SOREL

ソレル

ブランドのはじまり

1908年、「耐久性と快適性の両立」をテーマに、カナダのオンタリオ州でブーツブランドとして「SOREL(ソレル)」が誕生する。

ソレルについて

「SOREL(ソレル)」は、カナダのオンタリオ州に1908年ウィリアム・H・カウフマン社より誕生したブーツブランド。当時のカナダでは、「耐久性と快適性の両立」をキーワードにしたウインターブーツの開発は、まだ進んでおらず、極寒地で暮らす人々にSORELのリリースは大きな衝撃を与えた。

1960年初期、世界に先駆けてレザーアッパーにラバーボトム、着脱可能なフェルトライニングという革新的なコンビネーションのウインターブーツを発売する。このブーツは現在でもウインターブーツのスタンダードの原型として世界中に広まっている。

ウインターユースに信頼性の高いクラシックモデルやスノートラベルに対応するライトウエイトなモデル、スノーシューイングなどのスノーアクティビティに対応するハイスペックなモデルなど、今では幅広いアイテム展開を見せている。

SORELのウインターブーツは、その機能性・快適性に加え優れたデザインから、スポーツ店以外にも、大手セレクトショップ等でも取り扱われている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.sorel.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ソレル取り扱い店舗

Data - ソレルの関連データ

用語: アッパー フェルト

ブランド・デザイナー紹介