menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ギ ラロッシュ

Guy Larocheギ ラロッシュ

ブランドのはじまり

ギ ラロッシュが自身の名を関したブランド「ギ ラロッシュ」を設立。

ギ ラロッシュについて

ギ ラロッシュ(Guy Laroche)は1921年、フランス生まれ。

49年からジャンデッセのメゾンで働き、その後クリスチャン ディオールで働く。当時、ピエールカルダン、イヴ・サンローランもディオールのメゾンに在籍していた。在籍していたこの3名で「3プリンス」と呼ばれた。

1955年、アメリカ、ニューヨークに渡る。フリーの活動をして57年に帰国。帰国後すぐにオートクチュールのメゾンを立ち上げる。

57年、自身の名を関したブランド「ギ ラロッシュ」でコレクションを発表。

バレンシアガの影響、またニューヨークで活動した経験もあり、シンプルなデザインが中心スポーティなテイストにテーラードを持ち込み、エレガントなスタイルが人気となった。

61年にプレタポルテコレクションをスタート、66年にメンズウェアラインをスタート。85年、自身最後のコレクションとなる89年に二度に渡ってデ・ドール賞を受賞。イッセイ ミヤケアズディン アライアヴァレンティノなどがデビュー前にギ ラロッシュの元で経験を積み後に大活躍した。

89年に死去。

ギ ラロッシュの後、アンジェロ・タルッチ、アルベール エルバスミッシェル クラン、ジャマイカ人のダミアン・イー(Damien Yee)などがデザインを担当している。2008-2009A/Wからマルセル・マロンジュがアーティスティック・ディレクターを務める。

現在は香水が人気で、ドラッガー(Drakkar,72)、ジオゼ(J'ai Oise,77)、ドラッガーノアール(Drakkar Noir,82)、ホライゾン(Horizon,93)などが人気。※()内の年度はシリーズが発表された年度。

その他、ライセンス関連の売上が高く、バッグ、財布、時計、傘などのアクセサリーの人気も高い。

公式サイト

http://www.guylaroche.com/

Collections - ギ ラロッシュのコレクション

Shop - ギ ラロッシュの取り扱いショップ・店舗

ギ ラロッシュ 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1
アクセサリ
ギ ラロッシュ 銀座三越
東京都中央区銀座4-6-16
グッズ

Shop Search - ギ ラロッシュの取り扱いショップ・店舗検索

ギ ラロッシュ取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

「エヴァンゲリオン展」神戸ゆかりの美術館で - 庵野秀明およびカラー監修、約1,300点の作品・資料
7月21日(土)~9月24日(月)開催
「エヴァンゲリオン展」神戸ゆかりの美術館で - 庵野秀明およびカラー監修、約1,300点の作品・資料
「第10回 和酒フェス in 中目黒」スパークリング&夏に美味しい日本酒100種以上が集結
7月21日(土)開催
「第10回 和酒フェス in 中目黒」スパークリング&夏に美味しい日本酒100種以上が集結
「加賀温泉郷フェス 2018」石川・加賀の山代温泉で - 温泉×音楽を楽しむ温泉フェス
7月21日(土)開催
「加賀温泉郷フェス 2018」石川・加賀の山代温泉で - 温泉×音楽を楽しむ温泉フェス
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る