menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介

展覧会「夢二デザイン1910-1930 ─千代紙から、銀座千疋屋の図案まで─」が、東京の竹久夢二美術館にて、2021年6月27日(日)まで開催される。なお、4月26日(月)から臨時休館していたが、6月2日(水)より再開。

夢二デザインの世界

『若草』表紙 竹久夢二・画 1920年代
『若草』表紙 竹久夢二・画 1920年代

センチメンタルな画風の美人画を描き、大正ロマンを代表する画家・詩人として知られる竹久夢二は、“かわいい”というキャッチコピーを使用し、自らデザインしたグッズを売り出す“グラフィックデザイナー”の先駆的存在でもあった。

夏姿 竹久夢二・画 1915年頃
「市松模様」の浴衣を装う夢二の恋人・笠井彦乃がモデル。展示では夢二が描いた着物の柄に注目したコーナーも。
夏姿 竹久夢二・画 1915年頃
「市松模様」の浴衣を装う夢二の恋人・笠井彦乃がモデル。展示では夢二が描いた着物の柄に注目したコーナーも。

夢二は、伝統と近代、そして和と洋の美術様式を交差させて、洗練されたデザインを幅広く手掛けた。そのジャンルは、千代紙や絵封筒といった身近な日用品から、雑誌や楽譜の表紙、そして商業図案に至るまで多岐にわたる。

『fruits』11月号表紙 竹久夢二・画 1929年
『fruits』11月号表紙 竹久夢二・画 1929年

展覧会「夢二デザイン1910-1930 ─千代紙から、銀座千疋屋の図案まで─」では、夢二の“グラフィックデザイナー”としての側面に着目し、1910年代から1930年代までのあいだに手掛けた作品を展示。西洋の美術様式からの影響を考察しつつ、夢二デザインの世界をひもとく。

日用品から商業図案まで

セノオ楽譜「薔薇は散り行く」竹久夢二・画 1926年
セノオ楽譜「薔薇は散り行く」竹久夢二・画 1926年

会場では、日本画「夏姿」に見るような着物の柄、75冊も手掛けることとなった文芸雑誌『若草』などの雑誌表紙、楽譜表紙、本の装幀、そして銀座千疋屋が月刊で発行した小冊子『fruits』のための図案など、約280点の作品を展示する。

同時代のデザイン作品も

また、参考展示である「夢二と同時代のデザイン」コーナーでは、杉浦非水、津田青楓恩地孝四郎、小林かいちなどによるデザイン作品も、あわせて楽しむことができる。

展覧会概要

展覧会「夢二デザイン1910-1930 ─千代紙から、銀座千疋屋の図案まで─」〈事前予約制〉
会期:2021年2月11日(木・祝)~6月27日(日)
※4月26日(月)〜6月1日(火)は臨時休館
※当初の会期2021年2月6日(土)〜5月30日(日)より変更、また終了会期も6月6日(日)より延長
※美術館ウェブサイトより要事前予約(電話でも可・予約枠が埋まっていな場合は当日券も販売)
会場:竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
TEL:03-5689-0462
休館日:月・火曜日(2月23日(火・祝)は開館)、2月24日(水)、臨時休館期間
開館時間:10:30〜16:30(入館は16:00まで)
入館料:一般 1,000円、大・高生 900円、中・小生 500円
※弥生美術館もあわせて観覧可
※会期・休館日は変更となる場合あり(最新の開館状況は、美術館公式ホームページ、SNSを確認)

Photos(11枚)

竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真1 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真2 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真3 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真4 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真5 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真6 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真7 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真8 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真9 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真10 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真11

Photos(11枚)

竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真1 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真2 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真3 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真4 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真5 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真6 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真7 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真8 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真9 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真10 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介|写真11

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
2021.9.18(土)~2021.11.3(水)
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
2021.11.13(土)~2022.1.30(日) 開催予定
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
2021.10.23(土)~2022.1.10(月)
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」根津美術館で、異色の代表作《夏秋渓流図屏風》誕生の秘密をひもとく
2021.11.3(水)~2021.12.19(日) 開催予定
特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」根津美術館で、異色の代表作《夏秋渓流図屏風》誕生の秘密をひもとく

スケジュール

「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、美術館「えき」KYOTOで - 街並みを描いた油彩画などを展示
2021.10.23(土)~2021.12.19(日)
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、美術館「えき」KYOTOで - 街並みを描いた油彩画などを展示
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
2021.10.23(土)~2021.12.22(水)
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
2021.10.23(土)~2021.12.12(日)
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
 スケジュール一覧