menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『紅花の守人 いのちを染める』なぜ紅花は愛されるのか?栽培から染色までを追うドキュメンタリー

長編ドキュメンタリー映画『紅花の守人 いのちを染める』が、2022年9月3日(土)より、ポレポレ東中野ほかで全国順次ロードショー。

なぜ人は“紅花”に魅了されるのか?

『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真2

『紅花の守人 いのちを染める』は、染料として使用される紅花(べにばな)を巡る、世界初の長編ドキュメンタリー映画。中近東からシルクロードを経て中国に渡り、日本へと伝わった紅花。皇室で珍重されたその色は、明治時代に入ると化学染料の台頭により、また第二次世界大戦中に国によって栽培を禁止されたことで、現代では継承の危機に瀕している。

それでも、山形の地で栽培が続けられている紅花。手間暇をかけて栽培した紅花からは、ごくわずかな紅色しかとれないにもかかわらず、この植物は、なぜ未だに愛されているのだろうか。そして、なぜ人は“紅”という色の虜になるのだろうか。

栽培から染色まで“紅花の守人”を追う

『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真5

映画『紅花の守人 いのちを染める』では、紅花を守り継ぐ人々の姿を、4年の歳月をかけて記録。科学染料では生み出すことのできない繊細な色合いを表現するために、慈しみながら紅花を栽培し、昼夜を問わずに染めに没頭する“守人たち”を、雄大な山形の自然と共に映し出す。栽培から染色まで、“紅”が生み出されるまでの貴重な過程を追った。

今井美樹がナレーションで参加

『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真4

ナレーションには、高畑勲監督の映画『おもひでぽろぽろ』で、紅花農家へ⼿伝いにいくタエ⼦の声を担当した歌⼿・⼥優の今井美樹が参加。監督は『世界⼀と⾔われた映画館』など、山形を舞台にした映像作品を多数発表している佐藤広⼀が務める。

<映画『紅花の守人 いのちを染める』あらすじ>

『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真6

中近東からシルクロードを経て伝わった紅花は、悠久の旅の末、いまもこの⼭形の地に息づいています。⼿軽で安価な化学染料に取って代わられた紅花は、なぜ未だに愛され続けているのか。栽培から染めに⾄るまで4年の歳⽉をかけて完成した、世界初!紅花を巡る⻑編ドキュメンタリー 。

【詳細】
映画『紅花の守人 いのちを染める』
公開日:2022年9月3日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開
ナレーション:今井美樹
監督:佐藤広一
プロデューサー:髙橋卓也
唄:朝倉さや
音楽:小関佳宏
企画・製作:映画「紅花の守人」製作委員会
配給:株式会社UTNエンタテインメント

Photos(9枚)

『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真2 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真3 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真4 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真5 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真6 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真7 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真8 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真9 『紅花の守人 いのちを染める』場面カット|写真10

Photos(9枚)

キーワードから探す