menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介

展覧会「芳幾・芳年─国芳門下の2大ライバル」が、東京・丸の内の三菱一号館美術館にて、2023年2月25日(土)から4月9日(日)まで開催される。

国芳門下の絵師、芳幾・芳年を紹介

月岡芳年《藤原保昌月下弄笛図》1883年(明治16年) 北九州市立美術館
月岡芳年《藤原保昌月下弄笛図》1883年(明治16年) 北九州市立美術館

最後の浮世絵師の世代に属するふたりの絵師、落合芳幾(おちあい よしいく)と月岡芳年(つきおか よしとし)。ともに、江戸後期を代表する浮世絵師である歌川国芳(うたがわ くによし)の門下で腕を磨いた芳幾と芳年は、幕末には良きライバルとして人気を二分するも、明治期に入ると、芳幾は毎日新聞の前身である「東京日々新聞」の新聞錦絵を手がけるようになる一方、芳年は国芳から継承した武者絵を展開し、歴史的な主題の浮世絵を描いた。

落合芳幾《英名二十八衆句 鳥井又助》1867年(慶応3年) 西井コレクション
落合芳幾《英名二十八衆句 鳥井又助》1867年(慶応3年) 西井コレクション

展覧会「芳幾・芳年─国芳門下の2大ライバル」では、幕末から明治期にかけて、浮世絵師として活躍した落合芳幾と月岡芳年の全貌を紹介。貴重な個人コレクションを中心に、「英名二十八衆句」など、芳幾と芳年の浮世絵を公開するとともに、これまで紹介される機会の少なかったふたりの肉筆画も展示する。

芳幾と芳年、画業の展開

落合芳幾《太平記英勇伝 明智日向守光秀》1867年(慶応3年) 浅井コレクション[展示替えあり]
落合芳幾《太平記英勇伝 明智日向守光秀》1867年(慶応3年) 浅井コレクション[展示替えあり]

江戸後期から幕末にかけての浮世絵界で隆盛を誇った歌川派。その黄金期を築いた国芳は、ダイナミックな武者絵や奇抜な発想の風刺画などを幅広く手がけて人気を博しており、門人も多数抱えていた。その門人のなかでも筆頭と目されるようになったのが、芳幾と芳年であった。

月岡芳年《芳年武者旡類 源牛若丸 熊坂長範》1883年(明治16年) 浅井コレクション
月岡芳年《芳年武者旡類 源牛若丸 熊坂長範》1883年(明治16年) 浅井コレクション

たとえば武者絵を見ると、芳幾の作品は、モデルを正面から捉えてその余白に物語を記述するというように、師の作風を忠実に受け継ぐものである。これに対して芳年の作品では、背景を無地とすることでモデルを際立てるとともに、見上げるような視点をとってダイナミックな効果をあげている。作風の点では、写生を重視して風刺を得意とした芳幾こそが国芳の正当な継承者であったものの、かれ自身は新聞錦絵という新しい領域に進むことに。一方、国芳の武者絵を継承した芳年は、浮世絵にこだわり、歴史画の新たな境地を切り拓くこととなる。本展では、ふたりの作品の展示を通して、芳幾と芳年が師・国芳から何を摂取し、画業を展開していったのかを探ってゆく。

メディア転換期における浮世絵

落合芳幾《東京日々新聞111号》1874年(明治7年) 毎日新聞社新屋文庫
落合芳幾《東京日々新聞111号》1874年(明治7年) 毎日新聞社新屋文庫

そもそも、江戸期に隆盛を極めた浮世絵は、版元を中心に、絵師、彫師、摺師の緊密な協働によって展開される一大メディアであった。しかし明治期に入り、西洋からもたらされた石版画や写真などの新技術、そして新聞や雑誌といった新しいメディアが広まると、版元体制が解体されてゆき、浮世絵の存続も危ういものとなった。本展では、こうした激動の時代にあって、芳幾や芳年、そして「光線画」で知られる小林清親といった「最後の浮世絵師」と呼ばれる世代が、いかにして浮世絵の生き残りを試みたのかにも光をあてる。

展覧会概要

展覧会「芳幾・芳年─国芳門下の2大ライバル」
会期:2023年2月25日(土)~4月9日(日) 会期中に展示替えあり
会場:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00~18:00(金曜日、会期最終週平日、および第2水曜日は21:00まで)
※入館はいずれも閉館30分前まで
休館日:3月6日(月)・13日(月)・20日(月)
入館料:一般 1,900円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 無料
※障がい者手帳の所持者は半額、付添者は1名まで無料
※前売券:一般のみ1,700円(2⽉24⽇(金)まで販売。販売開始⽇は決まり次第展覧会サイトにて告知)
※マジックアワーチケット(毎月第2水曜日の17:00以降にかぎり適用):1,200円(実施月の1日に展覧会公式オンラインチケットサイトにて販売開始)
※⽇時指定予約不要
※各時間の入場人数に上限を設定
※会期や開館時間などは変更となる場合あり

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(17枚)

“最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真1 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真2 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真3 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真4 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真5 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真6 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真7 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真8 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真9 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真10 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真11 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真12 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真13 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真14 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真15 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真16 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真17

Photos(17枚)

“最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真1 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真2 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真3 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真4 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真5 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真6 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真7 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真8 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真9 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真10 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真11 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真12 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真13 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真14 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真15 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真16 “最後の浮世絵師”落合芳幾と月岡芳年の展覧会が三菱一号館美術館で - 貴重な浮世絵から画業を紹介|写真17

キーワードから探す

関連ショップ・スポット