Emanuel Ungaro

エマニュエル ウンガロ

ブランドのはじまり

エマニュエル ウンガロが自身の名を冠したブランド「エマニュエル ウンガロ」を設立。

エマニュエル ウンガロについて

エマニュエル ウンガロ(Emanuel Ungaro)は1933年、フランス南部のブーシュ=デュ・ローヌ県エクス・アン・プロヴァンスに生まれる。両親はイタリア人でイタリアのムッソリーニ政権を避けてフランスに渡った。父はフランスで小さな紳士服店を営んでいた。ウンガガロは幼くして、スーツの仕立てを習得していたという。

1957年、23歳でパリのモンパルナスに渡り、翌年の58年からバレンシアガのアシスタントとして働きはじめる。これはクレージュの推薦によるものだった。「バレンシアガとの出会いはまさに衝撃的で、英知、厳格さ、強さ、偉大さとの出会い」だったと言う。

1965年、独立して、自身の名を冠したブランド「エマニュエル ウンガロ」をスタート。当時の恋人でファブリックアーティストのソニア・ナップとともに会社を設立する。

90年、50歳のとき、ラウラ・ファファーニと結婚。彼女の父はイタリアの国営テレビ局の会長。
96年、サルヴァトーレ フェラガモ社にブランドを売却する。

これはフェラガモの強みとする、国際的な販売網とマーケティングとウンガロの美しい衣装を融合させたもので、友好的な買収であった。

2002S/Sからウンガロのデザインチームで活躍していたジャンバティスタ ヴァリがデザイナーに就任。ヴァリはウンガロの伝統に若さ、エネルギーを融合させて活躍。ヴァリの独立に伴い、2006A/Wから3シーズン、ノルウェー出身のアメリカ人デザイナーのピーター デュンダスがデザイナーに就任。

2008年、若干23歳の新鋭デザイナー、エステバン・コータザー(Esteban Cortazar)がエマニュエル ウンガロのレディースコレクションのチーフデザイナーに就任する。しかし翌年、2009年にエステバンがデザイナーを辞任。同年、リンジー・ローハンがアーティスティック・アドバイザーに就任するも後に辞任。

2010年、クリエイティブ・ディレクターにジャイルズ・ディーコン(Giles Deacon)が就任することを発表。

2012年、アルベルタ フェレッティモスキーノポリーニなどを展開するイタリアのアエッフェグループが独占的パートナーシップ契約を締結。それに伴い、若手イタリア人デザイナーのファウスト・パグリッシ(Fausto Puglisi)がクリエイティブ・ディレクターに就任する。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.ungaro.com/

Collection - エマニュエル ウンガロのコレクション

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エマニュエル ウンガロ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介