menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術

展覧会「まちへ出よう展 〜それは水の波紋から始まった〜」が、東京のワタリウム美術館にて、2021年2月7日(日)から6月6日(日)まで開催される。

「水の波紋95」展から広がる波紋

ホワン・ヨンピン《竹帚(たけぼうき)》1995年
ホワン・ヨンピン《竹帚(たけぼうき)》1995年

東京の旧都営青山北町アパート。そこには高さ20mの給水塔があり、中国人アーティストのホワン・ヨンピンは、竹でできた5mの大仏を設置した。大仏には100個以上の小さな鈴が取り付けられ、夏の夕暮れ時、一陣の風に誘われて鈴の音が響きわたるのだった──

これは、次々と画期的な展覧会を発信していたキュレーター、ヤン・フートとワタリウム美術館の協働により、1995年に開催された「水の波紋95」展の様子である。同展では、青山と原宿の街全体を会場に、街中の40箇所に現代美術作品を設置。会期中、そこには不思議な空気が満ちあふれ、水面に落ちた雫が波紋を広げゆくかのように、街の人びとの心にふれたのであった。

キース・ヘリング《壁画》(部分) 1983 年
キース・ヘリング《壁画》(部分) 1983 年

展覧会「まちへ出よう展〜それは水の波紋から始まった〜」は、いま再び「水の波紋95」展を呼び起こす試みだ。1995年のこの展覧会で展示された作品とその源流をたどるとともに、2021年の現代アーティストが手掛けた作品もあわせて紹介する。

「水の波紋95」の展示作品

本展では、「水の波紋95」展に出品したアーティストから、ホワン・ヨンピンやロイデン・ラビノヴィッチ、蔡國強ら8人の作品を展示。ホワン・ヨンピンはかつてワタリウム美術館の入り口に、竹のほうきの作品《竹帚(たけぼうき)》を取り付けたが、本展では同作を「水の波紋95」と同様の方法で展示する。

「水の波紋95」、その源流と“次なる波紋”

ヴォルフガング・ライプ《タンポポの花粉》1990年
ヴォルフガング・ライプ《タンポポの花粉》1990年

また、会場では、グラフィティ・アートの先駆者キース・へリングや、幾何学的な構成によりミニマルアートを打ち立てたソル・ルウィット、社会と芸術の関係性を追求したヨーゼフ・ボイス、そしてアーティスト・グループのChim↑Pomなど、現代アーティスト8組の作品も展示。「水の波紋95」の源流と“次なる波紋”を探る。

国際展「水の波紋2021」も開催予定

なお、2021年4月28日(水)から5月30日(日)まで、国際展「水の波紋2021」が、東京・青山地区の屋外にて開催予定。JR、アピチャッポン・ウィーラセタクン+坂本龍一、ビル・ウッドロー、梅津庸一といったアーティストが参加する。

展覧会概要

展覧会「まちへ出よう展 〜それは水の波紋から始まった〜」
会期:2021年2月7日(日)〜6月6日(日)
会場:ワタリウム美術館
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
TEL:03-3402-3001
開館時間:11:00〜19:00
※当面のあいだ、水曜日の夜間開館は中止
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)は開館)
入館料:一般 1,200円、学生(25歳以下) 1,000円
※入場方法については美術館ホームページにて確認

■展示アーティスト
ロイデン・ラビノヴィッチ、フランツ・ウエスト、蔡國強(ツァイ・グオチャン)、ホワン・ヨンピン、デイヴィッド・ハモンズ、ジェイソン・ローズ、フェデリコ・フージ、ミロスワフ・バウカ〈以上「水の波紋95」より〉、松下徹、ソル・ルウィット、Chim↑Pom、キース・へリング、ヨーゼフ・ボイス、DIEGO、カールステン・ニコライ、ヴォルフガング・ライプ

■関連イベント
国際展「水の波紋2021」
会期:2021年4月28日(水)〜5月30日(日)〈予定〉
会場:青山地区の屋外
参加作家:JR(ジェイアール)、アピチャッポン・ウィーラセタクン+坂本龍一、ビル・ウッドロー、梅津庸一 ほか

Photos(3枚)

ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術 画像1 ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術 画像2 ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術 画像3

Photos(3枚)

ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術 画像1 ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術 画像2 ワタリウム美術館「まちへ出よう展」キース・へリングら16組が出品、“水の波紋”のように街に広がる美術 画像3

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧