menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. トピック

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート

青森の十和田市現代美術館では、開館以来初となる常設作品の入れ替えを実施。2021年4月1日(木)には塩田千春の新作が、そして12月にはレアンドロ・エルリッヒの作品が公開される予定だ。

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒの作品を常設展示

塩田千春《Uncertain Journey》2017
Installation: wooden boats, red wool
Mu.ZEE, Oostende, Belgium, Photo by Nele Thorrez
©JASPAR, Tokyo, 2021 and Chiharu Shiota
group show: The Raft-Art is (not) Lonely
[参考作品]
塩田千春《Uncertain Journey》2017
Installation: wooden boats, red wool
Mu.ZEE, Oostende, Belgium, Photo by Nele Thorrez
©JASPAR, Tokyo, 2021 and Chiharu Shiota
group show: The Raft-Art is (not) Lonely
[参考作品]

十和田市のまちを美術館にするプロジェクト「アーツ・トワダ(Arts Towada)」の10周年を機に、十和田市現代美術館は、常設作品の入れ替え、展示室の増築、寄託作品の展示を実施する。

塩田千春、“十和田湖”に着想を得た新作を公開

塩田千春「新作のためのスケッチ」
塩田千春「新作のためのスケッチ」

常設作品では、糸を紡いだ大規模なインスタレーションを中心に手がける塩田千春の新作を公開。これまで国内外で発表されてきた船と糸を使用したシリーズであり、国内の公立美術館では初の常設作品となる。“十和田湖”に着想を得たこの作品には、十和田湖で実際に使用されていた船も使用されるなど、この地にゆかりの深いものとなっている。

レアンドロ・エルリッヒ《建物─ブエノスアイレス》世界初の常設展示に

レアンドロ・エルリッヒ《Shikumen》
2013, Shanghai International Art Festival, Shanghai, China
© Leandro Erlich Studio
[参考作品]
レアンドロ・エルリッヒ《Shikumen》
2013, Shanghai International Art Festival, Shanghai, China
© Leandro Erlich Studio
[参考作品]

また、新しい展示室では、体験型の大規模なインスタレーションで知られるレアンドロ・エルリッヒの作品《建物─ブエノスアイレス》を、 世界初の常設作品として展示。故郷アルゼンチンのブエノス・アイレスで見られるファサードをもとに、鏡を介して重力に逆らうように自由なポーズを取ることができる作品を展開する。

名和晃平の代表作「PixCell」も

名和晃平《PixCell-Deer#52》
2018, mixed media
h.2173 w.1896 d.1500 mm
photo : Nobutada OMOTE | Sandwich
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE
名和晃平《PixCell-Deer#52》
2018, mixed media
h.2173 w.1896 d.1500 mm
photo : Nobutada OMOTE | Sandwich
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

さらに、名和晃平の代表作「PixCell」シリーズの《Pix-Cell-Deer♯52》も、寄託を受けて期間限定で公開。「PixCell」は、動物の剥製などを透明の球体で覆うことで制作されており、情報社会ではパソコンなどの画面の“セル”を介してものを見ているのだという現状が、彫刻として表現されている。

詳細

十和田市現代美術館 常設作品入れ替え・展示室増築・寄託作品展示
場所:十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
開館時間:9:00〜17:00(最終入館 16:30)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始、そのほか臨時休館
観覧料:大人 1,200円、高校生以下 無料
※企画展のない時期は、大人520円
※最新情報は美術館ウェブサイトにて確認

■常設作品
・塩田千春 新作(作品名未定)
一般公開日:2021年4月1日(木)
・レアンドロ・エルリッヒ《建物─ブエノスアイレス》
一般公開日:2021年12月〈予定〉
■寄託作品
・名和晃平《PixCell-Deer#52》
展示期間:2021年4月1日(木)〜2023年9月〈予定〉

※作品入れ替えに伴い、キム・チャンギョム《メモリー・イン・ザ・ミラー》は展示室から撤去、再展示までのあいだ収蔵

【問い合わせ先】
十和田市現代美術館
TEL:0176-20-1127

Photos(9枚)

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像1 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像2 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像3 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像4 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像5 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像6 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像7 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像8 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像9

Photos(9枚)

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像1 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像2 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像3 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像4 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像5 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像6 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像7 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像8 塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館でスタート 画像9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報

スケジュール

写真家・澤田知子の大規模個展、東京都写真美術館で - “内面と外見の関係”を問うポートレイト作品
2021.3.2(火)~2021.5.9(日)
写真家・澤田知子の大規模個展、東京都写真美術館で - “内面と外見の関係”を問うポートレイト作品
「最果タヒ展」現代詩人の“詩の展示”名古屋&大阪・心斎橋で、歩き回って詩の世界を体感
2021.3.5(金)~2021.3.21(日)
「最果タヒ展」現代詩人の“詩の展示”名古屋&大阪・心斎橋で、歩き回って詩の世界を体感
「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う
2021.3.6(土)~2021.5.9(日)
「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う
荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
2021.3.8(月)~2021.3.21(日)
荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
2021.3.9(火)~2021.6.13(日)
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
 スケジュール一覧