menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど

展覧会「宮島達男 クロニクル 1995-2020」が、千葉市美術館にて、2020年9月19日(土)から12月13日(日)まで開催される。

“クロニクル”をテーマとした大規模個展

宮島達男《地の天》1996年 千葉市美術館蔵 Photo by Nobutada Omote
宮島達男《地の天》1996年 千葉市美術館蔵 Photo by Nobutada Omote

宮島達男は、LEDのデジタル・カウンターを使用した作品で高く評価される現代美術作家だ。0は表示されず、1から9まで刻々と変化するデジタル数字は、「生」と「死」の循環という人間にとって普遍的な問題を現代の技術により表現したものだといえ、1980年代以来、世界各国250か所以上で作品を発表してきた。

宮島達男《Life (le corps sans organes) - no.18》2013年
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE Photo by Ken Adlard
宮島達男《Life (le corps sans organes) - no.18》2013年
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE Photo by Ken Adlard

「宮島達男 クロニクル 1995-2020」は、宮島の転換期にあたる1995年を起点に、四半世紀にわたって展開されたその活動をたどる大規模個展だ。「クロニクル(年代記)」をテーマに、LED作品やパフォーマンス、プロジェクトなどの多彩な作品を通して、時間と空間に深く関わる宮島の表現をひもとく。

LEDの大型インスタレーションなどを展示

宮島達男 《Innumerable Life/Buddha MMD-03》(部分) 2019年
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE Photo by Nobutada Omote
宮島達男 《Innumerable Life/Buddha MMD-03》(部分) 2019年
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE Photo by Nobutada Omote

1980年代以来、LEDを活用した作品を多数手掛けてきた宮島達男。本展では、1996年の千葉市美術館開館記念展に出品され、当時実用化されて間もなかった青色LEDを使用した《地の天》などの大規模インスタレーションを展示。加えて、宮島が近年構想してきた「不確定性」をテーマとした2020年の最新作や、日本初公開の作品も出品される。

所蔵作品とのコラボレーション作品

また、杉本博司や李禹煥、河原温ら、千葉市美術館の所蔵作品とのコラボレーションによる《Changing Time / Changing Art》を展示するほか、CGによる数字が展示空間を飛び回る《Floating Time》など、展覧会の会場だからこそ体験できる作品も楽しめる。

パフォーマンスを収めた映像作品も

宮島達男《Counter Skin on Faces》2019/2020年
Courtesy of Akio Nagasawa Gallery Photo by Siliang Ma
宮島達男《Counter Skin on Faces》2019/2020年
Courtesy of Akio Nagasawa Gallery Photo by Siliang Ma

1995年は、宮島が初期の活動を代表するパフォーマンスを再開した年でもあった。本展では、《Counter Skin on Faces》など、自身や他者の身体を用いたパフォーマンスを収める映像作品も紹介する。

展覧会概要

千葉市美術館拡張リニューアルオープン・開館25周年記念
宮島達男 クロニクル 1995-2020
会期:2020年9月19日(土)〜12月13日(日)
会場:千葉市美術館
住所:千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL:043-221-2311
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場受付は閉館30分前まで
休室日:10月5日(月)・19日(月)、11月2日(月)・16日(月)、12月7日(月)
観覧料:一般 1,200円(960円)、大学生 700円(560円)、小学生・中学生・高校生 無料
※( )内は前売りおよび市内在住65歳以上の料金
※障害者手帳の所持者およびその介護者1名は無料
※前売券は、千葉市美術館ミュージアムショップ(9月18日まで)、ローソンチケット(Lコード 31988)、セブンイレブン(セブンチケット)、 千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」窓口にて9月18日まで販売
※ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額
※10月18日(日)は「市民の日」につき観覧無料
※本展チケットで、5階常設展示室「千葉市美術館コレクション名品選2020」も観覧可
※内容などは変更となる場合あり(最新の状況は美術館ホームぺージにて確認)

Photos(7枚)

現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像1 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像2 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像3 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像4 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像5 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像6 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像7

Photos(7枚)

現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像1 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像2 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像3 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像4 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像5 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像6 現代美術作家・宮島達男の大規模個展、千葉市美術館で - LEDの大型インスタレーションなど 画像7

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

新作コンビニスイーツ&ドリンク特集 - おすすめ人気アイスや和スイーツなど一挙紹介
新作コンビニスイーツ&ドリンク特集 - おすすめ人気アイスや和スイーツなど一挙紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
森永×清川あさみ“月夜”イメージの刺繍デザイン「ムーンライト」マリーやチョイスも
森永×清川あさみ“月夜”イメージの刺繍デザイン「ムーンライト」マリーやチョイスも
KEENのウィンターサンダル「ハウザー コレクション」“縄文土器”モチーフのリラックスシューズなど
2020.9.18(金) 発売
KEENのウィンターサンダル「ハウザー コレクション」“縄文土器”モチーフのリラックスシューズなど

スケジュール

「魔法の天使 クリィミーマミ」の原画&グッズを展示販売、「高田明美展」が銀座三越で
2020.9.23(水)~2020.9.28(月)
「魔法の天使 クリィミーマミ」の原画&グッズを展示販売、「高田明美展」が銀座三越で
「ムーミン コミックス展」松屋銀座で、トーベ・ヤンソン連載マンガ原画やスケッチなど280点以上
2020.9.24(木)~2020.10.12(月)
「ムーミン コミックス展」松屋銀座で、トーベ・ヤンソン連載マンガ原画やスケッチなど280点以上
とらや 「パリ」テーマの伝統工芸品が揃う展覧会、京都で - 「イスパハン」生菓子イメージの菓子皿など
2020.9.26(土)~2020.11.1(日)
とらや 「パリ」テーマの伝統工芸品が揃う展覧会、京都で - 「イスパハン」生菓子イメージの菓子皿など
写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
2020.9.29(火)~2020.11.23(月)
写真家・石元泰博の展覧会が東京都写真美術で - “生命体としての都市”を探る
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
2020.9.30(水)~2021.1.31(日)
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
 スケジュール一覧