Kilgour

キルガー

ブランドのはじまり

1882年、ビスポークテーラー「T&F French Bespoke tailors」創業。これが現在のキルガーの前身。

キルガーについて

キルガー(Kilgour)はロンドンのザヴィル・ロウに拠点を置くテーラー。1882年に創業したビスポークテーラーの「T&F French Bespoke tailors」が現在のキルガーの前身。

20世紀に入り、A.H.キルガーとの合併、ハンガリー人テーラーとして伝説的な存在でもあるフレッドとルイスのスタンバリー兄弟が加わるなどの出来事を経て、37年、テーラー名が「キルガー・フレンチ・スタンバリー(Kilgour French Stanbury)」となる。

サヴィル・ロウの中でも革新的なテーラーの部類に入り、過去、エドワード セクストンが在籍し、フレッド・スタンバリーに師事している。

74年に初のクリエイティブ・ディレクターにトミー ナッターが就任。1997年、イタリア人デザイナーのカルロ・ブランデッリ(Carlo Brandelli)をクリエイティブ・ディレクターに起用。2003年には既製服のテーラリングをスタート。

2004年、ブランド名を「キルガー・フレンチ・スタンバリー」から「キルガー」へと改名。

2009S/Sシーズン、パリのプレタポルテコレクションにてランウェイデビュー。白と黒をメインに構成された細身の美しいテーラードのコレクションを披露、ビスポークの雰囲気とは異なるイメージを打ち出した。

2009年、カルロ・ブランデッリがキルガーのデザイナーを辞任。

ビスポーク、既製服、プレタポルテ、レディースウェアともに充実したラインナップを揃える。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.kilgour.eu/

ブランド・デザイナー紹介