menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ナイジェル・ケーボン

Nigel Cabournナイジェル・ケーボン

ナイジェル・ケーボンについて

「ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn)」はイギリスのファッションブランド。ナイジェル・ケーボンが学生時代に始めた「クリケット(CRICKET)」というブランドが前身。

ナイジェル・ケーボンは1967年から71年までイギリスのノーザンブリア大学に通い、71年に初の自身のブランドとなる「クリケット(CRICKET)」をスタートする。そのクリケットで優れたアウターウェアを発表。その後、自身の名を冠した「ナイジェル ケーボン(Nigel Cabourn)」を立ち上げる。

ナイジェル・ケーボンは40年以上ファッション業界でのビジネスに関わってる人物。その彼が生み出すコレクションは、一般的なファッションブランドと異なり、トレンドに左右されない、ヴィンテージクロージングや生地、デザインディテールといった要素からインスピレーションを受けて作られている。

インスピレーションとなるヴィンテージウェアは、世界中から自身で収集したもの。ミリタリーウェアやワークウェアなど、レアなアイテムを多く所有していることでも知られている。それらのヴィンテージウェアが持つ機能性や美意識が、ナイジェル ケーボンのコレクションに反映されている。

ナイジェル ケーボンのコレクションには2つのラインがある。1つはイギリス生産のオーセンティックラインで、もう1つは日本生産のメインライン。オーセンティックラインはハリスツイードやマッキントッシュの素材等、イギリスを代表する素材を使用している。また生産は主にイギリスだがイタリア製の高品質なアイテムもある。

メインラインは日本生産の特徴を活かしたコレクション。日本の生産技術の高さを活かし、オリジナルのテキスタイルを開発している。メインラインもナイジェル・ケーボン自身がデザイン・ディレクションを行い、イギリスで生産できない技術を用いた染めや洗い加工のアイテムを多く発表している。そのためオーセンティックラインよりもカジュアルなテイスト。

ナイジェル ケーボンは日本でも非常に人気が高く、多くのセレクトショップで取扱いがある。2009年には東京・中目黒にオンリーショップ「THE ARMY GYM - Nigel Cabourn FLAGSHIP STORE」をオープン。その他にも伊勢丹などにショップインショップを展開している。

2011年には、アメリカのアウトドア・カジュアルファッションブランド「エディー バウアー(Eddie Bouer)」とのコラボレーションアイテムを発表。

公式サイト

http://www.cabourn.jp/

Collections - ナイジェル・ケーボンのコレクション

News - ナイジェル・ケーボンのニュース

Shop - ナイジェル・ケーボンの取り扱いショップ・店舗

北海道

東北

関東

北陸甲信越

東海

近畿

中国

九州

Shop Search - ナイジェル・ケーボンの取り扱いショップ・店舗検索

ナイジェル・ケーボン取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

Shop snap

Snap

# コート : # ナイジェル・ケーボン

スケジュール

キル フェ ボン「佐藤錦のキャンドルナイトケーキ」杏仁ムース&クコの実をロウソクに見立てた限定品
6月20日(水)~6月21日(木)発売
キル フェ ボン「佐藤錦のキャンドルナイトケーキ」杏仁ムース&クコの実をロウソクに見立てた限定品
「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」18秋冬、小さな変化が大きな変革を生む
6月20日(水)発売
「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」18秋冬、小さな変化が大きな変革を生む
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのビアガーデン、コース仕立てのスペイン料理&ドリンク飲み放題
6月20日(水)~9月14日(金)オープン
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのビアガーデン、コース仕立てのスペイン料理&ドリンク飲み放題
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る