menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介

青森の十和田市現代美術館では、アーツ・トワダ(Arts Towada) 十周年記念「インター +プレイ」展の第2期を、2021年10月1日(金)から2022年1月10日(月・祝)まで開催する。

トマス・サラセーノ、日本で過去最大規模の展覧会

トマス・サラセーノ《クモのオラクルカード》2019年 撮影:Studio Tomás Saraceno
画像提供:作家、Arachnophilia
トマス・サラセーノ《クモのオラクルカード》2019年 撮影:Studio Tomás Saraceno
画像提供:作家、Arachnophilia

「インター +プレイ」展は、十和田市のシンボルロード・官庁街通りをまるごと「美術館」に見立てるプロジェクト「アーツ・トワダ」の10周年を記念して開催される展覧会。その第2期では、十和田市現代美術館の常設展示作家のひとりであるトマス・サラセーノを取り上げる。

「バルーン」「クモ」をキーワードに代表作を紹介

トマス・サラセーノ《エアロ・グラフィー》2018年 撮影:Andrea Rossetti 画像提供:作家
トマス・サラセーノ《エアロ・グラフィー》2018年 撮影:Andrea Rossetti 画像提供:作家

アルゼンチン出身でドイツ在住のトマス・サラセーノは、環境や異種間の共生をテーマに、宙に浮く彫刻やコミュニティ・プロジェクト、鑑賞者が内部で過ごすことができるインスタレーションなどを手がけてきた。日本で過去最大規模の展覧会となる本展では、同館の常設展示作品《オン・クラウズ(エア-ポート-シティ)》とも関連する「クモ」と「バルーン」をキーワードに、近年の代表作を展示する。

トマス・サラセーノ《クモのオラクルカード》2021年 画像提供:作家、Arachnophilia
トマス・サラセーノ《クモのオラクルカード》2021年 画像提供:作家、Arachnophilia

「クモ」にまつわる作品では、カメルーンとナイジェリアに住むマンビラ族のクモを使った占いに着想した「クモのオラクルカード」シリーズから、日本のクモの伝承に基づく新作3点を初公開。また、水中で生活するミズグモの生態に着目し、ある種が新しい環境に適応するために生活様式を変化させる可能性を提示する《大気の海の底に棲む(水生クモ)》も出展する。

トマス・サラセーノ《エアロシーン・バックパック》2016年
撮影:Didzis Grodzs 画像提供:作家、Aerocene
CC BY-SA 4.0 license
トマス・サラセーノ《エアロシーン・バックパック》2016年
撮影:Didzis Grodzs 画像提供:作家、Aerocene
CC BY-SA 4.0 license

一方で「バルーン」に関連する作品では、空気や人の動きによってドローイングを生み出すインスタレーション《熱力学の組曲》や、燃料を使用せずに飛行する彫刻を飛ばすことができる《エアロシーン・バックパック》などを展示する。

目[mé]の通期展示で《movements》を公開

目[mé]《movements》2019年
「目[mé] 非常にはっきりとわからない」展示風景(千葉市美術館)
画像提供:作家
目[mé]《movements》2019年
「目[mé] 非常にはっきりとわからない」展示風景(千葉市美術館)
画像提供:作家

また、「インター +プレイ」展の通期展示として、十和田市のまちなかに現代アートチーム・目[mé]が設置した《space》内では、第2期から《movements》を公開。同作は、俯瞰すれば無数の黒い生き物の群れのように見えるが、近寄ると時計の針が音を刻みつつ動いているのがわかる。

問題行動トリオによるパフォーマンスも

さらに、会期中の2021年11月6日(土)・7日(日)には、問題行動トリオがパフォーマンス「三本木散歩」を行う。

展覧会概要

アーツ・トワダ(Arts Towada) 十周年記念「インター +プレイ」展 第2期
会期:2021年10月1日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
会場:十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
開館時間:9:00〜17:00(最終入場は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月27日(月)〜1月1日(土)
観覧料:企画展個別料金 一般 800円、団体(20名以上) 700円、高校生以下 無料

■出展作家
・第2期=トマス・サラセーノ
・全期=鈴木康広(十和田市現代美術館 前庭に展示)、目[mé](まちなかに展示)
・パフォーマンス=問題行動トリオ(野村誠+佐久間新+砂連尾理)

■パフォーマンス
問題行動トリオパフォーマンス「三本木散歩」
開催日:2021年11月6日(土)・7日(日)
時間:13:30〜15:30
会場:十和田市現代美術館 周辺、十和田市まちなか
※料金は未定
※日程や実施内容などは変更となる場合あり

【問い合わせ先】
十和田市現代美術館
TEL:0176-20-1127

Photos(15枚)

十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真1 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真2 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真3 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真4 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真5 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真6 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真7 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真8 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真9 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真10 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真11 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真12 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真13 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真14 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真15

Photos(15枚)

十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真1 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真2 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真3 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真4 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真5 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真6 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真7 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真8 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真9 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真10 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真11 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真12 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真13 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真14 十和田市現代美術館「インター +プレイ」第2期、バルーン&クモを軸にトマス・サラセーノの代表作を紹介|写真15

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
新版画の版画家・川瀬巴水、風景木版画の代表作とともにたどる創作の軌跡 - 東京の展覧会情報も
2021.10.2(土)~2021.12.26(日)
新版画の版画家・川瀬巴水、風景木版画の代表作とともにたどる創作の軌跡 - 東京の展覧会情報も
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
2021.10.23(土)~2021.12.12(日)
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介
2021.12.21(火)~2022.5.8(日) 開催予定
21_21 DESIGN SIGHT“100年後の世界”を考える展覧会 - 未来への多彩な視座を紹介

スケジュール

スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
2021.12.10(金)~2022.3.13(日)
企画展「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」岐阜県美術館で - 洋画の誕生と展開をたどる
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
2021.12.10(金)~2022.1.30(日)
彫刻家・横溝美由紀の個展、ポーラ ミュージアム アネックスで - 半透明の彫刻インスタレーションなどを展示
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
2021.12.11(土)~2022.2.6(日)
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
「ミッフィー展」東京・名古屋・福井で開催、ディック・ブルーナ直筆原画やスケッチ約250点
2021.12.11(土)~2022.1.16(日)
「ミッフィー展」東京・名古屋・福井で開催、ディック・ブルーナ直筆原画やスケッチ約250点
 スケジュール一覧