menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介

展覧会「マン・レイと女性たち」が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2021年7月13日(火)から9月6日(月)まで開催される。

“女性”に焦点を合わせてマン・レイ作品を紹介

《アングルのヴァイオリン》1924年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374
《アングルのヴァイオリン》1924年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

ダダイズムやシュルレアリスムの美術家として活躍したマン・レイ。ニューヨーク、パリ、ハリウッド、そして再びパリと活動の場を変えていくなかで、マン・レイは数多くの女性と出会い・別れを繰り返し、彼女たちをモデルに魅惑的な写真作品を生みだした。

《眠る女(ソラリゼーション)》1929年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374
《眠る女(ソラリゼーション)》1929年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

展覧会「マン・レイと女性たち」では、マン・レイの生涯を4つの時期に分け、交友を持った女性に着目しつつ写真作品などを紹介。20世紀のさまざまな芸術潮流やファッションとの交錯から生まれた、マン・レイの作品250点超を展示する。

女性たちを捉えた写真作品

《リー・ミラー》1930年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374
《リー・ミラー》1930年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

1890年にフィラデルフィアで生まれ、ニューヨークで既成の価値の破壊を試みるダダイストとして活動していたマン・レイは、1921年、文化・芸術の中心地であったパリへ渡り、芸術家、文学者、モード界や社交界の人びとと交流しつつ暮らした。

《天文台の時刻に─恋人たち》1934/1967年 リトグラフ(多色) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374
《天文台の時刻に─恋人たち》1934/1967年 リトグラフ(多色) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

本展では、藤田嗣治らエコール・ド・パリの芸術家のモデルとなって注目を浴びたキキ・ド・モンパルナスや、20歳前にはモデルとして『ヴォーグ』誌の表紙を飾ったリー・ミラーなど、マン・レイの恋人となった人物、そして女性アーティストをモデルにした写真作品を紹介。また、リー・ミラーとの別れののち、2年の歳月をかけて完成させた油彩画大作に基づく版画《天文台の時刻に─恋人たち》も展示する。

マン・レイとファッション

《黒と白》1926年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374
《黒と白》1926年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

マン・レイはパリに移住後まもなく、ポール・ポワレの衣裳コレクションを撮影する機会を得て以来、ファッション写真家としても活動。モデルをオブジェのように捉えたり、写真の新技術を取り入れたりするなど、斬新な写真作品を手がけた。会場では、マン・レイの交友の広さを示すポートレートに加えて、人気を博したファッション写真の数々、そして当時のドレスやジュエリーも目にすることができる。

オブジェの作品世界

《マン・レイ作のマネキン人形》1938年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374
《マン・レイ作のマネキン人形》1938年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

マン・レイは写真家として高い名声を獲得する一方で、画家や映画作家などとしても幅広く活動した。とりわけ、1910年代のニューヨーク時代から、オブジェ作品も活発に手がけていた。本展では、《マン・レイ作のマネキン人形》などを展示して、女性たちをテーマにマン・レイが展開したオブジェ作品の世界を紹介する。

展覧会概要

展覧会「マン・レイと女性たち」
会期:2021年7月13日(火)〜9月6日(月)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
休館日:7月20日(火)
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は21:00まで)
※入館は閉館30分前まで
入館料:一般 1,700円(1,500円)、大学・高校生 800円、中学・小学生 500円、未就学児 無料
※価格はいずれも税込
※( )内は前売料金
※大学・高校生、中学・小学生は当日券のみの取り扱い
※学生券を購入する場合は、学生証を提示(小学生のぞく)
※障がい者手帳の提示で本人と付添者1名は半額、当日窓口にて購入
※前売券は、4月16日(金)から7月12日(月)まで、オンラインチケット MY Bunkamura、Bunkamura ザ・ミュージアム、Bunkamura チケットセンター、およびチケットぴあにて販売
※状況により、会期・開館時間などは変更となる可能性あり(最新情報はBunkamuraホームページにて確認)

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(10枚)

展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像1 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像2 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像3 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像4 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像5 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像6 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像7 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像8 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像9 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像10

Photos(10枚)

展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像1 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像2 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像3 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像4 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像5 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像6 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像7 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像8 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像9 展覧会「マン・レイと女性たち」Bunkamura ザ・ミュージアムで、“女性”に着目して写真などを紹介 画像10

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト31選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
原宿の古着屋ベスト31選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品

スケジュール

展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」SOMPO美術館で、モネなどでたどる近代フランス風景画
2021.6.25(金)~2021.9.12(日)
展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」SOMPO美術館で、モネなどでたどる近代フランス風景画
展覧会「ルネ・ラリック リミックス」東京都庭園美術館で、希少な初期のジュエリーやガラス工芸品など
2021.6.26(土)~2021.9.5(日)
展覧会「ルネ・ラリック リミックス」東京都庭園美術館で、希少な初期のジュエリーやガラス工芸品など
ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡
2021.6.26(土)~2021.8.29(日)
ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡
展覧会「アイヌの装いとハレの日の着物」渋谷区立松濤美術館で - 多彩なアイヌ文様の着物などを紹介
2021.6.26(土)~2021.8.9(月)
展覧会「アイヌの装いとハレの日の着物」渋谷区立松濤美術館で - 多彩なアイヌ文様の着物などを紹介
「貝殻旅行─三岸好太郎・節子展─」北海道立三岸好太郎美術館で - ふたりの洋画家の歩みを紹介
2021.6.26(土)~2021.9.1(水)
「貝殻旅行─三岸好太郎・節子展─」北海道立三岸好太郎美術館で - ふたりの洋画家の歩みを紹介
 スケジュール一覧