menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. 特集

2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト

2022年公開予定の最新洋画邦画から、ホラー映画&スリラー映画を紹介。ギレルモ・デル・トロ監督のスリラー映画や、日本の人気漫画を実写化したホラー映画など、2022年も注目作が目白押しになりそう。最新情報が到着するたび記事を更新するので、映画館に行く前に“恐怖”のウォッチリストをチェックしてみて。

2022年公開予定“最恐”ホラー映画&スリラー映画、洋画・邦画を一挙紹介

  1. “注目”の最新ホラー映画&スリラー映画
  2. ホラー映画
  3. サイコスリラー映画
  4. 心理スリラー映画
  5. サスペンススリラー映画
  6. エンタメ系ホラー映画

<おすすめの関連映画記事>
・2022年公開の「注目」映画>>こちら
・2022年公開の「邦画」特集>>こちら
・2022年公開の「洋画」特集>>こちら
・ホラー映画&スリラー映画の「名作集」>>こちら

“注目”の最新ホラー映画&スリラー映画

映画『X エックス』(2022年)

X エックス
©2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

公開日:2022年7月8日(金)

『へレディタリー/継承』『ミッドサマー』を世に送り出してきた気鋭スタジオA24の最新ホラー映画『X エックス』が公開へ。舞台となるのは、1979年、テキサス。3 組のカップルが映画の撮影に訪れたのは、史上最高齢の殺人夫婦が棲む家だった―。主演は『サスペリア』のミア・ゴス。

映画『LAMB/ラム』(2022年)

LAMB/ラム
©2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JÓHANNSSON

公開日:2022年9月23日(金)

A24が贈るホラー映画『LAMB/ラム』は、羊から産まれた“羊ではない何か”を羊飼いの夫婦が育てていくネイチャースリラー。壮大な自然が広がるアイスランドの田舎を舞台に、予測不可能なストーリーが展開される。

映画『NOPE/ノープ』(2022年)

NOPE/ノープ
©2021 UNIVERSAL STUDIOS

公開日:2022年8月26日(金)

スリラー映画『NOPE/ノープ』は、『ゲット・アウト』『アス』のジョーダン・ピールによる最新作。舞台となるのは、ハリウッド唯一の黒人経営の牧場。平穏な田舎町の牧場を、突然の脅威が襲う...。

映画『ナイトメア・アリー』(2022年)

ナイトメア・アリー
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

公開日:2022年3月25日(金)

映画『ナイトメア・アリー』は、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作となるサスペンス・スリラー。1946年出版の名作ノアール小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』を題材に、野心溢れる青年と謎めいた女性精神科医リリス・リッターの関係を描く。ブラッドリー・クーパーやケイト・ブランシェットが出演。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(2022年)

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

公開日:2022年1月28日(金)

映画『バイオハザード』シリーズ最新作、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、「バイオハザード」の原点を描く新章。1998年、<アンブレラ社>の拠点がある街ラクーンシティで、絶望が産声をあげる。ヨハネス・ロバーツ監督は、「ゲームシリーズに基づくホラー映画を目指した」とコメント。

映画『“それ”がいる森』(2022年)

“それ”がいる森
©2022「“それ”がいる森」製作委員会

公開日:2022年9月30日(金)

ホラー映画『“それ”がいる森』は、『リング』など数々のヒット作を生み出してきたジャパニーズホラーの名手・中田秀夫による最新作。不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、主人公たちが得体の知れない“それ”に遭遇する未知の恐怖を描く。相葉雅紀がホラー映画初出演。

映画『カラダ探し』(2022年)

カラダ探し
©2022「カラダ探し」製作委員会

公開日:2022年10月14日(金)

ホラー映画『カラダ探し』は、永遠にやり直しをさせられる恐怖の1日、明日を迎えるための唯一の方法“カラダ探し”といった謎に満ちた設定で人気を集める携帯小説を実写映画化するもの。主演の橋本環奈は、「単なるホラーではなくアクションシーンも多く見所も盛り沢山」と明かしている。

ホラー映画

映画『貞子DX』(2022年)

貞子DX
©2022『貞子DX』製作委員会

公開年:2022年

映画『貞子DX』は、世界的ホラーアイコン貞子シリーズの最新作。「99.9 –刑事専門弁護士-」シリーズの木村ひさし監督、『曇天に笑う』高橋悠也の脚本で、シリーズ“新機軸”へ突入する。主演・小芝風花が扮するIQ200の天才女子大生が、呪いのビデオ”の謎に迫る。

映画『牛首村』(2022年)

牛首村

公開日:2022年2月18日(金)

ホラー映画『牛首村』は、清水崇監督が手掛ける「恐怖の村」シリーズ第3弾。モデルKōki,が初主演&女優デビューを果たす。舞台となるのは、富山県魚津市に実在する北陸最恐心霊スポット・坪野鉱泉だ。

映画『ハッチング―孵化―』(2022年)

ハッチング―孵化―
© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

公開日:2022年4月15日(金)

『ハッチング―孵化―』は、北欧フィンランドで暮らす幸せな4人家族の中で感情を抑圧された少女・ティンヤが奇妙な卵を見つけ孵化させることから始まるホラー映画。卵が孵化したことで、家族のおぞましい真の姿がさらされていく...。

映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』(2022年)

ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス
©SZUPERMODERN STÚDIÓ

公開日:2022年2月4日(金)

ホラー映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』は、ハンガリーのアカデミー賞 国際⻑編映画部⾨代表作。霊が棲む“呪われた村”の秘密に、遺体写真家と少女が迫る。第⼀次世界⼤戦やスペイン⾵邪など、“史実”から構想しているのも注目ポイント。

映画『哭悲/THE SADNESS』(2022年)

哭悲/THE SADNESS
©2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

公開日:2022年7月1日(金)

映画『哭悲/THE SADNESS』は、世界各国のジャンル系映画祭を席巻した台湾のホラー映画。感染すると凶暴性を助長する謎のウイルスの感染拡大によって、暴力の溢れかえる“狂気の街”と化してしまった台湾を舞台に、再会を果たそうとする男女の運命を描く。

サイコスリラー映画

映画『ブラック・フォン』(2022年)

ブラック・フォン

公開日:2022年7月1日(金)

スリラー映画『ブラック・フォン』は、ジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・プロダクションズによる最新サイコスリラー。イーサン・ホーク演じる不気味な連続誘拐犯の手により、地下室に閉じ込められた少年フィニーと、そんな兄を探す妹グウェンを襲う恐怖を描く。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン(原題)』(2022年)

ドント・ウォーリー・ダーリン(原題)
オリヴィア・ワイルド公式インスタグラムより

公開年:2022年

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン(原題)』は、『リンクミッドサマー』のフローレンス・ピューと、シンガーとしても活躍するハリー・スタイルズがW主演を務めるサイコスリラー。女優でもあるオリヴィア・ワイルド監督の最新作だ。

Photos(3枚)

2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト|写真1 2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト|写真2 2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト|写真3

Photos(3枚)

2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト|写真1 2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト|写真2 2022年公開予定の「ホラー映画&スリラー映画」特集、洋画・邦画の“最恐”ウォッチリスト|写真3

キーワードから探す