menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観

展覧会「宮崎学 イマドキの野生動物」が、東京都写真美術館にて、2021年8月24日(火)から10月31日(日)まで開催される。

“自然界の報道写真家”宮崎学の活動をたどる

《ツキノワグマのカメラマン、長野県、中央アルプス》〈イマドキの野生動物〉より 2006年 作家蔵
《ツキノワグマのカメラマン、長野県、中央アルプス》〈イマドキの野生動物〉より 2006年 作家蔵

宮崎学は、中央アルプスの麓、上伊那郡南向村(現・中川村)に生まれた写真家だ。伊那谷の豊かな自然環境を活かして、1972年にフリーの写真家として活動を始め、現在も「自然界の報道写真家」として日本中の自然を観察している。

《巣立ちが近いヒナ》〈フクロウ〉より 1982-1988年 東京都写真美術館蔵
《巣立ちが近いヒナ》〈フクロウ〉より 1982-1988年 東京都写真美術館蔵

宮崎は、哺乳類や猛禽類の撮影において独自の分野を切り拓いてきた。また、動物の生態を通して人間社会を考察する社会性のあるテーマにも取り組んでいる。東京都写真美術館初の大規模個展となる「宮崎学 イマドキの野生動物」では、初期作品から最新作までを展示し、その活動の軌跡をたどる。

7シリーズ・210点の作品を紹介

《ニホンザル》〈君に見せたい空がある〉より 2020-21年 作家蔵
《ニホンザル》〈君に見せたい空がある〉より 2020-21年 作家蔵

本展では、初期の〈ニホンカモシカ〉から、初公開となる最新作〈新・アニマルアイズ〉〈君に見せたい空がある〉まで、宮崎が手がけた全7シリーズ・210点を一挙紹介。「文章で長々と語るより一枚の写真から何百字、何千字という言葉を紡ぎ出せるような撮影を心がけた。」と宮崎が自ら語るように、会場では独自の自然観に基づいて「野生動物のイマ」を伝える写真表現にふれることができる。

ロボットカメラが捉えた野生動物の姿

《テン》〈けもの道〉より 1976-1977年 東京都写真美術館蔵
《テン》〈けもの道〉より 1976-1977年 東京都写真美術館蔵

宮崎は、野生動物の通り道に自作のロボットカメラを設置し、そこに現れる野生動物を無人で撮影することで、人間の存在を意識しない動物の素の表情や知られざる生態を捉えることに成功。その試みは、1976年から現在も続いている。

〈新・アニマルアイズ〉より 2018-2021年 作家蔵
〈新・アニマルアイズ〉より 2018-2021年 作家蔵

本展では、〈けもの道〉、〈倒木のけもの道〉、〈岩田の森のけもの道〉という3シリーズを紹介。さらに、「動物たちの住む森を動物の目線で見る」というコンセプトのもと、動物が残す痕跡を注意深く読み解き、人間の目が及ばない瞬間をロボットカメラによって捉えた最新作〈新・アニマルアイズ〉も、世界初公開となる。

「死」に着目した作品

《冬のリスはタヌキの死体から動物脂肪を求めていた》〈死を食べる〉より 2012-2015年 作家蔵
《冬のリスはタヌキの死体から動物脂肪を求めていた》〈死を食べる〉より 2012-2015年 作家蔵

宮崎は、生きものの「死」とは「いのち」と等しく重要なものであると捉えている。会場では、「死」に着目した宮崎作品も展示。森のなかで起こる、野生動物の死をめぐるドラマを克明に捉えたシリーズ、〈死〉と〈死を食べる〉を、時系列で紹介する。

展覧会概要

展覧会「宮崎学 イマドキの野生動物」
会期:2021年8月24日(火)〜10月31日(日)
会場:東京都写真美術館 2階展示室
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(8月30日(月)、9月20日(月・祝)は開館)、9月21日(火)
観覧料:一般 700円、大学・専門学校生 560円、中高生・65歳以上 350円
※一般のみオンラインによる事前予約が可能
※学生、中高生・65歳以上、各種割引チケットの購入者、無料対象者(小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳の所持者と介護者(2名まで)、招待券・年間パスポートの所持者)は、オンラインチケット対象外
※内容は変更となる場合あり(最新情報は美術館ホームページを確認のこと)

【問い合わせ先】
東京都写真美術館
TEL:03-3280-0099

Photos(8枚)

“自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真1 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真2 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真3 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真4 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真5 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真6 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真7 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真8

Photos(8枚)

“自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真1 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真2 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真3 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真4 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真5 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真6 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真7 “自然界の報道写真家”宮崎学の大規模個展、東京都写真美術館で - 野生動物の素顔を伝える活動を概観|写真8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京駅でお土産探しなら「東京ギフトパレット」へ、人気店から新ブランドまでおすすめスイーツ紹介
東京駅でお土産探しなら「東京ギフトパレット」へ、人気店から新ブランドまでおすすめスイーツ紹介
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
2021年にオープンする美術館 - 施設情報を紹介、展覧会の開催スケジュールも
2021年にオープンする美術館 - 施設情報を紹介、展覧会の開催スケジュールも

スケジュール

「こわいな!恐怖の美術館」展が熊本市現代美術館で、“恐怖や不安”と向き合うアートや“お化け屋敷”体験
2021.9.25(土)~2021.12.5(日)
「こわいな!恐怖の美術館」展が熊本市現代美術館で、“恐怖や不安”と向き合うアートや“お化け屋敷”体験
展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿
2021.9.25(土)~2022.2.13(日)
展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿
企画展「版画の見かた」町田市立国際版画美術館で、技法・表現・歴史に着目して“版画鑑賞のポイント”を紹介
2021.9.25(土)~2021.12.5(日)
企画展「版画の見かた」町田市立国際版画美術館で、技法・表現・歴史に着目して“版画鑑賞のポイント”を紹介
京都市京セラ美術館初の大規模建築展「モダン建築の京都」- 古都に息づく明治〜昭和の名建築を紹介
2021.9.25(土)~2021.12.26(日)
京都市京セラ美術館初の大規模建築展「モダン建築の京都」- 古都に息づく明治〜昭和の名建築を紹介
安藤忠雄の平面作品に着目した展覧会、寺田倉庫・ワットミュージアムで - 初期建築作品のスケッチなど
2021.9.25(土)~2022.2.13(日)
安藤忠雄の平面作品に着目した展覧会、寺田倉庫・ワットミュージアムで - 初期建築作品のスケッチなど
 スケジュール一覧