menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開

展覧会「ヴァロットン─黒と白」が、東京・丸の内の三菱一号館美術館にて、2022年10月29日(土)から2023年1月29日(日)まで開催される。

ヴァロットンの木版画を一挙公開

フェリックス・ヴァロットン《嘘(アンティミテI)》1897年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《嘘(アンティミテI)》1897年 木版、紙 三菱一号館美術館

1865年にスイスで生まれ、19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍した、フェリックス・ヴァロットン。ナビ派の画家のひとりとして知られるヴァロットンはその一方で、黒一色で刷られた木版画を手がけて高い名声を獲得した。ブラック・ユーモアに溢れる独自の視点や、白と黒のコントラストを巧みに操るそのデザイン感覚には、ヴァロットンの革新性があらわれている。

フェリックス・ヴァロットン《怠惰》1896年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《怠惰》1896年 木版、紙 三菱一号館美術館

展覧会「ヴァロットン─黒と白」では、ヴァロットンの創作活動の真骨頂といえる木版画に着目。三菱一号館美術館が世界に誇るヴァロットン版画コレクションから、「アンティミテ」や「これが戦争だ!」など、貴重な連作を含む木版画作品約180点を一挙に公開し、その魅力を紹介する。

フェリックス・ヴァロットン《ユングフラウ》1892年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《ユングフラウ》1892年 木版、紙 三菱一号館美術館

1882年、16歳の若さでパリに出たヴァロットンは、1891年に初めて木版画制作に着手、荒い線描によって敬愛する人物やスイスの山並みを描いた。複製のための版画ではない、芸術家による創作版画の機運が高まるなか、ヴァロットンは木版画復興を代表する作家のひとりとなったのだった。

フェリックス・ヴァロットン《入浴》1894年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《入浴》1894年 木版、紙 三菱一号館美術館

スイス出身のヴァロットンにとって、世紀末の華やかなパリの街は観察すべきものに満ちていた。なかでも関心を引いたのは、群衆や社会の暗部を露わにする事件であり、ヴァロットンはそれらを皮肉やユーモアを込めて描きだしている。その作風は、斬新な視点とフレーミング、モチーフの単純化、人物の大胆な表現など、木版画ならではの展開を示し、初期の線的な表現は、対象を黒い塊として捉える面的な表現へと変化していった。

フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテV)》1898年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテV)》1898年 木版、紙 三菱一号館美術館

親密な室内の情景もまた、ヴァロットンが好んで手がける題材であった。白と黒のコントラストによる木版表現は、密室の緊張感や謎めいた雰囲気をよく表すものであり、たとえば《怠惰》や連作「楽器」において、対象は単純化され、黒地にわずかな白で描かれる調度品が画面にアクセントを与えている。

フェリックス・ヴァロットン《有刺鉄線(これが戦争だ!III)》1916年 木版、紙 三菱一号館美術館
フェリックス・ヴァロットン《有刺鉄線(これが戦争だ!III)》1916年 木版、紙 三菱一号館美術館

本展では、木版画制作初期の《眠る画家の母、横顔》や《ユングフラウ》から、大胆な黒地と繊細な白のコントラストから構成された《入浴》や《怠惰》、版画制作の真骨頂を示す連作「アンティミテ」、そして第一次世界大戦後に手がけられた連作「これが戦争だ!」まで、ヴァロットンが生涯に制作した版画作品を網羅的に紹介。加えて、トゥールーズ゠ロートレック美術館の協力のもと、ヴァロットンとトゥールーズ゠ロートレックの作品を比較する展示も行う。

展覧会概要

展覧会「ヴァロットン─黒と白」
会期:2022年10月29日(土)〜2023年1月29日(日)
会場:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00〜18:00(祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(トークフリーデー(11月28日(月)、12月26日(月))、1月2日(月・振替休日)・9日(月・祝)・23日(月)は開館)、12月31日(土)、1月1日(日・祝)
観覧料:一般 1,900円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 無料
※障がい者手帳の所持者は半額、付添者1名まで無料
※各時間の入場人数に上限あり(詳細は展覧会公式サイトを参照)
※会期や開館時間などは変更となる場合あり(最新情報については美術館公式サイトなどを確認のこと)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(15枚)

展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真1 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真2 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真3 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真4 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真5 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真6 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真7 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真8 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真9 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真10 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真11 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真12 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真13 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真14 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真15

Photos(15枚)

展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真1 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真2 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真3 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真4 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真5 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真6 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真7 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真8 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真9 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真10 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真11 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真12 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真13 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真14 展覧会「ヴァロットン─黒と白」三菱一号館美術館で、“黒と白”が織りなす木版画作品約180点を公開|写真15

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語