menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介

展覧会「夢二デザイン1910-1930 ─千代紙から、銀座千疋屋の図案まで─」が、東京の竹久夢二美術館にて、2021年2月11日(木・祝)から6月6日(日)まで事前予約制で開催される。なお、当初は2021年2月6日(土)から5月30日(日)までの会期を予定していたが、変更となった。

夢二デザインの世界

『若草』表紙 竹久夢二・画 1920年代
『若草』表紙 竹久夢二・画 1920年代

センチメンタルな画風の美人画を描き、大正ロマンを代表する画家・詩人として知られる竹久夢二は、“かわいい”というキャッチコピーを使用し、自らデザインしたグッズを売り出す“グラフィックデザイナー”の先駆的存在でもあった。

夏姿 竹久夢二・画 1915年頃
「市松模様」の浴衣を装う夢二の恋人・笠井彦乃がモデル。展示では夢二が描いた着物の柄に注目したコーナーも。
夏姿 竹久夢二・画 1915年頃
「市松模様」の浴衣を装う夢二の恋人・笠井彦乃がモデル。展示では夢二が描いた着物の柄に注目したコーナーも。

夢二は、伝統と近代、そして和と洋の美術様式を交差させて、洗練されたデザインを幅広く手掛けた。そのジャンルは、千代紙や絵封筒といった身近な日用品から、雑誌や楽譜の表紙、そして商業図案に至るまで多岐にわたる。

『fruits』11月号表紙 竹久夢二・画 1929年
『fruits』11月号表紙 竹久夢二・画 1929年

展覧会「夢二デザイン1910-1930 ─千代紙から、銀座千疋屋の図案まで─」では、夢二の“グラフィックデザイナー”としての側面に着目し、1910年代から1930年代までのあいだに手掛けた作品を展示。西洋の美術様式からの影響を考察しつつ、夢二デザインの世界をひもとく。

日用品から商業図案まで

セノオ楽譜「薔薇は散り行く」竹久夢二・画 1926年
セノオ楽譜「薔薇は散り行く」竹久夢二・画 1926年

会場では、日本画「夏姿」に見るような着物の柄、75冊も手掛けることとなった文芸雑誌『若草』などの雑誌表紙、楽譜表紙、本の装幀、そして銀座千疋屋が月刊で発行した小冊子『fruits』のための図案など、約280点の作品を展示する。

同時代のデザイン作品も

また、参考展示である「夢二と同時代のデザイン」コーナーでは、杉浦非水、津田青楓恩地孝四郎、小林かいちなどによるデザイン作品も、あわせて楽しむことができる。

展覧会概要

展覧会「夢二デザイン1910-1930 ─千代紙から、銀座千疋屋の図案まで─」〈事前予約制〉
会期:2021年2月11日(木・祝)~6月6日(日)
※当初の会期2021年2月6日(土)〜5月30日(日)より変更
※美術館ウェブサイトより要事前予約(電話でも可・予約枠が埋まっていな場合は当日券も販売)
会場:竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
TEL:03-5689-0462
休館日:月・火曜日(2月23日(火・祝)、5月3日(月・祝)・4日(火・祝)は開館)、2月24日(水)
開館時間:10:30〜16:30(入館は16:00まで)
入館料:一般 1,000円、大・高生 900円、中・小生 500円
※弥生美術館もあわせて観覧可
※会期・休館日は変更となる場合あり

Photos(11枚)

竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像1 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像2 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像3 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像4 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像5 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像6 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像7 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像8 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像9 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像10 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像11

Photos(11枚)

竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像1 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像2 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像3 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像4 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像5 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像6 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像7 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像8 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像9 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像10 竹久夢二美術館で「夢二デザイン1910-1930」展、“グラフィックデザイナー”としての夢二を紹介 画像11

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧