Richard Nicoll

リチャード ニコル

ブランドのはじまり

リチャード ニコルが2004S/Sロンドンコレクションにてデビュー。

リチャード ニコルについて

リチャード ニコル(Richard Nicoll)は、1977年ロンドン生まれ。幼い頃はオーストリアで過ごす。セントマーチンズを2002年に卒業。在学中はメンズファッションを学ぶ。その頃、同校にはリカルド ティッシジョナサン サンダースマリオス ショワブなどがいた。卒業後はフリーランスでマーク ジェイコブス率いるルイ・ヴィトンなどのブランドで活動。

自身の名を冠したレーベル「リチャード ニコル」を立上げ、2004S/Sロンドンコレクションでデビュー。レディースファッションからブランドをスタートした。メンズウェアを大学で学びながらレディースファッションからスタートした理由は「メンズだと自身の色が出すぎるから」と言うもの。

メンズウェアの素材やテクニックなどあらゆる要素をレディースウェアに取り入れた、テーラードのジャケットやシャツ、シャツドレスなどが高く評価されている。

自身のブランド以外ではメンズファッションにも関わり、LVMH傘下にあるロンドンのシャツブランド、トーマスピンクとのコラボレーションを行なう。その他、2008S/Sではトップショップのメンズウェアライン、トップマンとのコラボレーションを行なう。

2009年、「Six Scents(シックス・センツ)」のプロジェクトに参加。6人のデザイナー、フィリップ・リム(3.1 フィリップ リム)、ダミール ドマヘンリック ヴィブスコフ、ヘンリー・ホランド(ハウス オブ ホランド)、リチャード ニコル、TOGAと6人の調香師がコラボレーションして完成した6つの限定フレグランスのセカンドシリーズ「Six Scents(シックス・センツ)」が発売される。

同年、セルッティのレディース部門クリエイティブディレクターに就任。

2011S/Sシーズンからフレッドペリーの「WOMEN’S LAUREL COLLECTION」のデザインを担当。

日本ではラブレスバーニーズ ニューヨーク、インターナショナルギャラリービームスなどのセレクトショップで取扱がある。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://richardnicoll.com/

ブランド・デザイナー紹介