menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る

「カラヴァッジョ展」が、名古屋・大阪で開催。2019年10月26日(土)から12月15日(日)まで名古屋市美術館で、12月26日(木)から2020年2月16日(日)まであべのハルカス美術館で巡回展を行う。

カラヴァッジョとは

<病めるバッカス>1593年頃 ボルゲーゼ美術館蔵
©Alinari, Licensed by AMF, Tokyo /DNPartcom Reproduced with the permission of Ministero per i Beni e le Attività Culturali
※日本初公開、札幌会場のみ
<病めるバッカス>1593年頃 ボルゲーゼ美術館蔵
©Alinari, Licensed by AMF, Tokyo /DNPartcom Reproduced with the permission of Ministero per i Beni e le Attività Culturali
※日本初公開、札幌会場のみ

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは、17世紀バロック絵画の創始者として、同時代そして後世のヨーロッパの画家たちに大きな影響を与えた、西洋美術史における最重要画家の1人だ。38歳で生涯を終えたカラヴァッジョの現存作品はわずか60点強と言われ、さらにその多くは祭壇画など移動不可能ということもあり、イタリア国外への貸出は非常に厳しいともされている。

カラヴァッジョ作品約10点が来日

<ゴリアテの首を持つダヴィデ>1609年 ボルゲーゼ美術館蔵
©Alinari, Licensed by AMF, Tokyo /DNPartcom Reproduced with the permission of Ministero per i Beni e le Attività Culturali
※日本初公開、名古屋会場のみ
<ゴリアテの首を持つダヴィデ>1609年 ボルゲーゼ美術館蔵
©Alinari, Licensed by AMF, Tokyo /DNPartcom Reproduced with the permission of Ministero per i Beni e le Attività Culturali
※日本初公開、名古屋会場のみ

「カラヴァッジョ展」は、そんな貴重なカラヴァッジョ作品約10点と、カラヴァッジョに影響を受けた画家"カラヴァッジェスキ"らの作品約30点を合わせた、計約40点を紹介する展覧会。カラヴァッジョの代表的な技法である明暗法による絵画を通じ、その神話化された人間性にも迫る。

最大の見どころは日本初公開作品

カラヴァッジョ作品が日本に集結するのは、2016年に国立西洋美術館で開催された「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展」以来。その時には出品されなかった日本初公開作品が、今回の「カラヴァッジョ展」最大の見どころだ。

自身をギリシャ神話の酒の神に見立てた《病めるバッカス》が札幌会場限定で展示されたほか、自身をモチーフに斬られた首を描いた《ゴリアテの首を持つダヴィデ》が名古屋会場限定で日本初公開となる。尚、当初大阪会場限定で公開予定だった《ホロフェルネスの首を斬るユディト》は不出品となった。

作品を通じて激動の生涯に迫る

<マグダラのマリア>1606年 個人蔵
©AssociazioneMetamorfosi
※3会場共通
<マグダラのマリア>1606年 個人蔵
©AssociazioneMetamorfosi
※3会場共通

「カラヴァッジョ展」では、彼の激動の生涯にも注目。後世に大きな影響を与えるほどの才能を発揮したカラヴァッジョだが、激しい気性により周囲との争いや暴力沙汰が絶えず、ついには殺人を犯してしまう。3会場共通で展示される《マグダラのマリア》は、罪を逃れて流浪する晩年に生み出された傑作の1つ。彼の作品を通じ、天才カラヴァッジョの内に秘められた光と闇を探る。

他作家との比較から見えるカラヴァッジョの魅力

カラヴァッジョに影響を受けた画家"カラヴァッジェスキ"らや、同時代の個性派作家の秀作なども見逃せない。これらの作品とカラヴァッジョの作品とを比較することで、緻密な自然観察に基づく写実、強烈な明暗表現、宗教や神話をモチーフとしたドラマティックな場面の創出など、彼が生み出した斬新な画風の核心に迫る。

【詳細】
「カラヴァッジョ展」
■名古屋展
期間:2019年10月26日(土)~12月15日(日)
場所:名古屋市美術館
住所:愛知県名古屋市中区栄2−17−25 芸術と科学の杜・白川公園内
開館時間:9:30~17:00 ※金曜日は20:00まで。いずれも入場は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日(11月4日(月・休)は開館)、11月5日(火)
観覧料:一般 1,600(1,400)円、高校・大学生 1,000(800)円
※( )内は前売/20人以上の団体料金。 ※中学生以下無料。
※通常前売券は7月1日(月)から発売。

■大阪展
期間:2019年12月26日(木)~2020年2月16日(日)
場所:あべのハルカス美術館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1−1−43 あべのハルカス16階
開館時間:火~金/10:00~20:00、月土日祝/10:00~18:00 ※入館は各閉館30分前まで
休館日:12月31日(火)、1月1日(水)、14日(火)
観覧料:大人 1,600(1,400)円、高校・大学生 1,200(1,000)円、中・小学生 600(400)円
※( )内は前売/15人以上の団体料金。 ※小学生未満無料。
※前売券は11月11日(月)~12月25日(水)まで販売。
※障がい者手帳持参者は、美術館チケットカウンターで購入した本人と付き添い1名まで当日料金の半額。
問い合わせ先:06-4399-9050(あべのハルカス美術館)

Photos(3枚)

「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る|写真1 「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る|写真2 「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る|写真3

Photos(3枚)

「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る|写真1 「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る|写真2 「カラヴァッジョ展」名古屋・大阪で - 日本初公開含む代表作から、天才画家の激動の生涯に迫る|写真3

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報

スケジュール

戦後長崎の洋画家・池野清の回顧展、長崎県美術館で - 詩情豊かな油彩などから画業の一端を紹介
2021.8.6(金)~2021.11.7(日)
戦後長崎の洋画家・池野清の回顧展、長崎県美術館で - 詩情豊かな油彩などから画業の一端を紹介
日本画家・小早川秋聲、初の大回顧展が京都文化博物館で - 異色の戦争画《國之楯》など約110点を展示
2021.8.7(土)~2021.9.26(日)
日本画家・小早川秋聲、初の大回顧展が京都文化博物館で - 異色の戦争画《國之楯》など約110点を展示
展覧会「下絵と素描に見る上村松園」奈良・松伯美術館で 、初期〜絶筆《初夏の夕》の大下絵などを紹介
2021.8.7(土)~2021.10.24(日)
展覧会「下絵と素描に見る上村松園」奈良・松伯美術館で 、初期〜絶筆《初夏の夕》の大下絵などを紹介
ピピロッティ・リスト展が水戸芸術館で - 身体・女性・自然をテーマとしたヴィデオ・インスタレーション
2021.8.7(土)~2021.10.17(日)
ピピロッティ・リスト展が水戸芸術館で - 身体・女性・自然をテーマとしたヴィデオ・インスタレーション
昭和水墨画の鬼才・篁牛人の展覧会が富山県水墨美術館で - 大胆さ・繊細さをあわせ持つ“渇筆”作品など
2021.8.11(水)~2021.9.26(日)
昭和水墨画の鬼才・篁牛人の展覧会が富山県水墨美術館で - 大胆さ・繊細さをあわせ持つ“渇筆”作品など
 スケジュール一覧