menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性

「多摩美の版画、50年」展が、東京の多摩美術大学美術館にて、2021年1月6日(水)から2月14日(日)まで開催される。

版画の特質とメディアとしての可能性

加納光於《開け、遮るものよ V》1991-1992年 ギャルリー東京ユマニテ蔵
加納光於《開け、遮るものよ V》1991-1992年 ギャルリー東京ユマニテ蔵

多摩美術大学で版画教育が始まった1970年当時、キャンバスなどに直接描く一点物の絵画に対して、版を製作してそれを印刷する版画は、間接的・複数的なメディアの性質を持ち、絵画とは異なる表現の可能性を有するものとして注目されていた。そしてこのメディアの特質が、情報の複製・配信を加速した高度情報化夜会における芸術表現として浸透していったのだ。

吉田克朗《Work "9"》1970年 Yumiko Chiba Associates蔵
吉田克朗《Work "9"》1970年 Yumiko Chiba Associates蔵

その一方で版画は、時代とともに新しいメディアと交流し、写真やデジタル、彫刻、デザインなど、多彩な表現媒体とつながっていった。「多摩美の版画、50年」展では、多摩美術大学にゆかりのある作家やデザイナーの版画作品を、「版画のコア」「版画と絵画」「版画と写真」「版画ともの派」「版画と現代美術」「版画とデザイン」の6つのテーマに基づいて展示し、版画の特質と領域横断的なメディアとしての可能性を探る。

6つのテーマに基づき版画作品を紹介

横尾忠則《腰巻お仙》1966年 多摩美術大学アートアーカイヴセンター蔵
横尾忠則《腰巻お仙》1966年 多摩美術大学アートアーカイヴセンター蔵

「版画のコア」では、多様な広がりの起点となる版画の核を、駒井哲郎や吹田文明らの作品から紹介。続く「版画と絵画」では、横尾忠則や加納光於、宇佐美圭司らを取り上げ、単なる複製画としてではなく、間接的な表現としての版画に、画家が見出した可能性を探る。

李禹煥《都市の記憶より 4》1989年 多摩美術大学 美術館蔵
李禹煥《都市の記憶より 4》1989年 多摩美術大学 美術館蔵

一方「版画と写真」では、写真を展開させるメディウムとして版画を捉えた島州一や木村秀樹らにフォーカス。また、「版画ともの派」では、版の物質性や痕跡性に着目し、物と物、 物と空間の関係性を探求した李禹煥ら「もの派」作家の作品を展示する。

若林奮《UNDERWOOD-3》1989年 個人蔵
若林奮《UNDERWOOD-3》1989年 個人蔵

さらに「版画と現代美術」では、自身の作品素材であった銅板を版として物質のあり方に向き合った彫刻家・若林奮や、高松次郎をはじめ、現代美術家が自らの問題意識から版画表現に取り組んだ試みを紹介。そして「版画とデザイン」では、印刷の原理に着目してデザインを版画で制作する横尾忠則、和田誠やしりあがり寿などを取り上げ、デザイン表現における版画の可能性を考察する。

展覧会概要

「多摩美の版画、50年」展
会期:2021年1月6日(水)〜2月14日(日)
会場:多摩美術大学美術館
住所:東京都多摩市落合1-33-1
TEL:042-357-1251
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日
入館料:一般 300円(200円)
※( )は20名以上の団体料金
※障がい者および付添者、学生以下は無料

Photos(9枚)

「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像1 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像2 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像3 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像4 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像5 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像6 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像7 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像8 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像9

Photos(9枚)

「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像1 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像2 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像3 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像4 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像5 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像6 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像7 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像8 「多摩美の版画、50年」展が多摩美術大学美術館で - 横尾忠則などの作品から探る、版画の特質と可能性 画像9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧