menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も

企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」が、東京の印刷博物館にて、2021年4月17日(土)から7月18日(日)まで開催される。

古典文学と印刷文化の関わりを探る

盛安本源氏物語 夕顔断簡 フランス個人蔵
盛安本源氏物語 夕顔断簡 フランス個人蔵

日本では、江戸期に本格化した印刷出版が、古典の伝統を継承する重要な役割を果たした。平安盛期に紫式部が書き残した『源氏物語』はその一例だ。原本が失われたのちも学者によって校訂校閲が繰り返され、中世のあいだ、数系統の手書き写本が書き残された。そして、絵巻や能などへと展開を見せつつ、江戸期の出版文化により、武家から町人まで幅広い人びとが『源氏物語』を楽しむようになったのだ。

赤本『したきれ雀』実践女子大学図書館蔵
赤本『したきれ雀』実践女子大学図書館蔵

企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」では、古代ギリシア・ローマの古典をいきいきと蘇らせたヨーロッパのルネサンスに喩えて、江戸期から明治初期にかけての印刷文化を「和書ルネサンス」として紹介。3つの部から、古典文学と印刷出版の関係性を探る。

江戸初期に出版された古典作品

重要文化財 盛安本源氏物語絵巻 末摘花上巻 大本山石山寺蔵
重要文化財 盛安本源氏物語絵巻 末摘花上巻 大本山石山寺蔵

第1部では、江戸初期に出版された『源氏物語』や『徒然草』などの古典作品を紹介。印刷本が浸透しつつあったこの時期、絵巻のような手写本がなおも作られていたのだ。

本展では、国内外に散逸して“幻の源氏物語絵巻”と呼ばれる「盛安本」のうち、2019年にフランスで発見された「夕顔」断簡を、大本山石山寺が所蔵する「末摘花」上巻とあわせて展示。また、作者である紫式部の最古の肖像画《紫式部聖像》も東京初公開となる。

江戸庶民の文学

『江戸名所図会』
『江戸名所図会』

木版術が進歩するにつれて、江戸文学は浮世草子、浄瑠璃本、句集、洒落本、滑稽本、読本、黄表紙など、多彩に展開した。第2部では、江戸の庶民のバラエティに富んだ文学に焦点を合わせ、文学をめぐるさまざまな印刷物を展示する。

現代へと続く「読書」の形成

『魯敏孫漂流紀略』
『魯敏孫漂流紀略』

近代化が推し進められた明治期には、海外文化の流入や言文一致の文体誕生などを背景に、物語の中身も影響を受けて変化した。第3部では、『魯敏孫漂流紀略』といった翻訳本、辞書や教科書、『ホトトギス』など新しい小説の発表の場となった雑誌を通じて、現代につながる読書の基盤が形成される過程を追う。

展覧会概要

企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」
会期:2021年4月17日(土)〜7月18日(日)
会場:印刷博物館
住所:東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川本社ビル B1F
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)は開館)、5月6日(木)
入場料:一般 800円、学生 500円、高校生 300円
※中学生以下、70歳以上、身体障がい者手帳などの所持者と付添者は無料
※20名以上の団体は各50円引き
※5月5日(水・祝)こどもの日は無料
※内容は変更となる場合あり

■オンラインによる事前予約(日時指定券)制
・博物館ホームページより事前予約
・当日入場も可能(予約が定員に達していない場合のみ、先着順)
・電話での予約は不可

【問い合わせ先】
印刷博物館
TEL:03-5840-2300 (代表)

Photos(5枚)

印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像1 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像2 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像3 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像4 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像5

Photos(5枚)

印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像1 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像2 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像3 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像4 印刷博物館で「和書ルネサンス」展 - 江戸〜明治初期の“古典と印刷”の関係性、“幻の源氏物語絵巻”も 画像5

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
近代洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
近代洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
岐阜・飛騨高山/奥飛騨の人気・おすすめ観光地、歴史&自然を楽しむ旅行プランに
岐阜・飛騨高山/奥飛騨の人気・おすすめ観光地、歴史&自然を楽しむ旅行プランに

スケジュール

フランシス・ベーコン展が渋谷区立松濤美術館で - ドローイングなど約130点から迫る“制作の秘密”
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
フランシス・ベーコン展が渋谷区立松濤美術館で - ドローイングなど約130点から迫る“制作の秘密”
洋画家・南薫造の回顧展が東京・広島・福岡で - “日本の印象派”油彩画などから迫る全貌
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
洋画家・南薫造の回顧展が東京・広島・福岡で - “日本の印象派”油彩画などから迫る全貌
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点
展覧会「しりあがりサン北斎サン 」すみだ北斎美術館で - 北斎のパロディ作品を浮世絵などと紹介
2021.4.20(火)~2021.6.27(日)
展覧会「しりあがりサン北斎サン 」すみだ北斎美術館で - 北斎のパロディ作品を浮世絵などと紹介
20世紀パリ“麗しき版画本”の展覧会、目黒区美術館で - シャガールやデュフィなど約500点を展示
2021.4.21(水)~2021.6.6(日)
20世紀パリ“麗しき版画本”の展覧会、目黒区美術館で - シャガールやデュフィなど約500点を展示
 スケジュール一覧