menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   エントプティック

ENTOPTICエントプティック

ブランドのはじまり

2009年に「エントプティック」を設立。現在はブランド活動を終了している。

エントプティックについて

エントプティック(ENTOPTIC)は松本 渉(Wataru Matsumoto)柿沼 健太(Kenta Kakinuma)によるファッションブランド。

ブランド名の「ENTOPTIC」は内視現象、内部視覚などの意味で、日常的な外界の対象に帰し得ない(暗闇の中の世界といった)環境の中で視神経が振動し、さまざまな光を見い出す現象を指している。情報が氾濫した現代社会のカオスを排し、本質的、主観的知覚に訴える“超越的なデザイン”を目指すというメッセージが込められている。

エントプティックのワークコンセプトは、年齢などの属性でターゲット選定するのではなく、「高い審美眼」「センス」「ライフスタイルへのこだわり」といった豊かなる“感性”を持った人々を対象にファッションという切り口からその先にある『価値』を提供。また、画一大量主義へのアンチテーゼとして、各アイテムに数量限定を設定し、『希少性』と『高品質』と言うステイタスを顧客に約束している。

エントプティックのデザイナープロフィール

松本渉はバンタンデザイン研究所ファッションアーティスト科卒業後、柿沼 健太は文化服装学院デザイン専攻科卒業後、ともに文化ファッション大学院大学ファッションクリエイション専攻デザインコースで学び、2008年に卒業。

2009年に「ENTOPTIC」を設立。

Collections - エントプティックのコレクション

News - エントプティックのニュース

関連用語

スケジュール

「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
3月28日(木)~4月21日(日)開催
「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
3月28日(木)~4月27日(土)開催
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
銀座メゾンエルメス フォーラム「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展、文明の痕跡を浮き彫りに
3月28日(木)~6月23日(日)開催
銀座メゾンエルメス フォーラム「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展、文明の痕跡を浮き彫りに
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る