Missoni

ミッソーニ

ブランドのはじまり

1953年、イタリアのオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が設立。

ミッソーニについて

オッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニの2人はともに1921年生まれ。夫のオッタビオは、陸上競技の選手として、48年のロンドン・オリンピックに出場。このとき、イタリア選手団のユニフォームをデザインした。そのオリンピックでロジータと知り合い結婚。結婚後、ロジータの祖父が創業したニット工場を引き継ぎ、スポーツ・ウェアを生産。当初はミッソーニとしてのブランドでは売れず、エマニュエル・カーン、クリスチャーヌ・ベイリーのネームテープをつけて販売された。

しかし、幾何学模様、色彩にこだわった楽しい色の組み合わせのニットが爆発的な人気を呼ぶ。

66年にミラノで、ブランド「ミッソーニ」でコレクションデビューを果たす。73年、ニーマン・マーカス賞を受賞。83年には、スカラ座からの依頼で初めての舞台衣裳も手がける。

ミッソー二の功績はニットウェアの顧客層を上流階級にまで広げたことで、40年にわたる技術革新と、少量生産、幾何学的で色彩の面白いデザインが受けた結果である。ロジータのインスピレーションは近代絵画や自然の風景という。何種類もの色糸を使用して織りなす生地、その色彩、独特の世界は高いな評価を得ている。

97年、オッタヴィオとロジーナがともに引退し、息子のヴィットリオが経営を担当、息子のルカがメンズ部門のデザイナーでテキスタイルのディレクションを担当、レディース部門のデザイナーを担当するのが娘のアンジェラ・ミッソーニ。

2008年、ミッソーニ表参道店をリニューアル。

2009年、ミッソーニによるインテリア・デザインを備えた高級ホテルをスコットランドのエディンバラにオープン。同年、サンパウロにショップをオープン。南米への進出を果たす。

アンジェラ・ミッソーニ:

アンジェラ・ミッソーニは1958年ミラノ生まれ。78年に母ロジータのアシスタントとしてミッソーニに入社。以後母とともにデザインを続ける。ファースト・ラインのデザインを手がけながら、ミッソーニのライセンス商品の管理もおこなう。93年に自身のブランド「アンジェラ・ミッソーニ」でコレクションを発表。「アンジェラ・ミッソーニ」は両親の会社で製造する。「ミッソーニ」を引き継ぐ97年A/Wまで「アンジェラ・ミッソーニ」のブランドを継続。両親から「ミッソー二」を引き継ぐまでにその準備はできていた。98S/Sから「ミッソーニ」のクリエイティブ・ディレクターに就任。

若い世代の顧客に受け入れられるようにシースルー、ラメやスパンコールなどの素材を積極的にニットへ組み合わた。またデザインも一目でミッソー二と分かるジグザク模様、ギリシャの卍模様、ストライプ、パッチワークを中心にし新しい局面をもたらしている。ミッソーニは現在でも「寄せ集め」(ミッソーニ風のミスマッチなパターン)といわれるが、現代風にシフトチェンジしている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.missoni.com/

ブランド・デザイナー紹介