menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック   /  
  5. [PR]

スリラー映画『ミッドサマー』太陽の沈まない村の“恐怖の祝祭”、気鋭監督アリ・アスター新作

ヘレディタリー/継承』を手掛けたアリ・アスターの最新作、映画『ミッドサマー』が、2020年2月21(金)にTOHO シネマズ 日比谷他にて全国公開。

『へレディタリー/継承』で世界を震撼させたアリ・アスター最新作

2018年公開の映画『へレディタリー/継承』で世界を恐怖の渦に巻き込み、その名をとどろかせた新鋭監督アリ・アスター。同作で「本物の天才」「恐怖映画の新たな神」とも評された彼は、現在ハリウッドの製作陣が”最も組みたいクリエイター”としても注目を集めている。

そんなアリ・アスターの最新作『ミッドサマー』は、美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないスウェーデン奥地で行われる、90年に一度の祝祭で起きる惨劇を描く“フェスティバル・スリラー”だ。暗闇とは真逆の明るい極色彩の祝典が、逆に恐ろしいことを予感させるという恐怖の歴史を覆すストーリーを、全シーンが伏線となる緻密な脚本でつくりあげた。

ストーリー

家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

『ミッドサマー』の見どころを解説

1.ホラー映画ではなく恋愛映画!?

『ミッドサマー』場面カット|写真4

実は監督自身の“失恋”がモチーフになっているという『ミッドサマー』。恋人との別れを経験した自分の姿を、主人公ダニー・アーダーに投影することで、物語を作り上げたという。アリ・アスターは「ホラーではなく恋愛映画」と言及したうえで、「カップルで見て欲しい」とコメントしている。

2.スウェーデンの小さな村が舞台

『ミッドサマー』場面カット|写真7

物語の舞台は、スウェーデンの奥地、人里離れた小さな村。監督アリ・アスターが民族的な資料や専門家たちへ綿密な調査を行い、スウェーデンの部族的な慣習を反映した楽園を作り上げた。牧歌的な村の中には、宿泊小屋や炊事場、神殿などの素朴な建物が並ぶ。

「観客が実際にその場にいて村の人々と一緒に祝っていると感じられるように、すべてのシーンで村の様々な部分を見せた」というアスターの狙い通り、映画が終わる頃には村の地形が直感的に分かるようになっており、鑑賞者は“恐怖の祝祭”に参加しているかのような没入感を得ることができる。

3.“美しいのに恐ろしい”白昼の悪夢

『ミッドサマー』場面カット|写真5

“ダークな映像で恐怖へ陥れる”というスリラー映画の常識を覆し、 降り注ぐ光や鮮やかな色彩で、“美しいのに恐ろしい”世界観を作り上げている点も、見どころの1つ。美しい映像が、若者たちに忍び寄る悪夢や衝撃的なクライマックスをより一層引き立て、観客の恐怖心を煽る。

楽園のような村で90年に1度の祝祭が行われるのは、真夜中でも日が沈まない“白夜”の季節。アスター自身が「永続的でしつこいくらいに明るい」と振り返るように、村には絶え間なく太陽の光が降り注ぐ。また、結束が固く喜びに満ちた村人たちは、真っ白なリネンのワンピースや、鮮やかな花々でしつらえた花冠を纏っている。

4.不気味な壁画がヒントに

『ミッドサマー』場面カット|写真8

宿泊小屋や住居に書かれた壁画、古代北欧風の文字を取り入れた衣装、聖典といった謎めいたモチーフも見逃せない。既に解禁された画像には、目から血を流しながら松明を手に持つ人々を描いた不気味な壁画が写し出されている。果たしてこの壁画は一体、何を意味しているのだろうか...。

物語の中にはこの他にも隠されたメッセージが多数潜んでおり、もう一度見直したくなる緻密な伏線が張り巡らされている。

アリ・アスター監督にインタビュー

アリ・アスター監督にインタビュー
写真中央)アリ・アスター

アリ・アスター監督は、失恋がモチーフになっていて、恋人と別れた時の自分の苦しみがモチーフになっていると話す。最新作『ミッドサマー』のほか、代表作『へレディタリー/継承』の制作の裏側や、彼の制作意欲をつき動かす原動力について聞いてきた。

“恐怖の祝祭”に参加する登場人物たち

『ミッドサマー』場面カット|写真3

主人公:ダニー・アーダー(フローレンス・ピュー)
主人公ダニーは、恋人のクリスチャンとの関係が上手くいかず、破局寸前の状態。さらに追い打ちをかけるように双極性障害の妹が一家心中をはかり、天涯孤独の身になった。クリスチャンや彼の友人たちに歓迎されていないことに気づきつつも、交換留学生ペレの故郷で90年に一度の祝祭に参加する。

圧倒的な絶望、トラウマ、不安、恐怖を味わう難しい役どころを演じるのは、イギリスで数々の映画賞を受賞し、ハリウッドに進出した注目の若手女優フローレンス・ピュー。

マーベルシリーズの最新作『ブラック・ウィドウ』では主人公スカーレット・ヨハンソンと共に活躍する新ヒーロー・イェレナ役を演じ、シアーシャ・ローナンやエマ・ワトソンら豪華キャストを迎えて小説『若草物語』を実写化する『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』にも出演している。

『ミッドサマー』場面カット|写真6

Photos(12枚)

『ミッドサマー』場面カット|写真1 『ミッドサマー』場面カット|写真2 『ミッドサマー』場面カット|写真3 『ミッドサマー』場面カット|写真4 『ミッドサマー』場面カット|写真5 『ミッドサマー』場面カット|写真6 『ミッドサマー』場面カット|写真7 『ミッドサマー』場面カット|写真8 『ミッドサマー』場面カット|写真9 『ミッドサマー』場面カット|写真10 『ミッドサマー』場面カット|写真11 『ミッドサマー』場面カット|写真12

Photos(12枚)

キーワードから探す

関連用語