menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示

展覧会「 アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」が、京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」にて、2022年9月17日(土)から2023年2月12日(日)まで開催される。

“ポップアートの旗手”アンディ・ウォーホル

アンディ・ウォーホル《三つのマリリン》1962年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
麻にアクリル、シルクスクリーン・インク、鉛筆 35.6×85.1cm
アンディ・ウォーホル《三つのマリリン》1962年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
麻にアクリル、シルクスクリーン・インク、鉛筆 35.6×85.1cm
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

1960年代のニューヨークで、大衆文化と消費社会のイメージを主題や素材とする“ポップアート”の旗手として活躍した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホル。トレードマークは銀髪とクリアフレームのメガネ。アーティストだけではなく、商業デザイナー、画家、音楽プロデューサー、写真家、映画制作者、そして社交家と様々な顔を持ち、あらゆるメディアとジャンルを超えてマルチクリエーターとして活躍した人物だ。

アンディ・ウォーホル《キャンベル・スープ缶 I:トマト》1968年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
紙にスクリーンプリント 88.9×58.4cm
アンディ・ウォーホル《キャンベル・スープ缶 I:トマト》1968年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
紙にスクリーンプリント 88.9×58.4cm
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

その作品でもっとも有名なのは、アメリカの食品製造会社「キャンベル・スープ・カンパニー」が60年代当時販売していたスープ缶32種類を、シルクスクリーンによる印刷で描いた《キャンベルのスープ缶》。当時のアメリカにおける主要な美術運動として“ポップアート”の時代が到来するきっかけのひとつとなった作品だ。

京都初の本格的なウォーホル展

アンディ・ウォーホル《ツナ缶の惨事》1963年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
麻にシルクスクリーン・インク、シルバー塗料 173.4×210.8cm
アンディ・ウォーホル《ツナ缶の惨事》1963年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
麻にシルクスクリーン・インク、シルバー塗料 173.4×210.8cm
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

展覧会「 アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」は、京都における初の本格的なアンディ・ウォーホル回顧展。米国ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵品から、日本初公開100点以上を含む作品約200点に加え、映像作品15点が一堂に会する。

アンディ・ウォーホル《最後の晩餐》1986年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
麻にアクリル、シルクスクリーン・インク 294.6×990.6×5.1cm
アンディ・ウォーホル《最後の晩餐》1986年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
麻にアクリル、シルクスクリーン・インク 294.6×990.6×5.1cm
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

《三つのマリリン》や「死と惨事」シリーズの《ツナ缶の惨事》、大型作品《最後の晩餐》など、ウォーホルを象徴するシルクスクリーン作品をはじめ、イラストレーターとして活躍していた50年代の初期作品、注文絵画としてのセレブリティのポートレート、そして宗教画を参照した晩年の作品を展示する。

アンディ・ウォーホル《孔雀》1957年頃 アンディ・ウォーホル美術館蔵
ストラスモア紙に金箔、水彩、インク 45.4×25.7cm
アンディ・ウォーホル《孔雀》1957年頃 アンディ・ウォーホル美術館蔵
ストラスモア紙に金箔、水彩、インク 45.4×25.7cm
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

また、ウォーホル独自の転写手法「ブロッテド・ライン」に、日本の金箔の技法を組み合わせた《孔雀》なども展示。豊富な作品から、複雑と評されてきたウォーホルの内面へと迫る。

アンディ・ウォーホル《京都(清水寺)1956年7月25日》1956年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
マニラ紙にボールペン 43.2×35.6cm
アンディ・ウォーホル《京都(清水寺)1956年7月25日》1956年 アンディ・ウォーホル美術館蔵
マニラ紙にボールペン 43.2×35.6cm

さらに、50年代の世界一周旅行で京都を訪れた際に描いたスケッチ《京都(清水寺)1956年7月25日》などを通して、これまであまり語られてこなかった京都とウォーホルの関係についても光を当てる展覧会となる。

展覧会概要

展覧会「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」
会期:2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
※当初は2020年9月19日(土)〜2021年1月3日(日)の会期を予定していたが変更
会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
開館時間: 10:00~18:00 (入場は閉館30分前)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
※今後の情報は、展覧会公式ウェブサイトにて確認のこと
※企画内容には変更が生じる場合あり

Photos(7枚)

“ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真1 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真2 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真3 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真4 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真5 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真6 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真7

Photos(7枚)

“ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真1 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真2 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真3 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真4 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真5 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真6 “ポップ・アートの旗手”アンディ・ウォーホル、京都初の大回顧展が京都市京セラ美術館で - 約200点を展示|写真7

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
「グランマ・モーゼス展」名古屋・東京ほかで - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点
2021.9.14(火)~2021.11.7(日)
「グランマ・モーゼス展」名古屋・東京ほかで - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
2021.9.18(土)~2021.11.3(水)
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品
2021.11.6(土)~2021.11.23(火)
東京都写真美術館「日本の新進作家」展 - 身体・土地・記憶の関係に着目、山元彩香や潘逸舟ら5組が出品
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など
2021.11.19(金)~2021.12.19(日) 開催予定
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など

スケジュール

“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
2021.10.30(土)~2022.3.21(月)
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
2021.10.30(土)~2021.11.15(月)
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.10.30(土)~2021.11.28(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
 スケジュール一覧