menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

マーベル映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』ベネディクト・カンバーバッチ主演

マーベル映画『ドクター・ストレンジ』の続編、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、全米に先駆け、2022年5月4日(祝・水)に公開される。ベネディクト・カンバーバッチ主演。

ドクター・ストレンジの魔術再び!

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真4

元天才外科医でありながら、魔術師として生きる道を選び、“ヒーロー”として強大な敵へと立ち向かう姿を描いた『ドクター・ストレンジ』。空間を捻じ曲げたり、高層ビル群を組み替えたり、時空を移動したり…。ドクター・ストレンジの操る“常識を覆す”魔術は、その魅惑的な映像世界と世界観で多くのマーベルファンを魅了。また『アベンジャーズ』シリーズや『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』でも物語の鍵を握る重大な人物として活躍した。

フェイズ4の位置づけとなる新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、そんなドクター・ストレンジを再び主人公に、新たな物語を描きだす。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』あらすじ
元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジは、禁断の魔術によって今とは異なる世界へ通じる扉を開けてしまった。そこは無限の可能性が存在する“マルチバース”と呼ばれる無数のパラレルワールド。「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」での激戦の後、この謎に満ちたマルチバースの世界からの新たな脅威が人類に迫る中、ストレンジの前に立ちはだかるのは最凶の魔術を操る邪悪な“もう一人の自分”だった...。

物語の鍵を握るのは“マルチバース”

物語の鍵を握るのは、タイトルにもある“マルチバース”。マルチバースとは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でも描かれていた、無限の可能性が存在する無数のパラレルワールドだ。『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、別次元から現れる巨大な怪物などの新たな脅威が人類に襲いかかる。

マルチバースからは、髪型の少し違った精悍な顔つきのストレンジや、明らかに禍々しい邪悪な気配のストレンジ...など、世界を度々救ってきたストレンジとは“異なるビジュアル”のストレンジたちも多数登場。マーベル史上最も予測不能ストーリー展開で、マーベルの新たなる次元の扉をこじ開ける。

主演はベネディクト・カンバーバッチが続投

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真2

主演は、2016年公開の『ドクター・ストレンジ』から「アベンジャーズ」シリーズ、そして『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』でもドクター・ストレンジ役を演じたベネディクト・カンバーバッチ。第79回ゴールデン・グローブ賞では、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』で主演男優賞にノミネートされるなど大きな注目を集めている。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真5

<主な登場人物&キャスト>
ドクター・ストレンジ役...ベネディクト・カンバーバッチ
元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師。

ウォン役...ベネディクト・ウォン
ストレンジの盟友で魔術師。規律に厳しく真面目な性格だが、ストレンジにはどこか甘く、なんだかんだで彼をほっとけない人情派の一面を持つ。魔術師を率いるリーダー的存在。

アメリカ・チャベス役...ソーチー・ゴメス
マーベル・コミックの人気キャラクターが『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』より初参戦。“マルチバースを行き来する”という特殊能力を持っているが、まだまだ未熟なためその力を自分の意志でコントロールすることができない。マルチバースの謎を解く鍵を握る重要なキャラクター。新進気鋭の女優ソーチー・ゴメスが担当。

クリスティーン役...レイチェル・マクアダムス
ストレンジの元恋人で医師。事故で医師生命を絶たれ絶望するストレンジを傍で支え、彼が唯一心を許せる存在であった。その後、新たなパートナーと結婚。

モルド役...キウェテル・イジョフォー
ストレンジの兄弟子であり、謎を秘めた魔術師。

ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役...エリザベス・オルセン
アベンジャーズ最強の魔女。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、アベンジャーズの“敵対者”として登場するが、その後『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』等を経て、“ヒーロー”へと成長した。ディズニープラスのオリジナルドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたエリザベス・オルセンが演じる。

日本版声優に三上哲、松下奈緒など続投キャスト

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真6

主要キャラクターの日本版声優は、『ドクター・ストレンジ』、『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』などに続き続投。三上哲、松下奈緒、行成とあ、田中美央、小野大輔らが吹替えを行う。

新キャラクター“アメリカ・チャベス”は鬼頭明里が吹替

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真7

また、物語の重要なカギを握る新キャラクター、アメリカ・チャベスの日本版声優は鬼頭明里が務める。

監督はサム・ライミ

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真3

監督は、『スパイダーマン』シリーズを手掛けてきたサム・ライミ。時間と空間を超越した圧倒的なスケールと未知なる映像体験で、世界を魅了する。

Photos(11枚)

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真2 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真3 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真4 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真5 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真6 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真7 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真8 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真9 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真10 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真11 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』場面カット|写真12

Photos(11枚)

キーワードから探す

関連用語