fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

share_icon
  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に

企画展「エッシャー 不思議のヒミツ Behind the paradox」が、滋賀の佐川美術館にて、2023年12月14日(木)から2024年2月25日(日)まで開催される。

エッシャーの全容を紹介

M.C.エッシャー 《昼と夜》 1938年 木版
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com
M.C.エッシャー 《昼と夜》 1938年 木版
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com

錯視や視覚の原理を活かし、騙し絵作品を手がけたオランダの版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(M.C.エッシャー)。企画展「エッシャー 不思議のヒミツ Behind the paradox」は、代表作をはじめとする150点以上の作品を通して、エッシャーの全容を紹介する展覧会だ。

M.C.エッシャー 《写像球体を持つ手》 1935年 リトグラフ
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com
M.C.エッシャー 《写像球体を持つ手》 1935年 リトグラフ
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com

1898年オランダに生まれたエッシャーは、建築家を目指して建築装飾美術学校に入学するも、グラフィックアートへと転向、版画技術の基礎を徹底的に習得している。画家としてデビューすると、イタリアにたびたび訪れるようになり、その風景や街並みに触発されて数多くの作品を手がけた。イタリアの風景やモチーフは、のちにエッシャーの代表作にも登場することになる。

M.C.エッシャー 《物見の塔》 1958年 リトグラフ
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com
M.C.エッシャー 《物見の塔》 1958年 リトグラフ
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com

エッシャーが転機を迎えるのが、1936年のこと。ファシストが台頭したことから前年にイタリアを離れていたエッシャーは、スペインのアルハンブラ宮殿を再訪し、幾何学模様に魅了されることに。風景画を中心としていた作風は大きく変化し、ある形で平面をくまなく覆い尽くす「テセレーション」、ある形が次第に別の形へと変形する「メタモルフォーゼ」、そして不思議な空間構造や錯視などを取り入れ、独自の世界観で作品を手がけてゆくこととなった。

M.C.エッシャー 《描く手》 1948年 リトグラフ
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com
M.C.エッシャー 《描く手》 1948年 リトグラフ
Maurits Collection, Italy
All M.C. Escher works © 2023 The M.C. Escher Company. All rights reserved
www.mcescher.com

本展では、《昼と夜》や《物見の塔》といった代表作はもちろん、初期作からイタリア時代の作品、遺作にいたるまで、150点以上の作品を展示。また、らせん構造や循環、反射面、幾何学的立体など、カテゴリーごとに作品を紹介し、エッシャーの関心と目指したものに光をあててゆく。

展覧会概要

企画展「エッシャー 不思議のヒミツ Behind the paradox」
会期:2023年12月14日(木)〜2024年2月25日(日)
会場:佐川美術館
住所:滋賀県守山市水保町北川2891
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(1月8日(月・祝)、2月12日(月・祝)は開館)、12月30日(土)〜1月3日(水)、1月9日(火)、2月13日(火)
入館料:一般 1,300円、高校・大学生 900円中学生以下 無料(保護者の同伴が必要)
※専門学校・専修学校は大学に準ずる
※障害者手帳の提示者および付添者1名は無料
※ウェブ事前予約制(詳細については美術館ウェブサイトを参照)

【問い合わせ先】
佐川美術館
TEL:077-585-7800

Photos(4枚)

“視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真1 “視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真2 “視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真3 “視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真4

Photos(4枚)

“視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真1 “視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真2 “視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真3 “視覚の魔術師”エッシャーの展覧会が滋賀・佐川美術館で - 騙し絵の代表作など150点以上が一堂に|写真4

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語