝説の歌姫”の半生を名曲と共に描く

映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が、2022年12月23日(金)より公開される。

“伝説の歌姫”ホイットニー・ヒューストンの半生を描く

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真1

ホイットニー・ヒューストンとは、ビートルズの記録を破り、シングル「Saving All My Love For You」以降7曲連続で全米シングル・チャート1位を獲得するなど、数々の伝説を残してきた歌姫。観客を圧倒する歌声は“THE VOICE”とも称されており、アルバムやシングルなどこれまでのトータル・セールスは2億枚超え。また、グラミー賞6冠など400を超える受賞歴はギネス世界記録に認定されており、音楽史にその名を刻んでいる。

映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』は、そんな伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストンの半生を描く音楽映画。ジャンルや人種を超えた“グレイテストソング”誕生の瞬間や、「歌いたい曲を、自分らしく歌う」という信念を貫いた音楽人生を、臨場感たっぷりに映し出す。

「I Will Always Love You」などヒット曲と共に

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真4

ホイットニー・ヒューストンのヒット曲が楽しめるのも、『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』の魅力。彼女が初主演した映画『ボディガード』の主題歌で、全⽶シングル・チャート 14週連続No.1を記録し、自身最大のヒット曲となった「I Will Always Love You」などを聴くこと可能だ。

『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家が映像化

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真5

伝説の歌姫の半生を映像化するプロジェクトは、強力タッグにより実現。『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家アンソニー・マクカーテンと、『ハリエット』のケイシー・レモンズ監督が、ホイットニー・ヒューストンの栄光に隠された苦悩までをも繊細に描ききる。

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真2

【詳細】
映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』
公開日:2022年12月23日(金)より TOHO シネマズ 日比谷ほか全国の映画館にて公開
原題:I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
監督:ケイシー・レモンズ
脚本:アンソニー・マクカーテン
出演:ナオミ・アッキー、スタンリー・トゥッチ、アシュトン・サンダース

Photos(6枚)

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真1 『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真2 『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真3 『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真4 『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真5 『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』場面カット|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す

関連用語