menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性

企画展「ライゾマティクス_マルティプレックス」が、東京都現代美術館にて、2021年3月20日(土)から6月20日(日)まで開催される。

「ライゾマティクス」初の本格的個展

Perfume《Reframe 2019》2019年 撮影:上山陽介[参考図版]
Perfume《Reframe 2019》2019年 撮影:上山陽介[参考図版]

ライゾマティクス(Rhizomatiks)は、2006年の設立以来、人とテクノロジーの関係性を一貫して探求してきたクリエイティブ集団だ。世界的に活躍するアーティストであるビョーク、Perfume、狂言師の野村萬斎、そして科学者らとのコラボレーションや、いわゆる「メディアアート」の領域を超えたプロジェクトを通して、技術と表現の新たな可能性を切り拓いてきた。

Daito Manabe + Kamitani Lab《dissonant imaginary》2019年 Performance view at MUTEK.JP 2019[参考図版]
Daito Manabe + Kamitani Lab《dissonant imaginary》2019年 Performance view at MUTEK.JP 2019[参考図版]

初の大規模個展となる企画展「ライゾマティクス_マルティプレックス」では、斬新な時間/空間的表現を特色とするライゾマティクスの活動を複合的に紹介。領域横断的なクリエイションの数々を展望するとともに、わたしたちが生きる「現在」とも重なる新作プロジェクトを展示する。

感情やデータの可視化

Daito Manabe + Yusuke Tomoto + 2bit《chains》2016年
Exhibition view: "GLOBALE: New Sensorium - Exiting from Failures of Modernization"
Courtesy of ZKM | Karlsruhe Photo by Tobias Wootton and Jonas Zilius[参考図版]
Daito Manabe + Yusuke Tomoto + 2bit《chains》2016年
Exhibition view: "GLOBALE: New Sensorium - Exiting from Failures of Modernization"
Courtesy of ZKM | Karlsruhe Photo by Tobias Wootton and Jonas Zilius[参考図版]

複雑で移ろいやすい現代社会において、ライゾマティクスは不可視な対象に“かたち”を与えることを多岐にわたる方法で試みてきた。本展では、BitCoinの自動取引の様子を可視化・可聴化するインスタレーション《chains》や、坂本龍一と真鍋大度のコラボレーションによる《センシング・ストリームズ─不可視、不可聴》など、ネットワーク上の事象、感情やデータを可視化してきた彼らならではの新作インスタレーションが展示される。

未知の身体の創出

Rhizomatiks Research×ELEVENPLAY×Kyle McDonald《discrete figures Special Edition》2019年10月6日 
札幌文化芸術劇場 hitaru 主催:札幌文化芸術劇場 hitaru (札幌市芸術文化財団)・ライゾマティクス
Rhizomatiks Research×ELEVENPLAY×Kyle McDonald《discrete figures Special Edition》2019年10月6日 
札幌文化芸術劇場 hitaru 主催:札幌文化芸術劇場 hitaru (札幌市芸術文化財団)・ライゾマティクス
©kenzo kosuge [参考図版]

高度に発達したメディアはわたしたちの身体感覚を希薄にする一方で、まだ見ぬ身体へと拡張する可能性も秘めている。会場では、PerfumeやELEVENPLAYとのコラボレーションをはじめ、パフォーマンスをデータ処理し、動きや空間を捉え直すことで未知の身体を創出してきたライゾマティクスの新たな試みを紹介する。

揺らめく“バーチャルとリアル”

Daito Manabe + Motoi Ishibashi《particles》2011年
Courtesy of Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] Photo: Ryuichi Maruo (YCAM)[参考図版]
Daito Manabe + Motoi Ishibashi《particles》2011年
Courtesy of Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] Photo: Ryuichi Maruo (YCAM)[参考図版]

また、構造物の中を走るボールの位置情報にしたがってLEDを点滅させ、空中に立体映像を描きだすインスタレーション《particles》や、3DのCG映像で行われる視覚表現を現実の空間に展開した《Oscillation》、バーチャルとリアルを往来するインスタレーションなど、過去作のアーカイブも展示する。

現代に対するクリティカルな提言

さらに、SNSを介して集められる個人データの問題や、機械学習によって成立する観客参加作品など、現代社会へと問題提起を投げかけるアクチュアルな展示も行う予定だ。

展覧会概要

企画展「ライゾマティクス_マルティプレックス」
会期:2021年3月20日(土)~6月20日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 地下2F
住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)は開館)、5月6日(木)
開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
観覧料:一般 1,500円、大学生・専門学校生・65歳以上 900円、中高生 500円、小学生以下 無料
※予約優先チケットあり
※開催内容は変更となる場合あり

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
※年中無休 8:00~22:00

Photos(15枚)

ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像1 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像2 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像3 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像4 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像5 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像6 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像7 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像8 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像9 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像10 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像11 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像12 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像13 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像14 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像15

Photos(15枚)

ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像1 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像2 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像3 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像4 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像5 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像6 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像7 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像8 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像9 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像10 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像11 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像12 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像13 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像14 ライゾマティクス初の大規模個展、東京都現代美術館で - テクノロジーが拓く“リアルとバーチャル”の可能性 画像15

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
苺デザートビュッフェ特集<2021全国版>予約必至、東京・大阪ほか高級ホテルや人気レストランのプラン
苺デザートビュッフェ特集<2021全国版>予約必至、東京・大阪ほか高級ホテルや人気レストランのプラン
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
近代洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
近代洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も

スケジュール

荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
2021.3.8(月)~2021.3.21(日)
荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
2021.3.9(火)~2021.6.13(日)
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
江戸時代の絵師・岩佐又兵衛の展覧会、熱海のMOA美術館で - “極彩色”の三大絵巻を展示
2021.3.12(金)~2021.4.20(火)
江戸時代の絵師・岩佐又兵衛の展覧会、熱海のMOA美術館で - “極彩色”の三大絵巻を展示
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」長崎県美術館で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.3.12(金)~2021.4.18(日)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」長崎県美術館で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
滋賀・MIHO MUSEUM、初の現代美術コレクション展 - 岸田劉生や若林奮など公開
2021.3.13(土)~2021.6.13(日)
滋賀・MIHO MUSEUM、初の現代美術コレクション展 - 岸田劉生や若林奮など公開
 スケジュール一覧