menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

Missoniミッソーニ

ブランドのはじまり

1953年、イタリアのオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が、自宅地下でニットウェアワークショップを設立。

ミッソーニについて

ミッソーニ(MISSONI)はイタリアのラグジュアリーブランド。

メンズ&ウィメンズのアパレル、アクセサリーなど幅広く展開している。セカンドラインは「エム ミッソーニ(M Missoni)」。

ニットウェアがブランドの象徴的なアイテム。ミッソー二の功績としてニットウェアの顧客層を上流階級にまで広げたことが上げられる。40年にわたる技術革新と、少量生産、幾何学的で色彩の面白いデザインが受けた結果である。何種類もの色糸を使用して織りなす生地、カラフルな色彩、独特の世界は高い評価を得ている。

ミッソーニの沿革・歴史

創業者はオッタヴィオ・ミッソーニ(1921-2013)とロジータ・ミッソーニの2人。夫のオッタヴィオは、48年のロンドン・オリンピックに出場。このとき、ロジータの父がイタリア選手団のユニフォームをデザインした。

そのオリンピック開催の年に2人は知り合い、1953年に結婚。結婚後、ロジータの祖父が創業したニット工場を引き継ぎ、スポーツ・ウェアを生産。当初はミッソーニとしてのブランドでは売れず、エマニュエル・カーン、クリスチャーヌ・ベイリーのネームテープをつけて販売された。

1958年の「Milano-Simpathy」と呼ばれた小さなコレクションの際、「Missoni」という名前のラベルが縫い付けられた。66年にミラノでコレクションデビューを果たす。これまでのニットとは一線を画すデザインに注目を浴びた。

1969年には、雑誌の編集者のすすめでニューヨークの主要な百貨店とのミーティングを行い、新たな生産工場も操業を開始。翌年、発表したコレクションで、幾何学模様、色彩にこだわった楽しい色の組み合わせのニットが爆発的な人気を呼んだ。

1973年、ニーマン・マーカスファションアワードを受賞。83年には、スカラ座で上演されたオペラ「ランメルモールのルチア」で衣裳デザイナーとしてデビュー。

結婚から40年を迎えるとともに、オッタヴィオとロジータが一緒に働きはじめて40年を迎えた1993年、オッタヴィオはイタリア共和国大統領から優れた業績と成果に対して与えられる勲章を授与される。

1997年、ファッション部門をクリエイティブ・ディレクターとしてアンジェラ・ミッソーニに一任。ロジータはホームコレクションを担当。また、長男のヴィットーリオが経営、アンジェラの兄であるルカがメンズ部門のデザイナーでテキスタイルのディレクションを担当。レディース部門のデザイナーを担当するのが娘のアンジェラ・ミッソーニ。

アンジェラ・ミッソーニは1958年ミラノ生まれ。78年、18歳の時に母ロジータのアシスタントとしてミッソーニに入社。以後母とともにデザインを続ける。ファースト・ラインのデザインを手がけながら、ミッソーニのライセンス商品の管理もおこなう。93年に自身のブランド「アンジェラ・ミッソーニ」でコレクションを発表。「アンジェラ・ミッソーニ」は両親の会社で製造する。「ミッソーニ」を引き継ぐ97年A/Wまで「アンジェラ・ミッソーニ」のブランドを継続。両親から「ミッソー二」を引き継ぐまでにその準備はできていた。1997年から「ミッソーニ」のクリエイティブ・ディレクターに就任。

若い世代の顧客に受け入れられるようにシースルー、ラメやスパンコールなどの素材を積極的にニットへ組み合わた。またデザインも一目でミッソー二と分かるジグザク模様、ギリシャの卍模様、ストライプ、パッチワークを中心にし新しい局面をもたらしている。ミッソーニは現在でも「寄せ集め」(ミッソーニ風のミスマッチなパターン)といわれるが、現代風にシフトチェンジしている。

1998年、セカンドラインとして「エム ミッソーニ(M Missoni)」をスタート。当初はライセンス生産をしていたが、後にグループの管理下で展開されるようになった。

2013年、創業者のオッタヴィオ・ミッソーニが逝去。同年1月には、オッタヴィオの子息でありミッソーニ最高経営責任者であるヴィットリオが乗ったセスナ機が南米ベネズエラ沖で行方不明となった。

2018年、エム ミッソーニのクリエイティブディレクターにマルゲリータ・ミッソーニが就任。

2021年、アンジェラ・ミッソーニが24年間務めてきたクリエイティブ・ディレクターを退任。引き続き社長として経営に関与。暫定的な後任として、2022年春夏コレクションより、アルベルト・カリーリがクリエイティブ・ディレクターに就任。同年、フィリッポ・グラツィオーリ(Filippo Grazioli)がミッソーニのメンズ・ウィメンズコレクション及びライフスタイル向けのクリエイティブ・ディレクター就任。また、同時に、アルベルト・カリーリ(Alberto Caliri)がホームコレクションとミッソーニ スポーツの指揮を執ることになった。

ミッソーニのデザイナープロフィール

フィリッポ・グラツィオーリ(Filippo Grazioli)は、1981年、イタリア出身。ミラノのヨーロッパ・デザイン学院を卒業した後、2004年よりメゾン マルジェラにて活動。2013年までマルタン マルジェラと共にウィメンズコレクションの制作に関わった。2015年、エルメスでウィメンズウェアのシニアデザイナーとして勤務した後、リカルド・ティッシのもとでジバンシィコレクションディレクターに就任。その後、ティッシとともにバーバリーに移った。2020年、イタリアに戻る。2022年、ミッソーニのメンズ・ウィメンズコレクションのクリエイティブ・ディレクターに就任。

公式サイト

https://www.missoni.com/

Collections - ミッソーニのコレクション

News - ミッソーニのニュース

Shop - ミッソーニ 店舗・取り扱い

東北

ミッソーニ 藤崎仙台
宮城県仙台市青葉区一番町3-2-17

関東

ヨコアンティ
栃木県宇都宮市下戸祭1-15-22
ウェアウィメンズ
エストネーション 三井アウトレットパーク 木更津
千葉県木更津市金田東3-1-1
メンズウィメンズ
エストネーション銀座店
東京都中央区銀座2-3-6
バーニーズ ニューヨーク 銀座店
東京都 中央区 銀座6-8-7
バーニーズ ニューヨーク 六本木店
東京都港区六本木7-7-7
エストネーション 六本木ヒルズ
東京都港区六本木6-10-1
メンズウィメンズグッズアクセサリ腕時計
エストネーション 玉川タカシマヤS・C
東京都世田谷区玉川3-17-1
ミッソーニ 日本橋三越
東京都中央区日本橋室町1-4-1
ウィメンズ
ミッソーニ 日本橋タカシマヤS・C 本館
東京都中央区日本橋2-4-1
ウィメンズ
エストネーション 有楽町
東京都千代田区有楽町1-10-1
メンズウィメンズグッズ
バーニーズ ニューヨーク 横浜店
神奈川県 横浜市 中区山下町36-1
ロロ
神奈川県厚木市泉町13-14
ウェアウィメンズアクセサリ
マスマティクス
神奈川県厚木市泉町8-8

東海

モナマッチョ
愛知県名古屋市中区栄5-28-19
ウェアウィメンズ

近畿

エストネーション 京都バル
京都府京都市中京区山崎町251
メンズウィメンズシューズグッズアクセサリ眼鏡&サングラス
エストネーション ルクア大阪
大阪府大阪市北区梅田3-1-3
シューズ
ラ・シャンブラン
兵庫県神戸市中央区北野町2-7-18
ウェアメンズウィメンズ
エストネーション 神戸バル
兵庫県神戸市中央区三宮町3-6-1
メンズウィメンズシューズグッズアクセサリ眼鏡&サングラス
バーニーズ ニューヨーク 神戸店
兵庫県 神戸市 中央区京町25

中国

ミッソーニ 天満屋岡山
岡山県岡山市表町2-1-1
ウィメンズ
エマ 天満屋倉敷
岡山県倉敷市阿知1-7-1
ウィメンズ

九州

ミッソーニ 福岡三越
福岡県福岡市中央区天神2-1-1
ウィメンズ
エストネーション 福岡ソラリアプラザ
福岡県福岡市中央区天神2-2-43
グッズ
バーニーズ ニューヨーク 福岡店
福岡県福岡市中央区天神2-5-55
イヌイラフィネ
福岡県北九州市小倉北区竪町1-1-2
ウェアウィメンズ
ミッソーニ 熊本鶴屋
熊本県熊本市中央区手取本町6-1

Shop Search - ミッソーニ 店舗・取り扱い検索

ミッソーニ店舗・取り扱い一覧

関連用語

関連ブランド

スナップ

 その他のブランドを見る