menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど

アーツ・トワダ(Arts Towada) 十周年記念「インター +プレイ」展が、青森・十和田市現代美術館にて、2020年7月23日(木・祝)から、3期にわたって開催される。

3期にわたって国内外の現代作家を紹介

松原慈《真実/自由》「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景
(十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉
松原慈《真実/自由》「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景
(十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉

「インター +プレイ」は、十和田市のシンボルロード・官庁街通りをまるごと「美術館」に見立てるプロジェクト「アーツ・トワダ(Arts Towada)」の10周年を記念しての開催。およそ2年にわたる会期を3期に分け、国内外の気鋭作家の作品を展示する。

第1期:新たな感覚へと誘う室内展示

津田道子《あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。》
「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景
(十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉
津田道子《あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。》
「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景
(十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉

2020年7月23日(木・祝)から2021年8月29日(日)までの第1期では、企画展示室にて、足を踏み入れる来場者に新たな感覚を開くような作品を紹介。美術家の津田道子は、会場内に鏡やビデオカメラ、プロジェクターなどを設置することで、その間を歩く人の視覚を揺さぶる作品を展開する。

一方、音楽家のevalaは、音に身体が溶けていくようなサウンドインスタレーションを展示。さらにマルチメディアで構成された空間作品を手がける松原慈は、十和田湖の岩肌や地底で今なお燃え盛る炎に着想を得た作品を展示する。

鈴木康広や現代アートチーム「目[mé]」による通年展示

鈴木康広《はじまりの果実》「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景
(十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉
鈴木康広《はじまりの果実》「Arts Towada十周年記念 インター + プレイ」展 展示風景
(十和田市現代美術館、青森、2020年) 撮影:小山田邦哉

また、3期にわたっての通年展示も。十和田市現代美術館の前庭には、身近なものに新鮮な切り口を与える作品を手がける鈴木康広が、ベンチとして座ることもできる大型の野外彫刻《はじまりの果実》を設置。さらに、現代アートチームの目[mé]は、まちなかの建物に、美術館の1室が飛んできたかのような白い空間を出現させる。

「問題行動トリオ」のパフォーマンスも

問題行動トリオ《TOYONAKA ART TRIBE #2 ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」ヨソモノになるための練習曲 》
(豊中市立文化芸術センター、大阪、2019年) ※参考作品
問題行動トリオ《TOYONAKA ART TRIBE #2 ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」ヨソモノになるための練習曲 》
(豊中市立文化芸術センター、大阪、2019年) ※参考作品

さらに各会期ごとに1回ずつ、「問題行動トリオ」が音楽とダンスによるパフォーマンスを展開予定。通常は入ることのできない夜の美術館を会場に、作品や展示空間との対話から生みだされる実験的なパフォーマンスを披露する。

展覧会概要

アーツ・トワダ(Arts Towada) 十周年記念「インター +プレイ」展 第1期
会期:2020年7月23日(木・祝)〜2021年8月29日(日)
会場:十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
開館時間:9:00〜17:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日、ただし8月3日(月)・10 日(月)、11月2日(月)は開館)
観覧料:企画展+常設展セット券 1,200円 / 企画展個別料金 一般 800円
※高校生以下は無料
※20名以上の団体は100円引き

■第2期・第3期 会期
第2期 2021年10月1日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
※当初は2021年9月18日(土)の開幕を予定していたが、臨時休館に伴い延期
第3期 2022年1月22日(土)〜2022年5月29日(日)
※当初は2020年4月18日(土)〜2021年5月30日(日)の会期を予定していたが変更

Photos(18枚)

十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真1 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真2 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真3 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真4 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真5 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真6 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真7 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真8 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真9 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真10 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真11 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真12 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真13 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真14 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真15 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真16 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真17 十和田市現代美術館「インター +プレイ」展 - 国内外作家を紹介、サウンドインスタレーションなど|写真18

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

Chim↑Pomの大型回顧展が森美術館で - 初期~新作を一挙紹介、現代社会を考察する活動の全貌
2022.2.18(金)~2022.5.29(日) 開催予定
Chim↑Pomの大型回顧展が森美術館で - 初期~新作を一挙紹介、現代社会を考察する活動の全貌
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
2022.2.5(土)~2022.2.27(日) 開催予定
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
展覧会「サンセット/サンライズ」豊田市美術館で、“日没と日の出”から広がる近現代美術約100点を展示
2022.2.15(火)~2022.5.8(日) 開催予定
展覧会「サンセット/サンライズ」豊田市美術館で、“日没と日の出”から広がる近現代美術約100点を展示
埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目
2022.2.5(土)~2022.5.15(日) 開催予定
埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも
2022.2.5(土)~2022.2.26(土) 開催予定
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも

スケジュール

堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
2022.1.19(水)~2022.2.20(日)
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
2022.1.19(水)~2022.3.27(日)
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
 スケジュール一覧