Julian Hakes

ジュリアン ヘイクス

ジュリアン ヘイクスについて

ジュリアン ヘイクス(Julian Hakes)はイギリスのシューズブランド。デザイナーは建築家であり、橋の設計なども手掛ける、ジュリアン・ヘイクス(Julian Hakes)が務める。

底がない、「モヒート」と呼ばれるシューズをデザインし、そのイメージをブログに掲載したところあっという間に話題になり、製品化が決まった。

樹脂でできた一枚のリボンが、ライムをむいた後に残った皮のようなラインで足を包み込むデザイン。初めて披露されたのは、2011春夏ロンドンファッションウィークで行われた、アンソフィー バック アトリエのサロンショー。各著名雑誌もこぞって取り上げられるほど話題になり、デザイナーの発掘・支援に積極的なスワロフスキーにも選ばれ、イギリスファッション雑誌の「Best footwear designer of the year 2012」にも選ばれている。

ヘイクスは、2年の試行錯誤を経て軽く快適で、エレガントな設計を追求し、そして世界的靴ブランドを目指してビジネスパートナーと組み、2012年夏ついに「The Hakes Mojito」が発売される予定。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジュリアン ヘイクス取り扱い店舗

Data - ジュリアン ヘイクスの関連データ

ブランド: アンソフィー バック スワロフスキー モヒート

ブランド・デザイナー紹介