menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示

展覧会「佐藤雅晴 尾行─存在の不在/不在の存在」が、茨城の水戸芸術館現代美術ギャラリーにて、2021年11月13日(土)から2022年1月30日(日)まで開催される。

現実と虚構の交錯

佐藤雅晴「死神先生」シリーズより《ガイコツ》2018年 アクリル絵具、木製パネル
佐藤雅晴「死神先生」シリーズより《ガイコツ》2018年 アクリル絵具、木製パネル

佐藤雅晴は、日常風景をビデオカメラなどで撮影し、パソコン上でペンツールを使用して慎重にトレースする「ロトスコープ」の技術によって映像作品を手がけてきた。その作品には、目の前に映る事物の実在感とともに、不確かさや儚さといった非現実性をも観る者に感じさせる独特の世界が広がっている。佐藤は国内外で精力的に作品を発表して高い評価を受けてきたものの、2019年、45歳でこの世を去った。

佐藤雅晴《福島尾行》2018年 アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ ループ
佐藤雅晴《福島尾行》2018年 アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ ループ

展覧会「佐藤雅晴 尾行─存在の不在/不在の存在」は、過去最大規模となる佐藤の回顧展。1999年に渡独して初めて制作した映像作品《I touch Dream #1》から、死の直前まで描き続きた「死神先生」シリーズまで、映像作品や平面作品をあわせて62点展示し、その活動を振り返る。

現存する佐藤の全映像作品を展示

佐藤雅晴《I touch Dream #1》1999年 アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(SD、白黒、サイレント) 3分34秒
佐藤雅晴《I touch Dream #1》1999年 アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(SD、白黒、サイレント) 3分34秒

大分出身の佐藤は、1999年に渡独し、デュッセルドルフを拠点に10年あまり活動。2010年に日本に帰国して茨城県取手市に居を構えたのち、癌の発見や東日本大地震の被災など、さまざまな出来事に見舞われつつも、国内外で広く作品を発表した。

佐藤雅晴《東京尾行》2015-2016年 アニメーション、12チャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ ループ
佐藤雅晴《東京尾行》2015-2016年 アニメーション、12チャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ ループ

本展では、現存する佐藤の映像作品をすべて展示。《I touch Dream #1》から、東京五輪に向けて変わりゆく東京を題材にした代表作《東京尾行》、そして東日本大震災と原発事故後の福島の現状を記録に残すべく、晩年に手がけるも未完のまま残された《福島尾行》まで、全26作品を60以上のスクリーンとモニターで展示する。

未発表の映像作品《SM》を初公開

佐藤雅晴《SM》2015年 アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド) ループ
佐藤雅晴《SM》2015年 アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド) ループ

また、会場では、未発表であった映像作品《SM》も初公開。2015年に制作された同作では、頭部のない下着1枚の男性が、自らの首をつかんで襖に打ちつける光景を延々と繰り返される。その姿からは、《東京尾行》を制作するさなかにあった佐藤が感じていたであろう、思うようにはならない自身の身体に対するもどかしさや、制作へ焦燥感を見て取ることができる。

最晩年の「死神先生」シリーズ

佐藤雅晴「死神先生」シリーズより《夜空》2018年 アクリル絵具、木製パネル
佐藤雅晴「死神先生」シリーズより《夜空》2018年 アクリル絵具、木製パネル

佐藤は2018年9月に余命宣告を受けたのち、病状の進行に伴う視力の低下などによって映像を手がけることが難しくなったものの、アクリル絵具による平面作品を精力的に制作し続けた。そして、老朽化による取り壊しが予定されていた自宅で静かに過ごすなか、身近にある親しみのある光景の一瞬を切り取り、パネル上に原寸大の絵としてトレースしたのが、「死神先生」シリーズであった。本展では、佐藤が最後に過ごした自宅を再現するかのような展示室内で、「死神先生」を展示する。

展覧会概要

展覧会「佐藤雅晴 尾行─存在の不在/不在の存在」
会期:2021年11月13日(土)〜2022年1月30日(日)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、1月11日(火)、年末年始(2021年12月27日(月)〜2022年1月3日(月))
入場料:一般 900円、団体(20名以上) 700円
※高校生以下/70歳以上、障害者手帳などの所持者と付添者1名は無料(学生証、年齢のわかる身分証明書が必要)
※学生とシニアための特別割引デー「First Friday」:学生証の所持者と65〜69歳は、毎月第一金曜日(12月3日、1月7日)に100円で観覧可

■終了した会場
・大分県立美術館
会期:2021年5月15日(土)~6月27日(日)
住所:大分県大分市寿町2-1

【問い合わせ先】
水戸芸術館(代表)
TEL:029-227-8111

Photos(12枚)

佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真1 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真2 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真3 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真4 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真5 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真6 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真7 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真8 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真9 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真10 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真11 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真12

Photos(12枚)

佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真1 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真2 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真3 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真4 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真5 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真6 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真7 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真8 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真9 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真10 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真11 佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示|写真12

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
2021.12.1(水)~2021.12.25(土)
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
2021.12.25(土)~2022.3.21(月) 開催予定
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」すみだ北斎美術館で、歴史的名場面を描いた浮世絵など
2021.12.21(火)~2022.2.27(日) 開催予定
企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」すみだ北斎美術館で、歴史的名場面を描いた浮世絵など

スケジュール

東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
2021.12.1(水)~2021.12.6(月)
東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
2021.12.1(水)~2021.12.25(土)
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
 スケジュール一覧