menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る

特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」が、兵庫県立美術館にて、2020年12月5日(土)から2021年2月7日(日)まで開催される。

前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る

田中敦子《作品》1958年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
田中敦子《作品》1958年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
© Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association

「具体」と略される具体美術協会は、1954年に兵庫県芦屋市で発足した前衛美術グループだ。関西の抽象美術の先駆者・吉原治良をリーダーとして阪神間の若い作家らによって結成された「具体」は、「人の真似をするな」を合言葉に独創的な作品の数々を生み出し、戦後日本美術を語るうえで欠かせない動きとして位置付けられている。

嶋本昭三《作品》1961年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
嶋本昭三《作品》1961年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
© shimamotoLAB Inc.

特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」では、兵庫県立美術館が所蔵する豊富な「具体」コレクションを紹介する展覧会だ。50年間の収集の各時期における「具体」の位置付けを参照しつつ、多角的な「具体」像を考察する。

「郷土ゆかりの美術」としての「具体」

吉原治良《黒地に赤い円》1965年 兵庫県立美術館
吉原治良《黒地に赤い円》1965年 兵庫県立美術館

「具体」は1954年に結成され、吉原の死により1972年に解散した。のちに兵庫県立美術館に移転・改称する県立近代美術館(近美)開館の頃は、まだグループが存続していた時期にあたり、「具体」の作品は「郷土ゆかりの美術」として収集された。第1章では、吉原治良《黒地に赤い円》をはじめ、「具体」初期の作品を展示する。

「具体」の女性作家

白髪富士子《作品》1960年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
白髪富士子《作品》1960年 兵庫県立美術館(山村コレクション)

「具体」初期の作家や作品には、斬新な手法や派手なアクションに特徴付けられる物質性・行為性が際立っていた。しかしそのような傾向を共有しない作家もまた、グループで重要な位置を占めていた。第2章では、「具体」最初期から在籍していた女性作家にフォーカス。田中敦子や白髪富士子、山崎つる子らの作品からは、新素材への鋭敏な感覚や独自の世界観を垣間見られるだろう。

現代美術としての収集

元永定正《作品 N.Y. No.1》1967年 兵庫県立美術館
元永定正《作品 N.Y. No.1》1967年 兵庫県立美術館
© モトナガ資料研究室

1980年代、近美で「具体」作品の収集が活発化するなか、兵庫・西宮の美術コレクター山村德太郎は、「具体」の作品をヨーロッパから買い戻して集中的に集めた。山村の没後、具体美術展への出品作といった重要な作品を含むそのコレクションは、まとまって近美に収蔵されることとなる。第3章では、現代美術として収集された「具体」の豊富な作品から、元永定正《作品 N.Y. No.1》をはじめ嶋本昭三や白髪一雄らの作品を紹介する。

多角的な理解へ

今井祝雄《白のセレモニー・HOLES#6》1966年 兵庫県立美術館
今井祝雄《白のセレモニー・HOLES#6》1966年 兵庫県立美術館
© Imai Norio

「具体」関連作品の増加を受けて、近美の収集方針の柱に「現代美術」が加わる。2002年には、近美は現在の場所に移転し、兵庫県立美術館に改称。その後は「具体」後半期に活躍した作家の作品もコレクションへと加わることとなった。第4章では、今井祝雄の《白のセレモニー・HOLES#6》などの多彩な作風・豊富な作品から、「具体」の姿を多角的に検討する。

展覧会概要

特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」
※予約優先制(美術館ウェブサイト、ないし電話予約受付窓口(TEL:078-262-1011)にて予約)
会期:2020年12月5日(土)〜2021年2月7日(日)
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日(1月11日(月)は開館)、1月12日(火)、年末年始(12月28日(月)〜1月4日(月))
観覧料金:一般 1,300円、大学生 900円、高校生以下 無料、70歳以上 650円、障がい者 300円(一般) / 200円(大学生)

【問い合わせ先】
兵庫県立美術館
TEL:078-262-0901 (代表)

Photos(7枚)

兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真1 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真2 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真3 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真4 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真5 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真6 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真7

Photos(7枚)

兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真1 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真2 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真3 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真4 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真5 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真6 兵庫県立美術館で「今こそGUTAI」展 - 戦後日本の前衛美術グループ「具体」へと多角的に迫る|写真7

キーワードから探す

関連ショップ・スポット