menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決

「映画」と「彫刻」という別々の表現領域で活躍する二人のポルトガル人アーティストによる異色の展覧会、「MU[無]─ペドロ コスタ&ルイ シャフェス」が原美術館にて開催される。会期は2012年12月7日(金)から2013年3月10日(日)まで。


ペドロ コスタ 「少年という男、少女という女」 2005年、映像インスタレーション、所蔵:セラルヴェス美術館  
ⒸPedro Costa Courtesy of the artist

国際的に活躍するポルトガルの鬼才、映画監督のペドロ・コスタと彫刻家のルイ・シャフェス。プライベートでも親しい二人が展覧会を開催する。タイトルは、敬愛する日本映画の巨匠、小津安二郎監督を偲んで小津の墓碑に刻まれた一文字「無」からとった。邸宅としての記憶が存在する原美術館の空間を意識して制作された新作各3点を加え、映像インスタレーション5点、彫刻5点の計10点で構成される。コスタの代表作「ヴァンダの部屋」、「コロッサル・ユース」の映像素材が、シャフェスの鉄の彫刻とともにインスタレーションとして新たな形で提示されるのも見どころの一つとなっている。

また、展覧会の開催を記念して『特集上映:ペドロ コスタ、ルイ シャフェスの選ぶカルト・ブランシュ(仮題)』と2人のアーティストを映したドキュメンタリー『終焉のさなかに』、『映画作家ペドロ コスタ/オール・ブロッサムズ・アゲイン』の3作品を都内2ヶ所で上映予定。

光と影、動と静。相反する要素が対決して生み出される空間、時間とは―。異なる二つの才能が出会う異色の展覧会だ。

【アーティストプロフィール】
ペドロ・コスタ(Pedro Costa)
1959年リスボン生まれ。リスボン大学を経てアマドーラの国立映画演劇学校に学び、助監督で経験を積んだ後、長編映画の第一作「血」(1989年)を発表。移民が多く住むリスボンのスラム街にカメラを持ち込み、ドキュメンタリーとフィクションの区分を無効にするような野心的長編「ヴァンダの部屋」(2000年)を撮り、カンヌ国際映画祭、ロカルノ国際映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭で入賞し、絶賛される。その他の作品に「溶岩の家」(1995年)、「骨」(1997年)、「ヴァンダの部屋」の姉妹編とも言える「コロッサル・ユース」(2006年)など。日本ではせんだいメディアテークで展覧会+企画上映「ペドロ・コスタ 世界へのまなざし」(2005年)が行われた。一般的な劇映画の文法・話法にとらわれず、ドキュメンタリーとフィクションの境界線に立つユニークな映画監督として知られている。

ルイ・シャフェス(Rui Chafes)
1966年リスボン生まれ。リスボン芸術大学で彫刻を学んだ後、ドイツのデュッセルフドルフ芸術アカデミーに学び、主に鉄による彫刻を制作。90年代に入ると国際的に個展・グループ展への出品を重ね、ポルトガル現代美術界を代表する作家の一人となる。ヴェネチアビエンナーレ(1995年)、サンパウロビエンナーレ(2004年)などの大型国際展にもポルトガル代表として出品。日本ではハラミュージアム アーク(原美術館別館)の「ポルトガル現代美術展」(1993年)に出品している。また、美術館やアートセンターでの個展は、ポルトガル以外でもドイツ、イタリア、スペイン、デンマーク、ブラジルなどで開催している。鉄にこだわりながら、彫刻的表現のさまざまなイディオムを駆使して、幅広い造形を手がけている。抽象とも具象ともとれる造形は暗示性・象徴性に富むと同時に、室内・野外を問わず作品を設置した空間と対話し、緊張を生み出しながら空間全体を作品としての環境に書き換えていく。

【開催概要】
MU[無]─ペドロ コスタ&ルイ シャフェス
会期:2012年12月7日(金)~2013年3月10日(日)
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
開館時間:11:00~17:00(水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日にあたる12月24日、1月14日、2月11日は開館、翌12月25日、1月15日、2月12日は振替休館)、年末年始(12月28日(金)~1月4日(金))
入館料:一般¥1,000、大高生¥700、小中生¥500
原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料、20名以上の団体は1人¥100引き
※日曜・祝日には当館学芸員によるギャラリーガイドを行う。(14:30より30分程)
※関連イベント詳細は後日原美術館ウェブサイト、ブログ(ARTiTパートナーブース)、Twitterにて発表。

【開催記念上映作品概要】
『特集上映:ペドロ コスタ、ルイ シャフェスの選ぶカルト・ブランシュ(仮題)』
上演時期:12月初旬
場所:オーディトリウム渋谷
※詳細は後日ウェブサイトで発表。
URL:http://a-shibuya.jp

『終焉のさなかに』、『映画作家ペドロ コスタ/オール・ブロッサムズ・アゲイン』(2本立て)
日時:12月5日(水)、7日(金)18:30~
場所:アテネ・フランセ文化センター
入場料:一般¥1,000、会員割引あり
※デジタル上映、両作とも日本語字幕付き
URL:http://www.athenee.net/culturalcenter

【問い合わせ先】
原美術館
TEL:03-3445-0651
FAX:03-3473-0104(代表)
E-mail:info@haramuseum.or.jp
URL:http://www.haramuseum.or.jp

Photos(8枚)

ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像1 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像2 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像3 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像4 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像5 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像6 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像7 ポルトガルの鬼才2人が原美術館にて展覧会開催 - 映像と彫刻の異色の対決 画像8

Photos(8枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

国内史上最大の回顧展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」六本木で開催
2014年2月1日(土)~2014年5月6日(火)開催
国内史上最大の回顧展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」六本木で開催
「ニキ・ド・サンファル展」が六本木で開催 - モデルからアーティストへ、波乱の人生の中で訴えたもの
2015年9月18日(金)~2015年12月14日(月)開催
「ニキ・ド・サンファル展」が六本木で開催 - モデルからアーティストへ、波乱の人生の中で訴えたもの
岡本太郎記念館で展覧会「舘鼻則孝 呪力の美学」舘鼻史上最大、岡本のアトリエなど館内をジャック
2016年11月3日(木)~2017年3月5日(日)開催
岡本太郎記念館で展覧会「舘鼻則孝 呪力の美学」舘鼻史上最大、岡本のアトリエなど館内をジャック
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
2017年5月27日(土)~11月4日(日)開催
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生
2019年1月8日(火)オープン
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生

スケジュール

「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」大阪市立美術館で、ナポレオンの肖像など
9月22日(土)~2019年1月14日(月)開催
「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」大阪市立美術館で、ナポレオンの肖像など
展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」新宿で、絵画や資料約100点集結
9月22日(土)~12月24日(月)開催
展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」新宿で、絵画や資料約100点集結
「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
9月26日(水)~12月17日(月)開催
「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
「息をのむ繊細美 切り絵アート展」茨城・しもだて美術館で、現代作家11人の作品を展示
9月29日(土)~12月16日(日)開催
「息をのむ繊細美 切り絵アート展」茨城・しもだて美術館で、現代作家11人の作品を展示
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ― 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい ―」
9月30日(日)~2019年3月30日(土)開催
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ― 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい ―」
 スケジュール一覧