menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展-ミントデザインズ、ソマルタ、アンリアレイジなど

ミントデザインズ 東京オペラシティー

東京オペラシティ アートギャラリーにて、2011年10月18日(火)から12月25日(日)まで、「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展が開催される。その後、2012年1月14日(土)より神戸ファッション美術館にも巡回予定。

本展覧会は、現状への問題意識を持ち、日本(東京)の足元を見つめ直し、新しい時代のリアリティを追求しつつ、ユニークなクリエイションを展開しているブランド(デザイナー)の仕事を通じて、現在進行形の日本のファッションデザインの可能性を探るもの。2012年1月14日(土)から4月1日(日)までの会期で神戸ファッション美術館に巡回する。

出品するブランドは「アンリアレイジ」「h. NAOTO」「ケイスケカンダ」「まとふ」「ミナ ペルホネン」「ミントデザインズ」「サスクワァッチファブリックス」「ソマルタ」「シアタープロダクツ」「リトゥンアフターワーズ」で、いずれも日本を拠点に、社会転換期の空気を呼吸し、ファッションデザインのありかたを前例にとらわれずにそれぞれの方法で模索する真摯な姿勢が窺える。

 

ビジネスやマーケティングの論理がクローズアップされ、クリエイティブであることの大切さが軽視されがちだが、ファッションデザインの創造性は、価格や機能性よりも、作り手であるデザイナーが着る人々と対話し、感動をもたらすこと。「流行のサイクルの中で消費されるだけではないファッションとは何なのか?」出品するのは日頃からこうした問いに真正面から向き合いつつ、みずからのクリエイションを実践しているブランド。

みずから感じ、考えながら、新しいファッションデザインを目指す10組のブランドの服づくりは、それぞれが「ファッションとは何か」という問いに対する多様な回答。そして、そこに示されるクリエイションの豊かな未来像はまた、私たちにとっても、ファッションの多様性や新しい魅力を感じ、考えるための最良の契機となるだろう。

【出品デザイナー/ブランド名】
・アンリアレイジ/ANREALAGE(森永邦彦)
  -コレクション: アンリアレイジ(ANREALAGE)、2011-2012年秋冬コレクション
・h. NAOTO(廣岡直人)
・ケイスケカンダ/ keisuke kanda(神田恵介)
・まとふ/matohu(堀畑裕之・関口真希子)
  -コレクション:まとふ(matohu) 2011-2012A/Wコレクション
・ミナペルホネン/minä perhonen(皆川明)
・ミントデザインズ/mint designs(勝井北斗・八木奈央)
  -コレクション:ミントデザインズ(mintdesigns) 2011-2012A/Wコレクション
・サスクワァッチファブリックス/ SASQUATCHfabrix.(横山大介・荒木克記)
・ソマルタ/ SOMARTA(廣川玉枝)
  -コレクション:ソマルタ(SOMARTA) 2011-2012A/Wコレクション
・シアタープロダクツ/ THEATRE PRODUCTS(武内昭・中西妙佳・金森香)
  -コレクション:シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS) 2011-2012A/Wコレクション
・リトゥンアフターワーズ/writtenafterwards(山縣良和)

【東京展開催概要】
「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形 Feel and Think: A New Era of Tokyo Fashion」
会期:2011年10月18 日(火)-12月25日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
開館時間:11:00−19:00 (金・土は 20:00 まで/最終入場は閉館の 30 分前まで)
休館日:月曜日
※諸事情により開館時間の変更および臨時休館の可能性があります。最新情報はウェブサイトにて案内されます。
入場料:一般 1,000(800) 円/大・高生 800(600) 円/中・小生 600(400) 円
※同時開催「収蔵品展 039 Younger Generation(仮題)」「project N 47 上西エリカ」展の入場料を含みます。
※収蔵品展入場券 200 円(各種割引無し)もあり。
※( )内は 15 名以上の団体料金。その他、閉館の 1 時間前より半額、65 歳以上半額。土・日・祝日の中・小生無料。
※障害者手帳をお持ちの方および付添 1 名は無料。割引の併用および入場料の払い戻しはできません。
問合せ先:   03-5353-0756 ウェブサイトURL:http://www.operacity.jp/ag/

【神戸展開催概要】
会期:2012年1月14日( 土)−4月1日( 日 )
会場:神戸ファッション美術館
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休刊日:水曜日
入場料:(特別展示・ベーシック展示あわせて) 一般500円、/小・中・高生、65歳以上250円
URL:http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special.html

Photos(1枚)

ミントデザインズ(mintdesigns), シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS), ソマルタ(SOMARTA), ミナ ペルホネン(minä perhonen), アンリアレイジ(ANREALAGE), リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards), まとふ(matohu), ケイスケ カンダ(keisuke kanda), サスクワァッチファブリックス(Sasquatchfabrix.), エイチ・ナオト(h.NAOTO) 感じる服 考える服:東京ファッションの現在形|写真1

Photos(1枚)

ミントデザインズ(mintdesigns), シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS), ソマルタ(SOMARTA), ミナ ペルホネン(minä perhonen), アンリアレイジ(ANREALAGE), リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards), まとふ(matohu), ケイスケ カンダ(keisuke kanda), サスクワァッチファブリックス(Sasquatchfabrix.), エイチ・ナオト(h.NAOTO) 感じる服 考える服:東京ファッションの現在形|写真1

ブランドプロフィール

関連用語