menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”

美術家・冨井大裕の個展「線を重ねる」が、新宿のYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、2021年11月20日(土)から2022年1月15日(土)まで開催される。

タクタクのパターンを起点に彫刻作品を展開

個展「線を借りる」展示風景 会場:void+ 2018年 撮影:柳場大
©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
個展「線を借りる」展示風景 会場:void+ 2018年 撮影:柳場大
©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

冨井大裕は、主に既製品や日用品に最小限の手を加えた明解な構成手法による作品を通じて、彫刻がもつ新たな可能性を追求してきた美術家だ。今回の個展「線を重ねる」では、2018年に表参道の「ヴォイドプラス(void+)」で発表した彫刻作品をさらに展開させた新作を発表する。

線のためのポートレイト (tac:tac) #2 2018年
©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
撮影:柳場大
線のためのポートレイト (tac:tac) #2 2018年
©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
撮影:柳場大

冨井は2018年の展示において、タクタク(tac:tac)のデザイナー・島瀬敬章が引いた服のパターンを用いて、その線を縮尺も自由に彫刻作品へと移しかえた。今回はこれをさらに展開させ、タクタクの2021年秋冬コレクションのパターンから起点となる線を用いつつも、その線を完全には彫刻へと移さず、その手前に留めるかたちで作品を構成する。

線のためのポートレイト (tac:tac) #1 2018年
©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
撮影:柳場大
線のためのポートレイト (tac:tac) #1 2018年
©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
撮影:柳場大

これは、2次元的な平面上に描かれるパターン=線を引くことから立体を立ち上げてゆく衣服のデザインと、彫刻という立体が、重なり合う部分、あるいは重ならない部分を考えることである。そして、衣服と彫刻のこうした交差は、両者がともに人の身体とは切り離すことができないことも示している。本展では、衣服と彫刻、絵画、あるいは平面と立体の関係を再考することができそうだ。

展覧会概要

冨井大裕 個展「線を重ねる」
会期:2021年11月20日(土)〜2022年1月15日(土)
※2021年12月26日(日)〜2022年1月10日(月)の期間は、展覧会を開催していない
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
住所:東京都新宿区西新宿4-32-6 パークグレース新宿 #206
営業時間:12:00〜18:00
定休日:日・月曜日、祝日
※会期などは変更となる可能性あり(最新情報についてはギャラリーのウェブサイトなどを確認のこと)

Photos(6枚)

美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真1 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真2 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真3 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真4 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真5 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真6

Photos(6枚)

美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真1 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真2 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真3 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真4 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真5 美術家・冨井大裕の個展が新宿で - タクタクのパターンを起点に探る“平面と立体の関係性”|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

新版画の版画家・川瀬巴水、風景木版画の代表作とともにたどる創作の軌跡 - 東京の展覧会情報も
2021.10.2(土)~2021.12.26(日)
新版画の版画家・川瀬巴水、風景木版画の代表作とともにたどる創作の軌跡 - 東京の展覧会情報も
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
2021.12.10(金)~2022.3.13(日)
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介
2021.12.21(火)~2022.5.8(日) 開催予定
21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日) 開催予定
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
 スケジュール一覧