menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結

展覧会「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」が、2020年1月4日(土)から2月16日(日)まで、京都国立近代美術館にて開催される。その後、岐阜県現代陶芸美術館に巡回。岐阜では当初2020年4月12日(日)まで開催予定だったが、臨時休館に伴い4月3日(金)までの開催とした。

イタリア現代陶芸の巨匠、日本初の本格的回顧展

ニーノ・カルーソ 《鷺》 1958年
ニーノ・カルーソ 《鷺》 1958年

イタリア現代陶芸を代表する作家、ニーノ・カルーソ。その活動は、自らの故郷・シチリアの記憶に神話性や象徴性を重ねた器物の制作から始まる。しかし、古代ローマ・ギリシャ遺跡などを思わせる壁面や柱の制作へと徐々にシフトし、古代と現代をとり結ぶ空間を構築することを目指すようになった。

ニーノ・カルーソ 《エトルリア人》 1985年
ニーノ・カルーソ 《エトルリア人》 1985年

日本初の本格的な回顧展となる「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」では、ニーノ・カルーソの代表作92点とともに、数々のデザインワークやスケッチなどの資料を展示。技術、素材、アイデア、記憶、空間が有機的に絡みあう、カルーソの造形世界に迫る。

記憶や神話が織りなす造形

ニーノ・カルーソ 《抱擁》 1957年
ニーノ・カルーソ 《抱擁》 1957年

陶芸家の道を歩み始めたカルーソが手掛けたのは、人物などの絵付けやざらついた質感の釉薬を特徴とする「アルカイック」シリーズであった。会場では《抱擁》などを通して、古代文明の遺産やシチリアの岩石の質感から着想を得た、独自の装飾的な表現を紹介する。また、切り取った鉄板の断片で構成される《鷲》なども展示し、陶磁のみならず鉄やグラスファイバーなどを多彩に使いこなす、素材への探求にも光をあてる。

単純な要素から生まれる“複雑”な空間性

ニーノ・カルーソ 《シチリアの記憶》 1999-2004年
ニーノ・カルーソ 《シチリアの記憶》 1999-2004年

60年代半ばにカルーソは、カットした発泡スチロールを複雑に組み合わせたを原型とする“モジュラー・ユニット”の手法を使うことで、単純な要素から複雑な空間性が生まれる陶芸作品を生みだした。そのような高い造形性に、地中海地方の神話や風土、建築物から得た着想を融合させた「エトルリア人への敬意」シリーズや《シチリアの記憶》も紹介する。

夢や記憶と結びついて

ニーノ・カルーソ 《夢の館》 1999年
ニーノ・カルーソ 《夢の館》 1999年

そうしたモジュラー・ユニットに基づいた制作とともに、90年代後半以降は型などを用いない彫刻作品も手掛けてきた。そうした作品のなかから家型の《夢の館》などを展示。故郷の記憶や自身の夢、それらが知的なアプローチと結びついて優れた造形性へと昇華される、独自の世界観をひもとく。

詳細

展覧会「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
会期:2020年1月4日(土)〜2月16日(日)
開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで) ※ただし金・土は20:00まで開館
休館日:毎週月曜日(ただし1月13日(月・祝)は開館)、1月14日(火)
会場:京都国立近代美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
観覧料:一般 1,000(800)円、大学生 500(400)円、高校生以下・18歳未満 無料
※( )内は前売り・20 名以上の団体・夜間開館時(金・土の17:00〜)の夜間割引料金
※前売券は1月3日(金)までの期間限定発売
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館時に証明できるものを提示)

■巡回
岐阜県現代陶芸美術館
会期:2020年2月27日(木)〜4月3日(金)
住所:岐阜県多治見市東町4-2-5
※臨時休館に伴い、閉幕日を早めて終了。

【問い合わせ先】
京都国立近代美術館
TEL:075-761-4111

Photos(9枚)

“イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像1 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像2 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像3 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像4 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像5 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像6 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像7 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像8 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像9

Photos(9枚)

“イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像1 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像2 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像3 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像4 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像5 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像6 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像7 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像8 “イタリア現代陶芸の巨匠”ニーノ・カルーソ没後初の大回顧展が京都・岐阜で、作品92点が集結 画像9

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報

スケジュール

彫刻家・名和晃平の個展「Oracle」表参道で、木彫漆箔仕上げ『雲鹿』ほか霧やUVレーザーによる新作
2020.10.23(金)~2021.1.31(日)
彫刻家・名和晃平の個展「Oracle」表参道で、木彫漆箔仕上げ『雲鹿』ほか霧やUVレーザーによる新作
三菱一号館美術館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」油彩・版画など常時約120点
2020.10.24(土)~2021.1.17(日)
三菱一号館美術館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」油彩・版画など常時約120点
企画展「悲運の画家たち」福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、近世・近代日本画に秘められた“悲運”のドラマ
2020.10.24(土)~2021.1.11(月)
企画展「悲運の画家たち」福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、近世・近代日本画に秘められた“悲運”のドラマ
「第72回 正倉院展」奈良国立博物館で、古代の武具や華やかな装飾の工芸品など宝物59件
2020.10.24(土)~2020.11.9(月)
「第72回 正倉院展」奈良国立博物館で、古代の武具や華やかな装飾の工芸品など宝物59件
美術館「ヨックモックミュージアム」が南青山に、世界有数のピカソのセラミック(陶器)コレクション展示
2020.10.25(日)
美術館「ヨックモックミュージアム」が南青山に、世界有数のピカソのセラミック(陶器)コレクション展示
 スケジュール一覧