menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介

展覧会「はじまりから、いま。1952-2022 アーティゾン美術館の軌跡─古代美術、印象派、そして現代へ」が、東京のアーティゾン美術館にて、2022年1月29日(土)から4月10日(日)まで開催される。

コレクション代表作約170点を一挙紹介

藤島武二《黒扇》1908-09年 重要文化財
藤島武二《黒扇》1908-09年 重要文化財

アーティゾン美術館が2020年に誕生してから2年、その前身であるブリヂストン美術館の開館から70年を迎える。そのコレクションである石橋財団コレクションは、創設者石橋正二郎の個人コレクションを基としつつ、現在も発展し続けている。

クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃
クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃

展覧会「はじまりから、いま。1952-2022 アーティゾン美術館の軌跡─古代美術、印象派、そして現代へ」では、古代美術、西洋・日本近代美術、抽象表現主義や現代美術、そして日本東洋古美術など、多彩なジャンルから構成される石橋財団コレクションが形成される歴史に着目しつつ、代表的な作品約170点を紹介する。

古代美術から西洋・日本の近代美術、現代美術まで

ギリシア《ヴィーナス》ヘレニズム時代(紀元前323-30年)
ギリシア《ヴィーナス》ヘレニズム時代(紀元前323-30年)

会場では、クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》といった西洋近代絵画から、藤島武二《東洋振り》や《黒扇》(重要文化財)をはじめとする日本近代洋画、ヘレニズム時代の《ヴィーナス》など古代美術、20世紀の抽象絵画や現代美術、そして日本東洋古美術まで、多岐にわたるコレクション作品を展示する。

新収蔵作品《平治物語絵巻 常磐巻(ときわのまき)》を初公開

《平治物語絵巻 常磐巻》(部分) 鎌倉時代13世紀 重要文化財
《平治物語絵巻 常磐巻》(部分) 鎌倉時代13世紀 重要文化財

日本の古美術では、新収蔵作品《平治物語絵巻 常磐巻(ときわのまき)》(重要文化財)を初公開。同作はやまと絵の特徴を示す鎌倉時代13世紀に制作された作品であり、平清盛や常盤御前、牛若などが繰り広げるドラマティックなストーリーを目にすることができる。

ザオ・ウーキーの抽象絵画

また、戦後フランスの抽象絵画では、中国出身の画家ザオ・ウーキーの《無題》や《07.06.85》を紹介。ザオ・ウーキーは、東洋と西洋が融合した独自の画風を打ち立て、戦後のパリ画壇で確固たる地位を確立した。なかでも《無題》は、長さ3.7mを超える中国紙に墨で描かれた大作であり、展示されるのは14年ぶりとなる。

アーカイブ資料も展示

加えて、これまでに開催された展覧会のポスター、開館以来続く土曜講座の記録、そして美術映画シリーズなど、さまざまなアーカイブ資料を通して、美術館の活動の歴史にも光をあてる。

展覧会概要

展覧会「はじまりから、いま。1952-2022 アーティゾン美術館の軌跡─古代美術、印象派、そして現代へ」
会期:2022年1月29日(土)〜4月10日(日)
会場:アーティゾン美術館 6・5・4階展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
開館時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(3月21日(月・祝)は開館)、3月22日(火)
入館料:ウェブ予約チケット 1,200円、当日チケット(窓口販売) 1,500円、学生無料(要ウェブ予約)
※日時指定予約制(2021年11月29日(月)よりウェブ予約開始)
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※中学生以下はウェブ予約不要
※内容は変更となる場合あり(最新情報については美術館ウェブサイトを確認のこと)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(6枚)

アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真1 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真2 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真3 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真4 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真5 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真6

Photos(6枚)

アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真1 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真2 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真3 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真4 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真5 アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介|写真6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
2021.9.18(土)~2021.11.3(水)
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示
2021.11.23(火)~2022.1.30(日) 開催予定
“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示
金沢21世紀美術館「コレクション展2  BLUE」現代美術の“青”に着目して15人の現代作家を紹介
2021.11.20(土)~2022.5.8(日) 開催予定
金沢21世紀美術館「コレクション展2 BLUE」現代美術の“青”に着目して15人の現代作家を紹介
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介
2021.11.19(金)~2022.4.17(日) 開催予定
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧