Bally

バリー

ブランドのはじまり

1851年、スイスのシエネレベルト(シェーネンヴェル)でカール・フランツ・バリー(Carl Franz Bally)が創業。

バリーについて

バリー(Bally)はスイスのファッションブランド。シューズやレザーグッズ(バッグ、財布、グローブ)を中心に、アパレル、アイウェアなどトータルで発表。洗練されたクラシックなアイテムから、色鮮やかで大胆なディテールを取り入れたモダンなアイテムまで展開している。白と赤、白と黒など2色のラインを配置したデザインがトレードマーク。

バリーの沿革・歴史

1851年にカール・フランツ・バリーは、弟とともに「Bally&Co」を設立。ゴム製リボンとサスペンダーの製造業を引き継ぐ形でリボンメーカーから開始。パリに出張した際に見たパリジェンヌの靴に魅了され、靴の開発をスタートさせる。

その後、工場設立、スチーム機の導入などに始まる生産ライン確立と着々と規模を拡大し、1870年代には、アメリカやイギリスの最新の技術を取り入れ、製造工程の効率化に成功。効率的な生産のみならず、素材の品質と、洗練されたデザインでバリーの靴は、高級品として取り扱われた。その後、イギリス、フランス、ドイツなどヨーロッパ各地に進出。この頃には年間で200万足を生産するまでに成長した。

1900年代、レジャーなどの普及もあり、機能性の高い、パンプスがスポーツウェアとの組み合わせで、人気となる。1907年株式公開。

その後、2度の大戦と世界恐慌をは挟んで、打撃を受けるものの、スポーツテイストの機能的な靴でさまざまな場所でバリーの靴は用いられ、50年代には、エレガントなメンズのドレスシューズ、「スクリープ」がヒット。この時期、ブランドとしても成長を取り戻す。

1976年、服(アパレル)とハンドバックおよびレザー製品のアクセサリーをブランドのラインナップに追加。77年には創業家一族から会社が離れる。88年、日本でバリージャパンが設立。この時期ライセンスの量産でブランドとしての価値がやや低迷(80年代はクリスチャン ディオールピエール カルダンなども同様の問題を抱えていた。)

1999年に、世界有数の投資会社テキサス・パシフィックグループが資本参加。2001年新CEOマルコ・フランキーニが就任。インターナショナルデザインチームを結成、「最上の最高の日常着」をテーマに、全世界のイメージを統一、またバッグ、プレタポルテも含めたトータル・ファッション・ブランドへと進んでゆく。バリーは都会的なイメージのブランドへと変わり出す。

2001年にクリエイティブ・ディレクターにサルヴァトーレ フェラガモで経験を積んだスコット・フェローズが就任するも、2002年に辞任。その後、メンズ全般とレディースのプレタポルテはジョン ガリアーノのもとで働いていたLuca Ragonese(Luca Ragoneseは2006年37歳の若さで死去)が就任、レディスアクセサリーはメリッサ・メイッシュが就任した。

2008年秋冬コレクションからブライアン アトウッドがクリエイティブディレクターに就任。(ブライアンアトウッド:ヴェルサーチで靴を中心としたアクセサリーラインを手掛けた後、独立し自身のブランドを立ち上げていた。)

2010年4月、アクアスキュータムのヘッドデザイナーを務めたマイケル・ヘルツとグラエム・フィドラーがクリエイティブ・ディレクターに就任。バリーの伝統を重んじながらもモダンさをプラスしたデザインを打ち出す。

2014-15年秋冬コレクションよりデザインディレクターに、セリーヌトム フォードでキャリア経験のあるパブロ・コッポラを起用。アイウェアなどを含むメンズ・ウィメンズ、全てのコレクションのデザインを担当する。

2016年、世界最大の旗艦店が「東急プラザ銀座」にオープン。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.bally.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

バリー取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介