WHEIR Bobson

ウェアボブソン

ウェアボブソンについて

ウェアボブソン(WHEIR Bobson)は、日本のファッションブランド。デニムを中心に展開。デニムブランド「ボブソン」がリニューアルし、2016年年秋冬シーズンからスタート。

ブランド名のウェアボブソンとは、WESTERN (西洋)とHEIR (後継者)からなる造語で、その新時代の担い手になりたいという想いが込められている。 デザイン性とボブソンの技術や品質を組み合わせて展開。「ファブリック(FABRIC)・フィット(FIT)・フィニッシュ(FINISH) × “イマドキ”の空気」デニムの可能性を追求し続ける。

ファーストシーズンはデザイナーに「シセ(SISE)」の松井征心を迎えて発表。2017年春夏コレクションからは、チノ(CINOH)の茅野誉之がウィメンズデザイナーに就任。

メンズはシーズンごとにゲストデザイナーを迎えている。2017年年秋冬コレクションではゲストデザイナーにダブレット(doublet)を手掛ける井野将之を迎えて発表。2018春夏シーズンはベッドフォード(BED j.w. FORD)の山岸慎平を起用。デニム特有の男らしさをクリーンなデザインで表現した。

[ 続きを読む ]

Data - ウェアボブソンの関連データ

用語: ファブリック ブランド: CINOH シセ ダブレット ベッドフォード

ブランド・デザイナー紹介