menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点

生誕160年記念「グランマ・モーゼス展─素敵な100年人生」が、静岡市美術館にて、2021年11月7日(日)まで開催される。その後、世田谷美術館、東広島市立美術館に巡回する。

自然や暮らしへの温かなまなざし

アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス 《美しき世界》 1948年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス 《美しき世界》 1948年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
© 2021, Grandma Moses Properties Co., NY

“モーゼスおばあさん(グランマ・モーゼス)”の愛称で親しまれるアメリカの国民的画家、アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス。無名の農婦から、70代で本格的に絵を描き始めたグランマ・モーゼスは、自然や農村の暮らしを素朴な作風で描き、大恐慌や第二次世界大戦で疲弊していた当時のアメリカ人から高い人気を集めた。

アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《キルティング・ビー》1950年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《キルティング・ビー》1950年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
© 2021, Grandma Moses Properties Co., NY

生誕160年記念「グランマ・モーゼス展─素敵な100年人生」は、国内で開催される16年ぶりの回顧展。4章より構成される会場では、最初期の作品から100歳で描いた絶筆までの作品や、愛用品、関連資料など約130点を通して、身近な出来事や自然への温かなまなざしを感じられるグランマ・モーゼスの世界を紹介する。

グランマ・モーゼスの人物像

アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《窓ごしに見たフージック谷》 1946年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《窓ごしに見たフージック谷》 1946年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
© 2021, Grandma Moses Properties Co., NY

モーゼスは、生涯を通じて暮らしたニューヨーク州とヴァーモント州にまたがる田園風景を描き続けた。第1章では、《窓ごしに見たフージック谷》などのモーゼスとゆかりのある場所を描いた作品や、《海辺のコテージ》といった絵画を始める前から得意としていた刺繍絵などを通して、グランマ・モーゼスの人物像を紹介する。

日常の風景

アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《農場の引越し》1951年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《農場の引越し》1951年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
© 2021, Grandma Moses Properties Co., NY

第2章では、モーゼスが描く家族や村の人びととの日常にフォーカス。《村の結婚式》や《農場の引越し》などの作品からは、当時の人びとの生活に欠かせない活動であるとともに、共同体の仲間意識も育んだ生活の営みの様子を窺うことができそうだ。

移ろう季節と行事

アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《アップル・バター作り》1947年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス《アップル・バター作り》1947年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
© 2021, Grandma Moses Properties Co., NY

村の人びとは、季節の微妙な変化に目を向け、季節ごとに特別な行事を行ってきた。第3章では、そうした季節ごとのお祝いがテーマ。楓の樹液からメープル・シロップや砂糖を作る、2月の《シュガリング・オフ》、そして晩夏から初秋にかけて行われる《アップル・バター作り》などを展示する。

自然に向けるまなざし

アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス 《虹》 1961年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
アンナ・メアリー・ロバートソン・“グランマ”・モーゼス 《虹》 1961年 個人蔵(ギャラリー・セント・エティエンヌ、ニューヨーク寄託)
© 2021, Grandma Moses Properties Co., NY

グランマ・モーゼスの作品でもっとも重要なテーマとは、“自然の変わらぬ美しさ”だ。第4章では、《美しき世界》や《雷雨》など、時に穏やかで、時に過酷な自然を捉えた作品の数々を紹介。また、100歳で描いた絶筆《虹》も展示する。

展覧会概要

生誕160年記念「グランマ・モーゼス展─素敵な100年人生」
会期:2021年9月14日(火)〜11月7日(日)
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー 3階
開館時間:10:00~19:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(ただし9月20日(月・祝)は開館)、9月21日(火)
観覧料:一般 1,300(1,100)円、大高生・70歳以上 900(700)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体・前売料金。
※障がい者手帳など持参者、および介助者原則1名は無料。
前売券販売場所:静岡市美術館、ローソンチケット、セブンチケット、チケットぴあ、谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店、流通通り店)、MARUZEN & ジュンク堂書店新静岡店、大丸松坂屋静岡店友の会、SBS学苑
※前売券は8月6日(金)~9月13日(月)まで販売。
問い合わせ先TEL:054-273-1515(静岡市美術館 代表)

■巡回情報
世田谷美術館
会期:2021年11月20日(土)〜2022年2月27日(日)
住所:東京都世田谷区砧公園1-2
・東広島市立美術館
開催時期:2022年春
住所:広島県東広島市西条栄町9-1

■会期終了
・あべのハルカス美術館
会期:2021年4月17日(土)~6月27日(日)
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 16階
・名古屋市美術館
会期:2021年7月10日(土)〜9月5日(日)
住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17-25 芸術と科学の杜・白川公園内

Photos(14枚)

「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真1 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真2 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真3 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真4 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真5 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真6 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真7 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真8 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真9 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真10 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真11 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真12 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真13 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真14

Photos(14枚)

「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真1 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真2 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真3 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真4 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真5 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真6 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真7 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真8 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真9 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真10 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真11 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真12 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真13 「グランマ・モーゼス展」静岡市美術館で - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点|写真14

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

商業施設・エリア

関連用語

ピックアップ

東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
2021.12.18(土)~2022.2.27(日) 開催予定
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点
2021.12.18(土)~2022.2.20(日) 開催予定
菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点
展覧会「ロートレックとベル・エポックの巴里―1900年」福岡で、ポスターや版画・絵画など314点
2021.12.18(土)~2022.2.6(日) 開催予定
展覧会「ロートレックとベル・エポックの巴里―1900年」福岡で、ポスターや版画・絵画など314点

スケジュール

東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
2021.12.1(水)~2021.12.6(月)
東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
2021.12.1(水)~2021.12.25(土)
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
 スケジュール一覧