menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介

特別企画展「和菓子、いとおかし─大阪と菓子のこれまでと今─」が、大阪歴史博物館にて、2022年7月16日(土)から9月4日(日)まで開催される。

大阪の和菓子文化を紹介

『虎製帖』より「夏木立」 江戸時代 株式会社 鶴屋八幡蔵
『虎製帖』より「夏木立」(画面左) 江戸時代 株式会社 鶴屋八幡蔵

茶の湯を好んだことでも知られる豊臣秀吉は、大坂に喫茶(きっちゃ)の文化を根付かせた。茶道の発展に伴い菓子の製作技法や種類は多様化し、江戸時代になると、食の芸術品ともいえる茶菓子が次々と誕生。大阪は、和菓子のふるさとのひとつとでもいうべき地であったのだ。

『浪華家都東』 習忘斎竹窓編 1836年(天保7) 大阪歴史博物館蔵
『浪華家都東』 習忘斎竹窓編 1836年(天保7) 大阪歴史博物館蔵

特別企画展「和菓子、いとおかし─大阪と菓子のこれまでと今─」では、江戸時代の大坂の菓子舗「虎屋伊織」の伝統を継ぐ鶴屋八幡の協力のもと、和菓子にまつわるさまざまな資料を紹介。

『摂津名所図会』より「高麗橋虎屋春繭店」 秋里籬島編 1798年(寛政10) 大阪歴史博物館蔵
『摂津名所図会』より「高麗橋虎屋春繭店」 秋里籬島編 1798年(寛政10) 大阪歴史博物館蔵

菓子のデザインを記録した菓子絵図帖『虎製帖(こせいちょう)』や『浪華家都東(なにわのいえづと)』、当時の菓子文化を垣間見ることができる版本や絵画作品、そして職人が使用した菓子木型などを展示し、菓子の歴史と文化をひもとく。

展覧会概要

特別企画展「和菓子、いとおかし─大阪と菓子のこれまでと今─」
会期:2022年7月16日(土)〜9月4日(日)
会場:大阪歴史博物館 6階 特別展示室
住所:大阪府大阪市中央区大手前4-1-32
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:火曜日
観覧料:大人 600円(540円)、高校生・大学生 400円(360円)
※常設展示観覧料で観覧可
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)、障がい者手帳などの所持者(介護者1名含む)は無料

【問い合わせ先】
大阪歴史博物館
TEL:06-6946-5728

Photos(8枚)

特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真1 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真2 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真3 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真4 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真5 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真6 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真7 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真8

Photos(8枚)

特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真1 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真2 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真3 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真4 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真5 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真6 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真7 特別企画展「和菓子、いとおかし」大阪歴史博物館で、大阪の和菓子文化に着目して菓子絵図帖や絵画を紹介|写真8

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語