menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に

企画展「ゲルハルト・リヒター」が、愛知の豊田市美術館にて、2022年10月15日(土)から2023年1月29日(日)まで開催される。東京国立近代美術館でも開催された巡回展だ。

ゲルハルト・リヒター、日本で16年ぶりの回顧展

《アブストラクト・ペインティング》2017年[CR 952-4] 油彩、キャンバス 200×250cm 作家蔵
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)
《アブストラクト・ペインティング》2017年[CR 952-4] 油彩、キャンバス 200×250cm 作家蔵
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)

現代でもっとも重要な画家として知られている、ゲルハルト・リヒター。1932年、ドイツ・ドレスデンに生まれたリヒターは、ベルリンの壁が作られる直前の1961年に西ドイツへ移住、「資本主義リアリズム」と呼ばれる運動のなかで独自の表現を発表して注目を集めた。その後、イメージの成立条件を再考する作品をさまざまな手法によって手がけ、世界的に評価されてゆくことになる。

《モーターボート(第1ヴァージョン)》1965年[CR 79a] 油彩、キャンバス 169.5×169.5cm ゲルハルト・リヒター財団蔵
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)
《モーターボート(第1ヴァージョン)》1965年[CR 79a] 油彩、キャンバス 169.5×169.5cm ゲルハルト・リヒター財団蔵
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)

企画展「ゲルハルト・リヒター」は、1960年代の初期作品から最新作までが一堂に会する回顧展。新聞や雑誌に掲載されていた写真をもとに、ブレやボケのような効果を加えて描いた「フォト・ペインティング」から、ガラスや鏡を用いた作品、小さな写真の上に絵具を塗り付けた「オイル・オン・フォト」、そして「アブストラクト・ペインティング」まで、約140点の作品を紹介する。

《ビルケナウ》日本初公開

《ビルケナウ》2014年[CR 937/1‐4] 油彩、キャンバス ゲルハルト・リヒター財団
ドレスデン・アルベルティヌム美術館での展示風景(2015年)
Photo: David Brandt, courtesy Gerhard Richter Archive, Dresden
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)
《ビルケナウ》2014年[CR 937/1‐4] 油彩、キャンバス ゲルハルト・リヒター財団
ドレスデン・アルベルティヌム美術館での展示風景(2015年)
Photo: David Brandt, courtesy Gerhard Richter Archive, Dresden
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)

特に本巡回展は、ショアー(ホロコースト)を題材とした巨大な抽象画4点から構成され、近年の最重要作とされる《ビルケナウ》が日本で公開される初の機会。リヒターはその活動初期より幾たびか、ショアーを主題に作品を制作しようと試みてきたものの断念してきた。2014年に完成された《ビルケナウ》は、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所で密かに撮影された写真のイメージを起点に、絵具のレイヤーを重ねた作品であり、リヒターにとっての到達点となった。会場ではこの《ビルケナウ》を、同寸の4点の複製写真、そして大きな横長の鏡の作品《グレイの鏡》とあわせて展示する。

豊田会場では2022年の最新作も展示

《ムード(2022年1月7日(1))》2022年 写真 作家蔵
©︎Gerhard Richter  2022 (07062022)
《ムード(2022年1月7日(1))》2022年 写真 作家蔵
©︎Gerhard Richter 2022 (07062022)

また、豊田会場の特別出品として、2022年の最新作も展示。リヒターは2017年に絵画制作からの「引退」を宣言してたものの、2022年5月、スイスのバイエラー美術館での個展で鮮やかな色彩の水彩画を発表した。本展では、この水彩作品の写真エディションを新たに加えて、東京会場で公開された2021年のドローイング作品とともに、リヒターの最新の展開に光をあてる。

展覧会概要

企画展「ゲルハルト・リヒター」
会期:2022年10月15日(土)〜2023年1月29日(日)
会場:豊田市美術館
住所:愛知県豊田市小坂本町8-5-1
開館時間:10:00〜17:30(入場は17:00まで)
休館日:月曜日(2023年1月9日(月・祝)は開館)、年末年始(2022年12月28日(水)〜2023年1月4日(水))
※会期、関連事業の内容、来館者の受入態勢などは変更となる場合あり(最新情報については美術館ウェブサイトにて確認のこと)

■観覧料
・前売券
一般 1,400円、高校・大学生 800円、中学生以下 無料
販売場所:T-FACE B館2階インフォメーション(10月14日(金)まで)、オンライン(9月17日(土)10:00から10月14日(金)まで)
・当日券
一般 1,600円、高校・大学生 1,000円、中学生以下 無料
※当日券のオンラインチケットは100円割引、20名以上の団体は200円割引(他の割引との併用不可)
※豊田市内在住または在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上、障がい者手帳の所持者(介添者1名含む)は無料(要証明)
※その他、観覧料の減免対象者および割引などについては、美術館ウェブサイトを参照

【問い合わせ先】
豊田市美術館
TEL:0565-34-6610

Photos(13枚)

ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真1 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真2 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真3 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真4 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真5 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真6 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真7 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真8 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真9 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真10 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真11 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真12 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真13

Photos(13枚)

ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真1 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真2 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真3 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真4 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真5 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真6 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真7 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真8 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真9 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真10 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真11 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真12 ゲルハルト・リヒターの回顧展が豊田市美術館で - 大作《ビルケナウ》日本初公開、初期〜最新作が一堂に|写真13

キーワードから探す

関連ショップ・スポット