menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. 特集

おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報

2022年に開催される、「ファッション」に関する展覧会を特集。東京など各地の美術館・博物館で開催される、ファッションや民族衣装、着物、ジュエリー、宝石などにまつわる展覧会を紹介する。面白い切り口からファッションを紹介する展示や、服飾から文化を考察する展示など、多彩な展覧会をピックアップ。美術館情報やスケジュールもあわせて随時更新していくので、気になる展覧会をチェックしてみて。

「ファッション」がテーマのおすすめ展覧会〈2022年〉

  1. ファッションの展覧会
  2. 民族衣装&着物の展覧会
  3. ジュエリー&宝石の展覧会

ファッションの展覧会

〈東京・白金台〉「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」東京都庭園美術館

〈東京・白金台〉「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」東京都庭園美術館
エルザ・スキャパレッリ《イヴニング・ケープ》1938年、京都服飾文化研究財団蔵、広川泰士撮影

東京・白金台の東京都庭園美術館にて開催される展覧会「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」は、現代の人びとから見た“奇想”を軸に、シュルレアリスムとモードに共通するアイディアや美意識を探っていく展覧会。16世紀のモードを示す歴史的なファッションプレートから、シュルレアリスムの文脈で生み出された特異な感覚をモードに積極的に取り込んだエルザ・スキャパレッリのデザイン、現代アートに至るまで、幅広い作品が集結する。

■2022年ファッションの展覧会
「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」
会期:2022年1月15日(土)〜2022年4月10日(日)
会場:東京都庭園美術館(東京都港区白金台5-21-9)

〈東京・新宿〉「ヨーロピアン・モード 特集:花 ~Flowers~」展 文化学園服飾博物館

〈東京・新宿〉「ヨーロピアン・モード 特集:花 ~Flowers~」展 文化学園服飾博物館
ローブ・ア・ラ・フランセーズ 1770-75年頃

東京・新宿の文化学園服飾博物館にて開催される「ヨーロピアン・モード 特集:花 ~Flowers~」展は、宮廷が流行を生み出した18世紀から、流行の担い手が大衆となった20世紀末に至るまで、約250年にわたるヨーロッパ発のモードの変遷を辿る展覧会。特集展示では、「花」模様のヨーロッパのドレスに着目。織物、刺繍、捺染など、様々な手法で表現された、18~20世紀の花模様のドレスが登場する。

■2022年ファッションの展覧会
「ヨーロピアン・モード 特集:花 ~Flowers~」展
会期:2022年3月11日(金) 〜 2022年5月18日(水)
会場:文化学園服飾博物館(東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル 1F)

〈東京・丸の内〉「ガブリエル・シャネル展 ― Manifeste de mode(仮称)」三菱一号館美術館

〈東京・丸の内〉「ガブリエル・シャネル展 ― Manifeste de mode(仮称)」三菱一号館美術館
シャネル テーラード・スーツのアンサンブル
1965年春夏 裏打ちされたツイード
ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Julien T. Hamon

東京・丸の内の三菱一号館美術館にて開催される展覧会「ガブリエル・シャネル展 ― Manifeste de mode(仮称)」は、シャネルの創設者であるガブリエル・シャネルのクリエーションやファッション哲学を紹介する回顧展。シャネルスーツやリトル・ブラック・ドレスをはじめ、香水「シャネル N°5」、コスチュームジュエリーなど、象徴的なシャネルのクリエーションが一堂に会し、ガブリエル・シャネルのスタイル、世界観を紐解いていく。

■2022年ファッションの展覧会
「ガブリエル・シャネル展 ― Manifeste de mode(仮称)」
会期:2022年6月18日(土)~9月25日(日)
会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)

〈東京〉「200点のトランク、200名のビジョナリー(仮題)」展

〈東京〉「200点のトランク、200名のビジョナリー(仮題)」展

東京で開催されるルイ・ヴィトンの展覧会「200点のトランク、200名のビジョナリー(仮題)」展では、メゾンの真髄(こころ)ともいえるトランクにフォーカス。現代アーティストのジャン ミシェル・オトニエルや、ルイ・ヴィトンとコラボレーションも行ってきたNIGO、ヒップホップグループのBTSなど、多彩なアーティストたち200名の想像力によって再解釈されたトランクがずらりと並ぶ。

■2022年ファッションの展覧会
「200点のトランク、200名のビジョナリー(仮題)」展
会期:2022年 ※詳細は未定
会場:東京 ※詳細は未定

民族衣装&着物の展覧会

〈東京・新宿〉「民族衣装 -異文化へのまなざしと探求、受容-」展 文化学園服飾博物館

〈東京・新宿〉「民族衣装 -異文化へのまなざしと探求、受容-」展 文化学園服飾博物館
背心:ぺーシン 中国 陸軍被服廠 被服協會 1942年収集

東京の文化学園服飾博物館にて開催される「民族衣装 -異文化へのまなざしと探求、受容-」展は、アジアやアフリカの民族衣装が、ヨーロッパや日本においてどのようにとらえられ受容されてきたのかを辿る展覧会。民族衣装の書物や研究、フィールドワークなどに着目し、民族衣裳を軸に異文化への興味がいかにして広がっていったのかを探求していく。また、民族衣装からの影響が見て取れるヨーロッパのドレスも登場する。

■2022年ファッションの展覧会
「民族衣装 -異文化へのまなざしと探求、受容-」展
会期:2021年11月1日(月)〜2022年2月7日(月)
会場:文化学園服飾博物館(東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル 1階)

〈東京・青山〉企画展「文様のちから―技法に託す―」根津美術館

〈東京・青山〉企画展「文様のちから―技法に託す―」根津美術館
紅浅葱段籠目草花模様唐織 日本・江戸時代 19世紀 根津美術館蔵

東京・青山の根津美術館にて開催される企画展「文様のちから―技法に託す―」は、工芸品に施される“文様”に着目。相互に関連しながら、その表現の幅を広げてきた文様と技法の関係性を紐解く。会場には、能装束や現代の着物の原型である小袖が集結。雪が降り積もる老松の刺繍を生き生きとあしらった《茶地立涌雪持松模様縫箔》など、多彩な衣装が展示される。また、衣装の他、陶磁器、漆工品、金工品といった工芸品における技法の違いを比較した展示も登場する。

■2022年ファッションの展覧会
企画展「文様のちから―技法に託す―」
会期:2022年1月8日(土)〜2022年2月13日(日)
会場:根津美術館 展示室1・2(東京都港区南青山6-5-1)

〈福岡〉企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡市美術館

〈福岡〉企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡市美術館
上衣 1920-1930年代 腰衣 19世紀後期-20世紀初期

福岡市美術館で開催される企画展「シンガポール・スタイル1850-1950 プラナカン・ファッション100年の旅 リー・コレクションとクスマ・コレクションより」では、シンガポールをはじめ東南アジアで花開いた“プラナカン・ファッション”を紹介。東南アジアに渡ってきた中華系移民の子孫を指す“プラナカン”による独自の文化の中で生まれた、ろうけつ染めの「バティック」と上着「バジュパンジャン」を羽織るスタイルに着目。100年間の間でどのようにスタイルが変遷していったのかを辿る。

■2022年ファッションの展覧会
「シンガポール・スタイル1850-1950 プラナカン・ファッション100年の旅 リー・コレクションとクスマ・コレクションより」
会期:2022年1月19日(水)~3月27日(日)
会場:福岡市美術館 1階コレクション展示室(福岡県福岡市中央区大濠公園1-6)

〈東京・上野〉沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」東京国立博物館

〈東京・上野〉沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」東京国立博物館
国宝 黄色地鳳凰蝙蝠宝尽青海波立波文様紅型綾袷衣裳(きいろじほうおうこうもりたからづくしせいがいはたつなみもんようびんがたあやあわせいしょう)
第二尚氏時代・18〜19世紀 沖縄・那覇市歴史博物館蔵[展示期間:5月17日(火)〜5月29日(日)]

東京・上野の東京国立博物館にて開催される沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」は、かつての沖縄において独立国家であった琉球王国の成立と、文化形成・継承に迫る展覧会。琉球紅型や、琉球王国の王族が身に着けた格調高い衣装など、服飾に関する史料も展示され、琉球王国ならではの美意識や、巧みな工芸の技術を目にすることができる。

■2022年ファッションの展覧会
沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」
会期:2022年5月3日(火・祝)~6月26日(日)
会場:東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)

ジュエリー&宝石の展覧会

〈東京・六本木〉エキシビジョン「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」21_21 DESIGN SIGHT

ヴェネツィア元首の指輪
ヴェネツィア元首の指輪

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて開催されるエキシビジョン「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」は、パリのアートディーラーとして知られたイヴ・ガストゥが30年以上にわたって蒐集を続けてきた指輪のコレクションから、古代から現代に至る貴重なメンズ リング270点を展示する展覧会。17世紀のヴェネツィア共和国の元首(ドーシェ)が身につけていた指輪や1970年代に作られた棺の指輪など、多彩なメンズリングをテーマごとに紹介する。

■2022年ファッションの展覧会
エキシビジョン「メンズ リング イヴ・ガストゥ コレクション」
会期:2022年1月14日(金)〜3月13日(日) 会期中無休
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウンミッドタウン・ガーデン内)

〈東京・上野〉特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」国立科学博物館

ヴュルテンベルク王室旧蔵 ピンク・トパーズとダイヤモンドのパリュール
個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート
ヴュルテンベルク王室旧蔵 ピンク・トパーズとダイヤモンドのパリュール
個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

東京・上野の国立科学博物館にて開催される特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」は、宝石を科学・文化の両側面から紹介する展覧会。ダイヤモンド、エメラルドといったおなじみの宝石から、レアストーン、真珠や琥珀など生物由来の宝石まで、原石や磨いた石を約200種類展示。宝石の生い立ちや輝きについて科学的に紹介するとともに、宝石のカット技術の歴史やブランドのジュエリーデザインといった文化的な側面についても知ることができる。

■2022年ファッションの展覧会
特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」
会期:2022年2月19日(土)〜6月19日(日)
会場:国立科学博物館 地球館地下1階 特別展示室(東京都台東区上野公園7-20)

Photos(9枚)

おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真1 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真2 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真3 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真4 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真5 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真6 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真7 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真8 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真9

Photos(9枚)

おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真1 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真2 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真3 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真4 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真5 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真6 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真7 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真8 おすすめ「ファッション」展覧会2022 - シャネルや宝石展など、東京ほか美術館の開催情報|写真9

関連ニュース

キーワードから探す