menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   エドワード セクストン

EDWARD SEXTONエドワード セクストン

ブランドのはじまり

1969年、エドワード セクストンとトミー ナッターがテーラー店、ナッターズをオープン。

エドワード セクストンについて

エドワード セクストンはサヴィル・ロウのテーラー店。現在はプレタポルテのラインも展開している。

エドワード セクストン(EDWARD SEXTON)は、イギリス生まれ。キルガー(当時の名前はKilgour French Stanbury)にて実習生としてテーラードを学びながらロンドンカレッジ・オブ・ファッションに通う。60年代半ば、「Donaldson, Williams & Ward」でテーラーとしての経験を積む。ここで当時、セールスマンをしていたトミー ナッターと出会う。

1969年、ナッターとともにサヴィル・ロウにビスポークテーラー、ナッターズ・オブ・サヴィル・ロウ(Nutters of Savile Row)をオープン。テーラーでは初めてオープンウィンドウ形式の店舗を構え、伝統を尊重しつつも流行のディテールを取り入れた。こうして、70年代の新鋭テーラーとして名をはせた。

顧客にはミックジャガー、ポール・マッカートニー、ジョン・レノンなどイギリスを代表するミュージシャンから、実業家のルパート・マードック、投資家のジョージ・ソロスなどが名を連ねる。

92年のナッターの死後、自身の単独ブランドをスタートする。後にクロエのデザイナーとして活躍するステラ マッカートニーが学生時代経験を積んだテーラーとしても有名。積極的に若手ファッションデザイナーがテーラーの経験を積む場所を提供している。

2008A/Wシーズンから、メンズ、レディースともにプレタポルテのラインをスタート。展示会形式でテーラードを基にしたコレクションを発表した。

公式サイト

http://www.edwardsexton.co.uk/

関連用語

関連ブランド

スケジュール

「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
3月28日(木)~4月21日(日)開催
「春・さくら、咲クヤat百段階段」古典歌舞伎の衣装や江戸のかんざし、工芸品など桜がテーマの作品集結
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
3月28日(木)~4月27日(土)開催
現代水墨画家・山岸千穂の個展「前へ」銀座で、勇ましい獅子を描いた大型屏風作品など
銀座メゾンエルメス フォーラム「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展、文明の痕跡を浮き彫りに
3月28日(木)~6月23日(日)開催
銀座メゾンエルメス フォーラム「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展、文明の痕跡を浮き彫りに
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る